フッ素 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

フッ素

フッ素塗布で虫歯予防

お口の中の汚れを歯磨きだけですべて落とすことは、かなりの時間を要するため、非常に難しいとされています。そこで虫歯予防の一つとして、歯科医院では定期的にフッ素塗布が受けられます。フッ素塗布を取り入れるとなぜ虫歯予防に繋がるのでしょうか。

ここではフッ素塗布の効果や回数、メリットについてご紹介します。

フッ素塗布の効果

虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。

1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける

2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする

3. 酸の生成を抑える

乳幼児・子どもへの効果

「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の表明が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

成人への効果

歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

フッ素塗布の方法や回数

塗布の必要な回数はお口の状態によって異なりますが、1年に2~4回の塗布を継続することで20~40%程度の虫歯の予防効果があるとされています。

【医療機関で受けるフッ素と、歯磨き粉剤に含まれるフッ素の違い】

これら2つの違いは、フッ素の濃度にあり、期待できる効果も少し異なります。歯科や市町村の保健センターなどの医療機関で使用する高濃度のフッ素(9,000~123,000ppm)は、歯質の強化を特に期待することができます。一方で、薬局やスーパーなどで販売されているフッ素配合の歯磨き剤などに含まれる低濃度のフッ素(500~1,000ppm)は、使い続けることで再石灰化の促進や酸を作る力を抑えることを期待することができます。これらを併せて行うことで、虫歯予防の効果がより高まります。

町田駅前グレイス歯科では土日祝日診療しています。大人も子供も無料でフッ素塗布を行っております。
提携の駐車場もありますので安心して御来院下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類