ボトックスによるガミースマイル改善 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

ボトックスによるガミースマイル改善

ボトックスによるガミースマイル改善

ガミースマイルとは、笑顔になったときに口元から歯茎が見えてしまう症状のことです。

「歯茎が何ミリ出ていたらガミースマイル」といった、はっきりとした定義や基準はありませんが、一般的には歯茎が3mm以上見える口元に対して、ガミースマイルという名称を用いることが多いです。

ガミースマイルになる原因は人によってさまざまですが、主な要因は下記の通りです。

・歯並び(出っ歯や歯の位置)や上顎骨の問題

・歯茎の過剰発達

・歯の大きさや遺伝

・唇の薄さや上唇挙上筋の問題

ガミースマイルは口を閉じにくくなるので口呼吸になりやすくなります。よって、歯茎や口内が乾燥しやすくなり、口臭や歯周病、虫歯の進行などのリスクにも繋がります。

ボトックス注射をすると、上唇の可動域が制限され、歯茎が露出する範囲が小さくなります。自然な印象となるように、左右に均等にボトックスを注入します。

ダウンタイムはほぼなく、痛みが少ない点がメリットです。上唇の裏の粘膜に打つことも可能なので、傷跡は全く分かりません。

ボトックスは徐々に効いていきますので、効果は2〜3日経ってから実感でき、施術後3〜6ヵ月程度持続します。

当院では、経験豊富な歯学博士による、カウンセリングやボトックス治療も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科 口腔外科 小児歯科
歯学博士 平井一孝

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類