予防歯科|町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

予防歯科

予防歯科

「歯医者は痛くなってから行くもの」と思っていませんか?
歯が悪くなってから来院していただいた場合、私たちは治療をするしか方法がありません。

「歯医者に行くんだから治療するのは当たり前だよ」
おっしゃる通りです。

しかし、歯は一度削ったら元には戻りません。
当院では出来るだけ歯を削らないことを目標にしております。その為、虫歯や歯周病など、お口の中のトラブルを未然に防ぐ『予防歯科』に力を入れています。

予防歯科とは、虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防治療のことです。

予防歯科というと、日本ではまだなじみが薄いですが、欧米では歯が悪くなる前に歯医者に行くのがごく一般的です。
歯が痛い、歯茎が腫れたといった歯のトラブルが起きてから歯医者に行くのでは無く、歯が痛くならない様に、歯茎が腫れたりしない様にして行く事が大切です。

その為に歯医者で定期健診を受ける事を習慣化し、日頃から歯とお口の健康づくりを実践していくことが必要です。

つまり、予防歯科を行うに当たり、定期検診がとても重要です。

定期検診は歯の健康維持・病気の早期発見を実現する大事なプログラムです。からだの健康診断を受けるのと同じように、予防歯科で定期的にチェックを受けて虫歯や歯周病を予防することで、大切な歯がいつまでも健康に維持されるのです。

また、予防歯科を行うことで、治療の痛み・費用の軽減にも繋がります。
万が一、虫歯や歯周病になってしまっても、定期的なメインテナンスでチェックを受けていれば、痛みや症状がひどくなる前に発見・治療することができます。その為治療期間も短く済み、費用も抑えられますので、さまざまな面で患者様の負担を軽くすることができます。

予防歯科はこんな方にオススメです!!

  • 一生、健康な歯で過ごしたい方
  • お口をリフレッシュしたい方
  • 大切なお子様に虫歯をつくらせたくない方
  • 忙しく歯科治療に何度も来られない方
  • 治療費にお金をかけたくない方

予防歯科の利点

  • 歯の表面がツルツルし、お口の中が爽快になる
  • 磨き残しのチェックにより、自分の歯磨きの欠点がわかる
  • 正しい歯磨き(自分に合った歯磨き)の仕方が身に付く
  • 詰め物をしたり、歯を抜いたりするリスクが減る
  • 虫歯治療の必要がなくなり、痛い思いをしなくて済む
  • 総合的に歯の治療費を節約できる
  • 歯を失うことなく、自分の歯で美味しく食事ができる
  • 歯を失うことなく、身体全体の健康維持に繋がる

毎日歯を磨いていても、虫歯にはなってしまいます。 自分ではきちんとケアをしているつもりでも、磨き残しができてしまうものです。

『自分は大丈夫!』という例外はありません。また、予防に年齢制限もありません。

どんな病気でも、大切なのは「治療」より「予防」です。それはもちろん、虫歯や歯周病でも同じことです。

一生、健康な歯とお口でいるために、是非「予防歯科」を始めましょう!

当院では患者様のお口の状態により、1か月から半年での定期健診をご案内しております。 特に、歯磨きが苦手な方や歯周病の進行している方は定期健診の間隔を短くすることをお勧めしております。

定期検診の目安

1歳から16歳未満のお子さん 春休み、夏休み、冬休み位での定期健診
20~30歳前後の方 3か月~6か月の定期健診
30~50歳前後の方 3~4か月の定期健診
50歳以上の方 1カ月~3か月の定期健診

実際は個人差があるため、自分の状態に合わせた定期健診の間隔設定が必要です。 また、総入れ歯の方も、定期的に入れ歯やお口の中の状態を確認することが重要です。

何かご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお尋ねください。

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。
「PMTC」は毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯科医院で専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

歯磨きさえしっかり行えば虫歯や歯周病は予防できる、といった間違った考えをお持ちの方が意外と多いのですが、毎日歯磨きをしっかりしていても、それだけでは虫歯・歯周病は予防できません。

もちろん、毎日の歯磨きはとても大切な習慣ですが、それだけでは虫歯や歯周病を完全には予防ができないのが現実です。
その理由は、バイオフィルムとよばれる、歯磨きだけではなかなか除去できない強力な汚れにあります。

ですから、お口に着いたバイオフィルムは特殊な機械や器具を使用して除去してあげなければなりません。 バイオフィルムはどんなに丁寧に時間をかけて歯ブラシで磨いても除去する事は難しい為、定期的にバイオフィルムを剥がしに歯科治療に来て頂く必要があります。

ですから、定期的なバイオフィルムの除去が虫歯や歯周病予防には必要なのです。
このバイオフィルムが形成される期間には個人差がございますが、平均3か月くらいと言われています。
お口の環境によってサイクルが異なりますので、ご自身に合った間隔で定期的にPMTCを行うことをお勧めしております。

下記の項目に該当される方はバイオフィルムの形成サイクルが短い方です。短めの間隔でPMTCをお受けする事をお勧めします。

短めの間隔でPMTCを行った方がよい方
・ブラッシングが上手く出来ない人
・歯並びが悪く角度的に歯ブラシがうまく当たらない人
・歯周ポケットが深い人
・矯正治療中の人
・修復物の多い人

PMTCの効果

虫歯の予防

バイオフィルムを除去し再付着を防ぐので虫歯予防効果があります。その為歯のエナメル質表面へのカルシウム補給を促し、再石炭化を促進します。

歯周病・歯肉炎の改善

歯周ポケット1~3mmのバイオフィルムを除去するので歯肉の状態を改善し予防にも繋がります。 3mm以上深いポケットの場合は他の方法でバイオフィルムを除去します。

歯質の強化

洗浄後にフッ素物入りのペーストやカルシウム補給剤を塗布することにより、歯の再石炭化をさらに促進します。

自然な美しさの回復

歯に付いたヤニや色素も取り除けるので、あなたの持つ本来の光沢ある歯面になります(※歯を薬品で白くするホワイトニングとは異なります)。
PMTCで歯面をツルツルにしますので、暫くの間は汚れが付きにくくなり健康な状態を維持する事ができます。

フッ素塗布

最近になりようやく『フッ素』という言葉が定着して来ました。フッ素は虫歯予防に効果的とされ、小さいお子様から大人まで、歯が有る限り予防の必須アイテムとして活用されています。

フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、虫歯になりにくい歯を育てていきます。 十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

また、歯科医院で使用している高濃度のフッ素に加え、フッ素入りの歯磨き粉などをお使い頂くこともお勧めしております。

フッ素の3つの効果

【1】歯質の強化する

歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作ります。

 
【2】再石灰化作用を助ける

酸により、虫歯になりかけた部分を元に戻し、唾液の再石灰化作用を助けます。

 
【3】虫歯原因菌の活動を抑える

虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

自分の虫歯に対するリスクを知ることで、自分にあった予防を行なっていくことができます。

家庭でできる予防

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。 ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。

ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。

お子様には乳歯から大人の歯に渡った将来を見越した予防方法

大人方には、現状維持、再治療の回避、治療歯は治療後の状態を維持する予防方法

当院では個々のお口の中の状況、全身状態を考慮した患者様に応じたメンテナンス方法をご提案いたします。