正しい歯ブラシの選び方、磨き方? | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

正しい歯ブラシの選び方、磨き方?

世の中には様々な種類の歯ブラシが売られていますよね?

テレビでも色んなメーカーが歯ブラシのCMをしています。

毛先が細くて歯周ポケットに入りやすくなっているタイプ、先端が小さくて奥歯まで届きやすいタイプ、また、毛の硬さも硬めだったり、柔らかめだったりと沢山の種類の歯ブラシがありますよね?

でも、実際にはどんな歯ブラシが良いのか?と疑問に思われる方も多いでしょう。

実はどのようなタイプを歯ブラシを選んでもそこまで差がないことが最近の研究で分かっています。

これはどんな歯ブラシを使ったとしても、適切なブラッシングをしなければ意味がないということを示しています。

逆に言えば、どんな歯ブラシを使ったとしても適切にブラッシングすれば問題はありません。

確かに毛先が細い歯ブラシは、歯と歯の隙間や歯周ポケットに入りやすく食べかすや汚れを落としやすい傾向はありますし、硬めの毛先の歯ブラシだと歯垢やタバコのヤニを落としやすいと言われています。

しかし、歯磨きで大事なことは「全ての歯で磨き残しを完全に無くす」ことと「歯周病の原因になる歯垢を落としきること、付着させないこと」です。

歯科の分野では、バス法やチャーターズ法、スクラビング法などの様々なブラシング法があります。これらの方法はプラークコントロールをするために一定の効果はあります。

では適切はブラッシングを方法を理解し、毎日実践すれば歯垢も歯石も完全に落とす事ができ、歯周病も治るのでしょうか?

答えは残念ながら「NO」です。

どのような歯ブラシを使っても、どのようなブラッシング法を用いても、歯面から完全にプラークを取り去ることは難しいのです。

特に歯周ポケットにはどんな毛先の細い歯ブラシを使っても届くことはありませんし、歯垢が固まってしまった歯石の状態では掻き出すこともできませ。

歯科医師や歯科衛生士によるプロのクリーニング(スケーリング)が不可欠です。

町田駅前グレイス歯科では皆様のお口の健康を守るために、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

歯や歯ぐきの痛みがなくても、ぜひ検診や歯のクリーニングにお越しください。

歯の検査や衛生士による歯のクリーニングは保険適応のため費用を抑えて治療を行うことができます。
さらに、フッ素塗布も無料で実施しています。

いつでもお気軽にご予約のお電話をお待ちしております。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類