歯のひび | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

歯のひび

今回のテーマは歯のひびです。
歯にひびが入ったら不安になりますよね。
なので今回は歯にひびがはいったらどうすればいいかを説明していきます。

歯を覆うエナメル質は非常に硬い組織になりますが、硬くて柔軟性があるわけではないのでひびが入ったり割れや欠けが起こります。
なので歯の目立たないところにひびが入っていることはよくあることです。
かといってひびがあるのを放置しておいていいものか不安になりますよね。
もし見つけた時はどうしたらいいかを説明していきます。

・表面の浅いひび
こちらは基本的には何もせず経過観察をします。
しみる場合はしみ止めの薬を塗ったりはできますが、痛みが無い場合は基本的には何もしない方がいいでしょう。

・歯の根っこにひび
こちらの場合はひびの程度によっては歯を抜く可能性もあります。
なるべくならば歯を残す方がいいので、ひびが浅い時はひびの部分だけを削ってとることも可能です。
しかしながら歯を削るため歯が小さく薄くなってしまうため、治療前よりもろくなってしまいます。
そのためひびの入っていた歯で強く噛んだり、集中して噛むのを避けなければなりません。

そして未治療の根っこにひびが入っている場合は、
まず歯の神経を取って感染源を一緒に取り除いた後で、ひびの治療をします。

・歯の中のひび
こちらは歯の表面のエナメル質だけでなく、象牙質という歯の神経を覆うそしきにまでひびが到達している場合です。
その場合はそのままにしておくと虫歯やしみるといった症状が大きくなります。
虫歯等が進行すると歯の神経にまで到達する可能性があり、痛みが強くでる場合があります。
なので象牙質にまでひびが到達している時は、歯の治療が必要になります。

・かなり大きなひび
歯肉の方までひびが広がっていて大きい時は、ほぼ割れている状態となります。
割れに近いひびを取り除こうと治療したとしても、削った部分はなくなってしまいますので、
抜歯という選択をしなければならなくなります。

なぜこのようなひびが入ってしまうのでしょうか。

ひびが入ってしまう原因
いろいろなケースが考えられますが、
歯をぶつけてしまったり、日常的な歯の食いしばりや、歯ぎしりなどが考えられます。
歯の噛み合わせでも変わってきます。
歯並びが悪く噛めるのが一部だと、その歯に集中的に負荷がかかり、ひびが入ってしまうこともあります。

・ひびを防止するにはどうすればいいか?
歯ぎしりや食いしばりはストレスが原因となることがあるため、
生活の見直しや、ストレスを発散させるなどの改善を図りストレスを現状より減らすことが効果的です。

物理的な方法では、マウスピースを使って、くいしばりや歯ぎしりから歯を保護し負担を減らします。

歯並びが悪く歯への負担が大きい場合は、矯正治療をして噛み合わせを正常に戻す必要があります。

ただしいろいろな治療をしてもひびが一度入ってしまうと元には戻りません。
そして削ったりしてひびを取り除くとその分歯はもろくなっていきます。
そして歯の神経をとってしまうとさらに歯はもろくなってしまいますので、
よりひびが入りやすくなってしまいます。

そうなる前に虫歯やひびが最小限で収まるように日常的に歯のケアをしていくことが大事になります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、このような歯のトラブルでお困りの方のご相談を随時受け付けています。
お困りの方は、お気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類