子供の矯正 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

子供の矯正

矯正歯科というとどのような事を思い浮かべますか?

歯に金属を付けてワイヤーで矯正したり、健康でまだまだ元気な歯を抜いてしまったりと怖いイメージをお持ちではないでしょうか。

しかし子供のうちから早い時期に矯正することで歯を抜かないで済むようにしたり、手術しないと治せないようなことも治せたり、歯に金属を付けないで矯正もできたりします。

子供の時期からの矯正はメリットが多い

子供の矯正は顎の骨の矯正がメインになります。

正常な位置に顎の成長を促したり、上下の顎のバランスや大きさを整えやすいことや、歯を抜かないで済むようにしたりと子供の矯正には良いことが多いのです 

そして、矯正は小学生頃まで(体が一番成長する時期)が一番動くので早うちから矯正を始めた方が良いでしょう。

ここまでは多くのメリットをお伝えしましたが、デメリットもあるのでそのこともお伝えしたいと思います。

子供の矯正のデメリット

子供の生活に影響がでたり、本人の協力が必要になります。

特に、自分で取り外しができる矯正装置の場合は、継続して矯正装置を使用して治療するという本人の意思が必要となります。

付けたり付けなかったりでは、治療が長引いてしまう可能性があります。

また定期的にチェックをしないと虫歯になる可能性が高くなります。

どちらも本人のやる気次第なので、しっかりと治したいと思ってもらっていればそこまで問題ではないと思います。

子供の矯正ではどのような物を使て矯正していくのかご説明します

使用する物として

プレート(拡大床)

顎の骨を大きくして歯列を綺麗に並ぶようにしたり、歯一本一本を動かして綺麗に並ぶように調整するもの

物によってはそれ以上動かないように固定する物もあります

マウスピース

透明のプラスチック樹脂で歯にぴったり合う物だったり、ゆっくり押して動かす物があります。

同じようなもので歯ぎしりや食いしばりを防ぐために使う物や、歯を白くする(ホワイトニング)ために使うものなどがあります。

見た目は同じような物だが用途が全然違うのです。

ムーシールド

子供の時に受け口(下の顎が前に出ていて、上の歯より下の歯の方が前に出ている状態)のお子さんに使ってもらいます。

口の中に大きなプラスチック樹脂の装置を入れてもらい、直接歯を押したりしないでお口の筋肉の力で受け口を治していきます。

他にもまだまだ矯正の装置はあります。様々な症例の患者様にあったぴったりの装置を使い歯並びを治していますのでお気軽にご相談下さい。

子供の歯並びを、なるべく早い時期にきれいに整えたいと思う一方で、

子供の生活に負担がかかってしまうのではないかという心配もあるでしょう。

しかし、矯正治療の時期に関しては、顎の成長が終わった大人になってからよりも、

子供のうちに治しておいた方が、良い場合が多いのです。

迷われている方は、その治療方法も含めて、歯医者さんとじっくり相談してみましょう。

子供の矯正可能な時期としては歯が生えてから、大人の歯が生えそろうまでが子供の矯正になります。

もし、なにか不安な事や心配なこと聞いてみたいことがありましたら町田駅前グレイス歯科に御相談下さい。

土日祝日も診療していますので通いやすいと思います。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類