子供(乳歯の虫歯治療と生え変わり) | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

子供(乳歯の虫歯治療と生え変わり)

子供の乳歯は6歳頃から抜け始め、永久歯に生え替わります。生えたばかりの永久歯は歯質がまだ未熟な状態で徐々に成熟していくのですが、酸への抵抗力が弱かったり、歯垢がつきやすかったりでむし歯になりやすい状態です。特に一番奥の歯(第一大臼歯)がむし歯に気づきにくく注意が必要です。しかも奥にあるので磨きにくい場所にあり汚れが溜まりやすいです。その為、毎日のケアが重要になります。歯ブラシだけではなくデンタルフロスを使用して歯と歯の隙間の歯垢の除去しましょう。永久歯の大きさは乳歯の1.5倍で生え揃うと歯の隙間が密着するのでデンタルフロスが効果的です。そのほかの対策としては、フッ素によるむし歯予防を行いましょう。フッ素には歯質の強化、再石灰化の促進などの働きがあります。フッ素配合の歯磨き剤、フッ素洗口液の使用、歯科医院でのフッ素塗布などがあります。(当院では無料フッ素塗布も行っております)
 乳歯が生え替わるときに歯がぐらぐらになり迷うのが歯科医院で抜いてもらったほうがいいか心配される方もいらっしゃると思います。安全のためにも歯科医院にて判断してもらいましょう。子供はあごが狭いために乳歯が抜けてないのにずれて永久歯が生えてくる場合があります。このような場合も早めに乳歯を抜かなくてなりません。歯の生え替わるときは気になることや心配なことがあれば歯科医院にて診察してもらいましょう。
生え替わりの歯がむし歯になったときにすぐに抜けるから治療せずそのままにしておく方がいらっしゃいますが、虫歯は感染症なので放っておけば口の中にむし歯菌が増えて永久歯までむし歯になりやすくなります。乳歯にむし歯があれば歯科医院にて治療を受けましょう。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類