上顎洞炎と歯性上顎洞炎 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

上顎洞炎と歯性上顎洞炎

今回は上顎洞炎についてふれたいと思います。

まず上顎洞とはなにかですが、
副鼻腔の一つで、上顎の上にあり、鼻の周囲の空洞になります。

その上顎洞の粘膜が細菌感染を起こし、炎症に起こした状態を上顎洞炎と言います。
もしくは副鼻腔炎とも呼ばれます。

上顎洞炎になると上顎洞内に膿が溜まりますので、
鼻づまり、頭痛や頭部の圧迫感、頬が張ったような感覚等の症状がでます。
そして歯が起因している場合は歯の痛みを伴うこともあります。
歯が原因の上顎洞炎の場合は歯性上顎洞炎と呼ばれます。
そしてこの上顎洞炎が長引くと蓄膿症と呼ばれたりもします。

上記でも紹介しましたが上顎洞炎の症状の一つとして鼻がつまったり、黄色い鼻水が出たりするので、
歯医者ではなく耳鼻科だろうと思うかもしれませんが、
歯が原因となることもあります。

どういった歯の状態が上顎洞炎を引き起こすかというと
まず上顎の奥歯の根の先は上顎洞に近接しているます。
そして歯によっては歯の根っこが上顎洞内に入り込んでいることもあります。
ただ健康な歯が原因で上顎洞炎をになることはありませんが、
歯周病が原因で歯の周りに溜まった膿や、神経を取った歯の根っこの先に溜まった膿を放置したり、
深い虫歯で歯の神経が壊死を起こしている歯を放置してしまったり、抜歯後の傷口の不衛生等が原因で
細菌が上顎洞内に侵入し上顎洞が感染・化膿し歯性上顎洞炎となってしまいます。

歯性上顎洞炎になってしまった場合の治療方法ですが、
抗生物質の長期服用と消炎鎮痛剤の併用があります。
同時に原因となる歯の治療もしなくてはなりません。
虫歯や根っこの先に膿がたまっているのが原因ならば感染根管治療をします。
しかしがながらこれらの治療でもよくならない場合は抜歯をして原因の膿を直接とり除く必要があります。
場合によっては耳鼻科での外科的手術が必要になることもあります。

上顎洞炎は治療をせずに放置してしまうと自然と治ることはないので、
早めに治療をしていかないとより症状が重くなってしまうこともあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、CT設備を完備しており立体的に上顎洞を見ることができるため、
通常のレントゲン写真を使うよりもさらに精密な診断ができますので、
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

(またCT撮影は通っていただいている患者様は無料で撮影できますので、お声かけください。)

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類