歯が折れたり、抜けた場合の対処法 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

歯が折れたり、抜けた場合の対処法

歯が折れた!歯科を受診するまでにするべき対処法
1.治療までに自分でやる対処法
歯が折れるとパニックになりますが、折れた歯とご自分のお口に適切な対処をしてできるだけ早く歯
科医院に行きましょう。
1-1.折れた歯を生理食塩水、または、牛乳に入れる
折れた歯を歯科医院に持っていくまでに大切なことは、乾燥させないことです。
生理食塩水が好ましいですが、ほとんどのご家庭にはないと思いますので、牛乳に入れて乾燥を防い
でください。この時、水道水で洗ったり、水道水に入れて持って行くことは止めましょう。牛乳がな
い時は、食品用のラップで包みます。急いで歯科医院に行きましょう。
1-2.お口の中の欠けた部分を触らない
欠けた部分は神経がむき出しになっているなど、様々な細菌に感染しやすい状態です。手で触ったり、
ガムで詰め物をしたり、ご自分で消毒をしたりしないでください。できるだけそのままにして、歯科
医院に行きましょう。
1-3.歯や歯茎から出血している時は止血する
歯や歯茎から出血している時は、圧迫して止血をします。この時に大切なことは、出血してきた血液
を飲みこまないことです。必ず外に吐き出してください。
2.歯の折れ方(小さく欠けているか大きく折れているか)とそれによる治療法
2-1.小さく欠けているとき
小さく欠けた(欠け方が部分的で歯の神経部分まで達していない)時は、詰め物や被せ物で歯を修復
します。歯の修復が終わっても歯の変色や歯肉の腫れが起こる可能性があるため、しばらくは経過観
察となります。
欠けた後は痛みが出ないことが多いですが、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。欠けた部
分から神経が感染を起こす心配や虫歯になる心配があります。
2-2.大きく折れたとき
大きく折れた(神経まで達する折れ方)時は、歯の残り具合で治療法が異なります。
歯を支える歯槽骨の縁よりも上側まで歯が残っている場合は、露出している神経を抜き、神経を抜い
た歯の根っこの治療をします。(もちろん神経が感染していなければ、神経は残します)その後で歯の強度を上げるため歯の土台をつくってから、歯の全体に
被せ物をします。
歯を支える歯槽骨の縁のあたりまで大きく折れている場合は、これ以上歯を残すことが難しいため抜
歯となります。抜歯後は、ブリッジや部分入れ歯・インプラントで失った歯を補います。
歯の修復が終わってからも経過観察が必要です。特に、乳歯が折れてしまった時は永久歯が生え変わ
るまで経過をみます。
町田駅前グレイス歯科では急患対応も随時受け付けておりますので、お気軽にお声かけください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類