デンタルフロスってやったほうがいいの? | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

デンタルフロスってやったほうがいいの?

皆さんは日常の歯磨きはどのようにやっていますか?おそらく歯ブラシだけで済ませている人が多いのではないかと思います。調査によると歯ブラシだけで磨いた場合、歯垢の50〜70パーセントくらいしか除去できていない、ということです。

そこでより歯垢を取り除くために補助清掃器具と呼ばれるデンタルフロス歯間ブラシを使うことによって歯垢の除去率を90%程度にまで高めることが可能です。ここではデンタルフロスに焦点を当てて、その種類、効果、使い方などについて説明していきます。

floss_01

デンタルフロスっていろいろ売ってるけど違いは何?

デンタルフロスとは細い糸状の清掃器具です。デンタルフロスでは歯ブラシで磨くことのできない、歯と歯の間やその歯ぐきの下についた歯垢を取ることができます。単にフロスと呼ばれることもあります。欧米ではフロスを使って磨くことはごく一般的な習慣となっています。

それでは一般に売られているデンタルフロスの種類について挙げていきます。

■デンタルフロスの形状で分けると

ホルダー型

floss_02
出典;wikipedia

すでにホルダーに糸がついているタイプ、またその反対側に歯石を取るためのピックが付いているタイプ(いずれも使い捨てタイプ)、ホルダーに自分で糸を取り付けることのできるタイプなどがあります。初めて使う方、また片手が不自由な方はこのタイプが良いでしょう。

糸巻き(ホール)型

floss_03

出典;wikipedia

デンタルフロスが糸巻きに巻いてあるもの。自分で適当な長さに切って使用します。慣れてくるとこちらのタイプが経済的です。

■デンタルフロスの糸のタイプによって分けると

ワックス、ノンワックス

floss_04
出典;サンスター

ワックスタイプは、歯と歯の間に入れやすいように滑りやすいような加工がしてあるもの、ノンワックスタイプはその処理がされていないもの。歯垢除去の効率はこちらの方がよいため、慣れてきた人はこちらの方がオススメです。

エクスパンドタイプ

floss_05
出典;wikipedia

デンタルフロスが唾液や摩擦によって膨張しスポンジのようになるタイプ。より広い範囲で歯垢をごっそり取ることができます。

フッ素、香料付き

歯を強化する効果のあるフッ素や爽快感を増すための香料付きのものもあります。

デンタルフロスと歯間ブラシの使い分けって?

デンタルフロス、歯間ブラシ、どちらも歯と歯の間を磨く器具に変わりはないのですが、一般的には次のように使い分けます。

デンタルフロス

歯間ブラシが入らない歯と歯のすき間の清掃に使います。とくに若い人は一般的に歯間ブラシが入る隙間がないのでこちらを主に使用します。

歯間ブラシ

floss_06
出典;wikipedia

歯と歯のすき間が大きくなっている場合は歯間ブラシのほうが歯垢を取る効率が断然よいです。また、ブリッジなどかぶせる治療などにより、上からデンタルフロスが入れられない場合もこちらを使います。

デンタルフロスの使い方

1. デンタルフロスを50cmくらいにの長さに切る
2. 両中指にデンタルフロスを巻きつける(両手の中指の間が10cmくらいになるまで)
floss_07
3. 人差し指と親指で操作しながらノコギリを引くようにゆっくりと歯と歯の間にデンタルフロスを入れ込んでいく(無理やり入れると歯ぐきを傷つけるので気をつける)
4. 一番きつい地点を通過したら、デンタルフロスを片方の歯に沿わせるように入れ、歯ぐきの下まで1〜2ミリ入れ込む。
5. デンタルフロスが上から見たとき「く」または「C」の形になるよう保ったまま歯に沿わせ続けデンタルフロスを上下に移動させる(汚れをこすりとるイメージで)。
floss_08
6. デンタルフロスの向きを変え、隣の歯に同じように沿わせ、同様に汚れを取る。
7. デンタルフロスを外す。ノコギリを引く動きで動かしながらゆっくりと。

おわりに

デンタルフロスを使うことによっていつも同じところで引っかかる、糸が切れる、糸が毛羽立つ、などが起こる場合、虫歯ができていたり、歯石が付いていたり、また被せ物が合っていない可能性があります。その場合は歯科医師にそのことを伝え、異変がないか確認してもらいましょう。

また、強く刺激していないのに出血する場合は歯ぐきの炎症が起こっています。実際にデンタルフロスを使ってみると歯垢の取れ具合、匂いにびっくりすることと思います。その匂いが口臭の元にもなっています。ぜひ皆さんも1日に一度デンタルフロスを取り入れてみてください。

 

 

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類