タバコと歯周病 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

タバコと歯周病

タバコは肺癌や心疾患、脳卒中などを引き起こす要因になり、身体に悪影響を及ぼします。
「タバコ=身体に悪い」とは、誰もが周知だとは思います。
タバコを吸うことにより、様々な影響が挙げられますが、その一つに歯周病が関わっていることをご存知でしょうか?

歯周病は歯垢などのお口の汚れや細菌が原因で発症しますが、原因はそれだけでなく、タバコ(喫煙)が歯周病の症状を悪化させてしまう要因にもなります。

喫煙は歯周組織(骨や歯肉)を激しく破壊し、喫煙者は非喫煙者に比べ2~8倍で歯周病にかかりやすくなると言われています。

本日は喫煙と歯周病についてお伝えしていきたいと思います。

タバコを吸うと、体や歯にどのような影響を及ぼすでしょうか?

・タバコに含まれる、ニコチンという有害物質が血流を悪くします
➡︎体の抵抗力を下げてしまいます。

・唾液の分泌量が減少します
➡︎歯周病原菌が増えてしまいます。

・歯と歯ぐきの間のポケットが深くなってしまいます
➡︎深いポケットには歯ブラシの毛先が届きにくく、細菌を取り除くのが難しくなります。

このように、お口の環境が悪くなり歯周病が発症し、更に抵抗力が落ちている為治りにくいという状態になってしまうのです。

また、喫煙者でなくても受動喫煙によって、身体に害を及ぼす事も最近よく指摘されています。
お口への影響は、歯ぐきにメラニン色素が沈着してしまうというリスクが起こります。
タバコを吸っている本人にその様な現象が起きる事はよく知られていますが、タバコを吸ってもいない人までもが、歯ぐきが黒くなる現象が起きてしまうことに関しては余りまだ知られていないのではないでしょうか?
小さなお子さまにももちろん起こります。

この様にたばこは吸っている本人以外に、周りの方にも影響を与えてしまうということをよく知っておいて頂ければと思います。
最近は禁煙思考が高まり、分煙化が進められていますが、是非ご家庭内でも分煙を心がけてみてください。

タバコをお吸いの方で、これから禁煙を考えている方も多いかと思います。
もし禁煙して頂けるのであれば、お口の効果は非常に迅速に現れてくれます。
歯肉の血流は数日~数週間で回復します。
歯肉の黒ずんだ外観に関しては、時間はかかりますが少しずつ本来の健康的な色に戻ります!

☆喫煙者の方にはタバコと歯周病の関係を知っていただき、まずは少しずつタバコの量を減らしていくことをおすすめします。お口の中の健康が、身体の健康にも繋がります☆

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類