子供の歯ぎしり | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

子供の歯ぎしり

「子供でも歯ぎしりをするんですか?」

「はい、子供も歯ぎしりをするんです!」

歯ぎしりは大人だけの現象と思われがちですが、小さい子供の頃からみられます。

「夜、子供がよく歯ぎしりをしてるんです。大丈夫でしょうか?」

と、子供の歯ぎしり音をきいて母さん方が心配し、来院されることもあります。
歯ぎしりは大人だけのもので、まさか子供たちも歯ぎしりをするなんて…っと、衝撃を受けるお母さん方も多いようです。

大人の歯ぎしりの場合、癖、心因性、ストレス性によるタイプが圧倒的多数を占めていると言われ、憂鬱・不安など、潜在的心理的なものだと言われています。
歯ぎしり、食いしばりをすることによってストレスを発散させていると考えられています。

一方、子供の歯ぎしりは発育の過程によるものが多いので、それほど心配する必要はありません。
子どもの歯ぎしりはごく自然な現象で特別珍しいことではないんです。

実際、10歳までの子供の約40%が歯ぎしりをすると言われています。

ほとんどのケースでは、子供の歯ぎしりは大人の歯ぎしりと違って成長過程で起こる行動と考えられています。
歯ぎしりをすることで噛み合せのバランスを調整しています。
歯の萌出とあごの発達で噛む位置が不安定であることや、生え替わりの時期で、歯がゆい感じがあったり、歯ぎしりや食いしばりによって不快感を紛らわしているという考えもあります。
子供の歯ぎしりは、一過性の場合がほとんどで、多くの場合成長とともに自然になくなります。

この様に、子供が歯ぎしりをすること自体は問題ありません。しかし、子供の歯は大人の歯と違い、歯が柔らかいため、歯ぎしりにより歯が磨り減り、一時的にエナメル質と歯の神経(歯髄)との距離が短くなり、「冷たいモノがしみる」「歯が痛い」という症状が出てしまう場合があります。
また、子供の組織は柔軟性があり、関節に対する影響も成人のような悪影響はほとんどないと考えられていますが、例外もあります。ごく稀に顎関節症の症状が現れることがあります。

子供の歯ぎしりは一過性と言いましたが、継続的に歯ぎしりをやめない子は何か他に原因がある可能性も考えられます。
子供の歯ぎしりもストレスで誘発することもあるので、急に歯ぎしりをするようになったという場合などは、なにかストレスを感じていないかを疑ってみることも必要です。
また、虫歯や噛み合せに問題があって歯ぎしりをしている要因も考えられます。

子供の歯ぎしりの原因がわからず心配な場合や痛みを訴えていたら、放置せず、早めに歯医者へ行って相談してみてください!

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類