子供の歯(乳歯)の虫歯 フッ素とシーラント | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

子供の歯(乳歯)の虫歯 フッ素とシーラント

 子供が歯の痛みを訴えてきた時は、虫歯は進行していることが多いです。子供は神経が未発達なので痛みを感じる前にむし歯を発見できるよう大人が子供のはをよく観察し早期発見できるようにしましょう。
まず、歯の表面が白くなったら注意してください。健康な歯は表面がツルツルしています、白く濁った状態になるとむし歯の初期状態です。初期なのでフッ素入り歯磨き剤を使用する、食生活に気をつけるなどを行えば進行を抑えることも可能です。
乳歯はエナメル質や象牙質が薄いので神経までむし歯が到達するのは早いです、なので歯に穴が開いているとかなり進行したむし歯の状態です。乳歯はいずれ抜けるのでむし歯になっても問題ないと思われる方がいますがむし歯の乳歯をそのままにしておくと乳歯の下にある永久歯の歯胚に影響したり、生えてきた永久歯もむし歯になりやすくなります。乳歯がむし歯で早く抜けると後から生えてくる永久歯のスペース不足になり、歯並びが悪くなる可能性のあるので気をつけましょう。
子供の治療は大人とは違い子供の将来を予測しながら方針を決めていきます。
乳歯のむし歯の場合、あと何年ではえかわるかを考え、できるだけ神経を残る治療を行ったりします。
そのほか予防処置でむし歯になりやすい奥歯を守る処置でシーラントという処置があります。
奥歯の溝にプラスチックを流し込んで溝を埋めてむし歯にならないようします。
むし歯に予防に効果的な方法なので歯科医院にて定期健診を受けた際にでも相談してみましょう。
町田駅前グレイス歯科では、予防処置として大人も子供も無料フッ素塗布や、シーラントなども保険治療で行っております。お気軽にお問い合わせください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類