年齢と歯周病、そして歯の関係 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

年齢と歯周病、そして歯の関係

年齢を重ねると歯が抜けるものだと思っている方も多いのではないでしょうか。

歯が抜けるのは老化のせいではなく、歯周病や虫歯が原因です。

歯周病や虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは細菌の塊で虫歯も歯周病も細菌が原因ですが、虫歯は世代より異なります。

10代はエナメル質が弱く、感染した虫歯菌によって歯がとかされ虫歯になりますが、大人になるとエナメル質が硬くなるため新たなむし歯になることは少ないです。

しかし、治療した歯が悪くなる2次虫歯というものがあります、見つけにくいむし歯で神経を抜いていれば痛みを感じないので気づいた時には歯を抜かなければいけないということもあります。

歯の詰め物にも耐用年数があり、長い間使用すれば歯との間に隙間ができ、虫歯になることもあります。詰め物をしてしまえば一生使用できるものではありません。

次に歯周病ですが、30代になると歯周ポケットが深くなり歯周病になりやすくなります、

しかも30歳以上の日本人の約80%が歯周病菌感染者といわれています。歯周病になっても、痛みなどの自覚症状がほとんどありません、気がついたら進行していて重症化している

こともあります。

歯磨きの時に歯ブラシに血がついてたり、歯を磨いても口臭が残っていたり、歯が長くなったと感じたら歯科医院にて検査してもらいましょう。

検査は歯と歯肉の歯周ポケットの溝の深さを測定します。3mmまでは健康といわれていて、4mm以上だと進行している歯周病といえます。歯周ポケットの検査の前にレントゲンを撮影し、歯を支える顎の骨がどの程度失われているか確認するのもオススメします。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。歯周病の予防は歯周病菌のかたまりのプラークの除去が第一です。しかし歯磨きをしても完全に除去はむずかしいのでプラークが石灰化し歯石に変わります。歯石は歯磨きで除去はできないので歯科医院での歯石除去を行う必要があります。

歯石の除去は器具を使用し、歯の表面、歯と歯茎の境目、歯周ポケットの奥の歯石を除去し、

そのあとに、除去でざらざらになった歯の表面を研磨し滑らかな状態にします。

歯石を除去しても改善が見られないときは外科手術を行うこともありますので、自覚症状がなくても歯科医院にて検査を受けましょう。

町田駅前グレイス歯科には国際歯周内科の歯科医師も在籍しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類