バイオフィルムとお口の関係 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

バイオフィルムとお口の関係

今回のテーマはバイオフィルムです。

バイオフィルムとは微生物が集まってつくる構造体です。

いろいろな環境に存在し、自然界の身近な例でいうと、

川などの石についているぬめりや藻のぬめり等がわかりやすいかと思います。

水と基質があればどこにでも存在するのがバイオフィルムです。

家庭でいえば台所のぬめりなどが身近でしょうか。

そして口腔内にもバイオフィルムは存在しています。

それがう蝕や歯周病の原因になってしまいます。

共にバイフォフィルム感染症が原因となり罹患します。

特に口腔内は体温による温かさ、唾液による水分がによりバイオフィルムを作るのに十分に適した環境と

付着するのに適した硬い個体の歯がありますので、

バイオフィルムを形成するのに最適な環境となってしまいます。

そして歯の汚れ等は微生物の栄養にもなります。

それらを元に細菌がバイオフィルムを形成し、放置してしまうとう蝕(虫歯)や歯周病が進行してしまいます。

バイオフィルムはバリアの効果があるため、中の細菌が自己免疫や抗生物質から守られてしまいます。

なので一度バイオフィルムができてしまうと取り除くのが難しくなってしまいます。

バイオフィルムから歯を守る一番の方法は、

細菌を殺すのではなく、バイオフィルムごと細菌を物理的に取り除いてしまうのが効果的です。

ご自宅でできるセルフケアをして口腔内をきれいに保つことが大事になります。

ただセルフケアだけだと徐々についていく、着色汚れや歯石を取り除けなくなっていきます。

そして当然ながらこびりついてしまったバイオフィルムもご自宅のケアだけだと剥がすのは難しくなっていきます。

なので歯医者さんで歯のクリーニングを受ける事も重要になります。

プロによるクリーニングで普段のブラッシングだけでは落とせない歯石やプラークを

専用の器具を使ってしっかりと落とすことができます。

そして最近の温床になるバイオフィルムの生成を防ぐことによって、

虫歯や歯周病の感染を防ぐことができます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では毎日のケアの指導や、歯のクリーニングも保険治療で随時受け付けています。

ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類