欠損補綴 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

欠損補綴

歯の治療の中で欠損補綴という言葉があります。

欠損とは歯が無くなってしまった部分を差し、

補綴とは歯のなくなった部分の形態と機能を人工物で補うことを言います。

なので欠損補綴とは、歯を抜いた後に行う治療になります。

歯を抜かなくてはならない状況は、

虫歯や歯周病であったり、事故であったり

その人により変わりますが、

抜いた後の治療方法は決まっています。

今回はその欠損補綴の紹介になります。

欠損補綴に大きくわけると3つの治療方法があります。

ブリッジ、入れ歯、インプラントに大別されます。

それぞれの治療方法にはメリットとデメリットがあります。

1つ目にブリッジですが、ブリッジは被せ物を2個以上くっつけた形になります。

メリット
自分の歯の様にしっかり噛めて違和感が少ない歯を作ることができます。
保険治療にも対応しているため金額を抑えて治療をすることもできます。
また保険治療の金属のブリッジが嫌な場合は、セラミックスの白いブリッジを入れることもできます。

デメリット
柱になる歯を削らなくてはならないのと周りの歯で欠損部位を支えなくてはならないので、
今までよりも負荷がかかってきます。
歯の残っている位置や本数によって適応できる場合とできない場合があります。

2つ目が入れ歯になります。

メリット
入れ歯は欠損部位に対して幅広く対応できます。
ブリッジ同様保険治療が適応できます。
そしてブリッジと比べるとですが、歯を削る量を抑える事ができます。

デメリット
口の中は髪の毛1本入っているだけでも違和感が出るくらい繊細ですので、
そこに入れ歯というさらに大きな異物が入るためどうしても違和感が出やすいです。
なので入れ歯に慣れるまでの期間が大変な場合があります。
そして保険の部分入れ歯の場合は金属のバネが引っかかってくるため場所によっては目立つことがあります。
その金属のバネがあたって痛みが出たりすることもあります。
噛む力も本来の歯に比べると20~40%くらいしか発揮できないため、
しっかりと噛みごたえを感じる事が難しいです。

3つ目がインプラントになります。
メリット
インプラントは欠損部位に対しての治療になるため、
ブリッジや入れ歯と違い残っている歯に負担をかけない治療になります。
そして骨に人工の根っこを作れるため自分の歯のように噛むことができます。
上にくっつける被せ物もセラミックの物になる(当院の場合)ので、見た目も自然な感じに綺麗に作ることができます。

デメリット
保険外の治療になるため、金額がどうしても高額になってしまいます。
治療にかかる期間もブリッジや入れ歯に比べると長くかかってしまいます。

以上が欠損補綴(歯を抜いた時の治療)の治療になります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯が無くてお困りの方やお口のトラブルでお困りの方のご予約を随時受け付けています。
もちろん、歯を抜かないですむのであれば、それに越したことはありません。
当院の理事長は保存歯科(歯を残す治療)の歯学博士号を持っているので、他の歯科医院で「歯を抜く」と言われた方もセカンドオピニオンでいらっしゃり、実際は歯を残せた方も沢山いらっしゃいます。
歯を抜いた方も、まだ抜いていいない方も、ご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類