子どもの歯がグラグラしてきた・・抜くべき? | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

子どもの歯がグラグラしてきた・・抜くべき?

ぶろぐ

子どもは6歳前後で永久歯への生え替わりが始まります。生え替わりはまず下の真ん中の前歯から始まり、グラグラ揺れてきて、子供も食べるたびに痛がったり出血したり・・またそのグラグラの状態は案外長く続きます。昔から歯に糸を結びつけて引っ張って抜く、というテクニック(?)もよく知られていますが、この方法は時期を間違うとうまくいかない可能性があるばかりか、歯ぐきが裂けたりする危険性がありあまりおすすめできません。乳歯は全部で20本あります。いちいち歯医者に行くのも大変ですので、ここでは自分で乳歯を抜いていい条件と抜く方法についてお話ししていきます。

グラグラな乳歯を抜いていい条件は?

ぶろぐ

1.乳歯が生え替わる適齢に達していること

もしもお子さんの歯がグラグラしてきたら、まず、その歯が生え替わりの時期に来ているかを確認する必要があります。それぞれの歯の生え替わりの時期の目安を下に示しますので参考にしてみてください。乳歯の歯の名称は中央から順に後ろに向かってA,B,C,D,E と呼ばれています。

<乳歯の生え替わり時期の目安>

A(前歯) ;  6〜8歳
B (前歯); 7〜9歳
C (犬歯); 9〜12歳
D (臼歯); 10〜12歳
E(臼歯); 10〜12歳

もしも、ここに書かれている時期よりもずいぶん早くぐらついている、などという場合は前歯をぶつけたりなどが原因で脱臼している、または虫歯などで歯が割れている、ということも考えられますので、歯科医院を受診したほうがよいでしょう。

2.グラグラよりもブラブラぐらいの状態になっていること

生え替わりの時期が近づきグラグラし始めると、通常はだんだんと自然にグラグラの度合いが強くなっていき、最後には歯ぐきの肉と少し繋がっているくらいの感じでブラブラになってきます。そうなったら自分で引っ張って抜いても問題無く抜けるでしょう。

自分で抜くリスクは?

ぶろぐ

グラグラし始めると、まずお子さんが食事の時などに痛がったりしますので、早く原因を取り除きたい一心で抜きたくなるのもわかりますが、安易に力ずくでひっぱったりするのはやめましょう。通常は生え替わりの時期になると根っこがゆっくりゆっくり溶けてきて、ぐらつき始めてから自然に抜け落ちるくらいになるまで数ヶ月かかります。十分に根っこが吸収していないのに力ずくでひっぱることによって、歯ぐきが裂けてしまったり、歯の根っこが折れてしまうという事故が起こることがあります。またそうすることでお子さんにとってトラウマになってしまう可能性があります。

自分で抜くならどんな方法でやるのがいい?

ぶろぐ

自分で抜く場合、一番ストレスなく痛みも感じない方法は、やはり自分の舌や指で歯を揺らしていき自然に抜けるのを促す方法です。そこまで待ちきれない場合には、歯がそれこそぶら下がるくらいのブラブラの状態まで来たらほぼ大丈夫ですので、無理のない程度に引っ張ってみましょう。

こんな場合は歯科医院でみてもらいましょう

ぶろぐ

1.抜けそうなのに抜けなくて苦痛

かなり揺れているのに抜けず、食事の時など苦痛を伴う場合は歯科医院で抜いてもらいましょう。奥歯の場合によく見られます。

2.永久歯が出てきたのになかなか抜けない

乳歯が抜けていないのに永久歯が出てきた場合、とくに乳歯の揺れがあまりない場合には歯科医院で抜いてもらったほうがよいでしょう。

3.同じ顎の反対側の歯が抜けたのになかなか抜けない

歯は左右対称で同じくらいの時期に生え替わります。片方が生え変わったのにもう片方がなかなか生え変わる気配がない場合は歯科で診てもらいましょう。

4.抜けた部分から永久歯が生えてこない

上の前歯で時々見られますが、歯が抜けてからなかなか永久歯が突き出てこない場合があります。場合によっては歯ぐきを少し切開て萌出を促したり、過剰歯を疑ったほうが良い場合がありますので歯科医院に相談しましょう。 

5.歯がボロボロになってうまく抜けない

虫歯でボロボロに壊れてしまっている歯は、うまく歯が揺さぶられずなかなかきれいに抜けてこないことが多いです。抜けたと思っても残骸が残っている場合がありますので歯科医院で診てもらいましょう。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類