歯周病治療|町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、日本人が歯を失う最大の原因です。
近年の厚生労働省の調査によると「日本人の成人の約8割が歯周病に感染している」との報告もあり、歯周病はもはや、国民病のひとつといえます。

歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したりし、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
つまり、治療をせずに放置しておくと、最終的に歯を失ってしまうのです。

歯周病の怖い特徴として挙げられるのが、歯周病は感染していても症状を感じにくく、静かに進行していくという点です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。

そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんどです。
そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守ってあげることが重要です。

こんな方は歯周病治療が必要です。

  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯肉が腫れている
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える
  • 歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが入りやすくなった
  • 歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている
  • 定期的な歯のクリーニングをしていない

当院では正確な診査診断を行った後、歯周病治療にあたっております。一口に歯周病といってもその症状や、症状を悪化させている原因は患者様によりまちまちです。
それぞれの患者様のお口の状態、ライフスタイルに合わせた歯周病治療をご提案します。

歯周病と口臭

家族や友人との楽しい会話や仕事場での会議などで、自分や他人の口臭が気になったことがある方は多いのではないでしょうか。

口臭は、現代社会における“スメル(=臭い)ハラスメント”と言われ、社会問題になりつつあります。

スメルハラスメントとは、体臭や口臭など臭いによって周囲に不快感を与えることを言います。
スメルハラスメントには体臭や口臭、香水、柔軟剤など多種類のものがありますが、口臭によるものが断トツ1番と言われています。

口臭を感じると83.9%の人が「迷惑」と思っているのに対して、それを誰にも言わない、言えないという人は72.5%もいるそうです。口臭は第三者にとって不快に感じられるもので、自分だけではなく第三者が不快に感じるかどうかが重要になります。
「自分は大丈夫!」と思っている方でも、自己判断は危険です。

嗅覚には、同じ臭いを長時間嗅いでいると、その臭いに慣れてしまう“順応反応”が起こります。これには臭いの受容器である嗅細胞が鈍くなる為に生じる現象です。
ですから、お口の臭いが非常に強い方であっても、持続的に自分の臭いを嗅いでいるため、本人は自分の口臭に気づかないことがあります。

口臭の90%以上は口の中の汚れや歯周病などのお口の病気が原因とされています。
口臭の原因となる臭い物質は、口の中にいる細菌が新陳代謝で剥がれた粘膜上皮、血液成分、細菌の死骸などのたんぱく質を分解して作られます。発生する臭いの強さは口の中の細菌の種類や量、歯、舌、入れ歯などの不潔度、唾液分泌量などによって異なります。

口臭があると人と人とのコミュニケーションに支障をきたし、周りの人に不快感を与え、嫌われてしまいます。また、口臭を指摘されるととても恥ずかしい思いをし、その後も自分に口臭があるのではないかと常に心理的に不安になり、だんだんと行動が消極的になってしまう方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、早めに口臭予防をしていくことが大切です。
定期的に検診を行い、プロフェッショナルクリーニングで、自分では落とせない所もすみずみまできれいにし、お口の中を清潔にする事が大切です。

近年、社会的に清潔志向への関心が高まり、口臭を主訴とする患者様が増加しております。 口臭の有無を自分で客観的に判断するのは難しいため、自分のお口の臭いに不安を抱く方も沢山いらっしゃいます。

口臭について不安がある方は、自己流で判断せず、是非私達にご相談ください。的確な診断とアドバイスを致します。

息爽やかに、気持ちも爽やかな生活を目指しましょう!