唾液を出して口の健康を守ろう | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

唾液を出して口の健康を守ろう

普段あまり唾液のことを意識することはありませんよね。また、唾液=唾(つば)というと、どちらかといえば汚いイメージで扱われることが多いのですが、実はこの唾液、全身の健康にはもちろん、歯の健康にも大きな役割を果たしています

果たして唾液はどのような大事な役割を果たしているのでしょうか。

salivasputum_01

唾液の役割にはどんなものがあるの?

唾液には次のような役割があります。

1.消化作用
消化器としての一番最初の部分として唾液中のアミラーゼという酵素がでんぷんを分解し
ます。
2.自浄作用
唾液で口の中の食べカスを洗い流します。
3.免疫・抗菌作用
唾液の中には免疫物質や抗菌物質が含まれており、私たちの体をあらゆる感染症から守っています。
4.円滑作用
喋ったり、食べ物などを飲み込んだりするのをスムーズにする働きがあります。
5.止血作用
傷などからの出血を止めるトロンボプラスチンに似た物質が含まれています。
6.粘膜保護・修復作用
EGF と呼ばれる皮膚や粘膜の傷を早く修復する物質が含まれています。
7.歯の再石灰化作用
唾液中の成分が酸によって溶かされたエナメル質の修復を行います。
8.緩衝作用
食事によって酸性やアルカリ生に傾いた状態を中性に戻す緩衝作用があります。
9.溶解作用
味物質を溶解させて味覚を感じさせます。

唾液が少なくなると起こる症状は?

1.食べたり喋ったりするのが困難になる
2.口の中が粘つく
3.口の中がヒリヒリ痛んだり、口内炎ができたり口の端が切れやすくなる
4.味がわかりづらくなる
5.歯垢がたまり歯周病や虫歯が進行する
6.口臭がひどくなる

唾液が減る原因にはどういうものがあるの?

salivasputum_02

1.加齢
一般的に加齢によって唾液分泌は衰えてきます。
2.口呼吸
口で呼吸することにより、常に口の中が乾いた状態となります。
3.薬の副作用
一般的に処方されたり、薬局で買うことのできる薬の80%に副作用として唾液の分泌を抑える作用があると言われています。
4.ストレス
ストレスにより、自律神経が興奮状態となって唾液が分泌されにくくなります。
5.喫煙やアルコール
喫煙で唾液の分泌が悪くなります。また、アルコールは利尿作用があるので体内の水分が出てしまうことにより口の中も乾いてしまいます。
6.生活習慣によるもの
ダイエットで食事を抜く、あまり噛まないで済むものばかり食べている、あまり喋らない、などの生活習慣は唾液を分泌させる筋肉を衰えさせてしまい、唾液が出づらくなってしまいます
7.全身疾患の一症状としてでるもの
シェーグレン症候群、糖尿病、腎疾患などにおいて口が乾く症状が出ます。
8.放射線治療の副作用
放射線治療の副作用により唾液腺の機能障害が起こり、唾液が十分に出なくなります。

口を乾燥させないためには

salivasputum_03

1.リラックスする時間を取る
唾液の分泌は自律神経の働きに左右されます。ストレスが溜まっている人はとくになるべくリラックスできる時間を持つようにしましょう。
2.ゆっくりよく噛んで食べる・よく喋る
繊維質のものも適度に食事に取り入れ、よく噛んで食べるようにしましょう。ガムを噛むのも効果的です。またよく喋ることも唾液の分泌を促します。
3. タバコ、お酒は控えめに
タバコはなるべく控えましょう。お酒は唾液の分泌が減る就寝前には特に控えめにしましょう。
4.口呼吸を治す
鼻炎などで口呼吸がある人は原因を治しましょう。
5.部屋を乾燥させない
加湿器や濡れタオルなどをうまく活用して部屋が乾燥しすぎないようにしましょう。

おわりに

salivasputum_04

唾液がお口の健康にいかに重要で不可欠のものであるかがお分かりいただけたかと思います。

現代の食事は軟らかいものが増え、あまり噛まなくても食べられるようなものばかりが目に付きます。また、時間に追われササッと食事を済ませてしまうこともよく噛まないことにつながっているようです。あまり噛まないと口の周囲の筋肉が衰え、唾液腺が萎縮することがわかっています。そうするとどんどん唾液は減ってしまいます。

皆さんも唾液を減らさないような食生活、生活習慣を心がけましょう。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類