歯の黄ばみ着色汚れ ホワイトニング | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

歯の黄ばみ着色汚れ ホワイトニング

今回は歯の着色になります。

普段からいろいろな飲食物によって歯は汚れていきます。
それが蓄積していき歯がだんだんと着色いきます。
日常から色の強い飲食物を摂取する方は、より早く歯の着色が起こるでしょう。

始めに着色の原因ですが、いくつかのパターンに分かれます。

加齢による着色変化
この加齢による変化はお肌や体と同じで、年を重ねるごとに少しずつ変化していきます。
歯の場合は黄色や茶色味を帯びていきます。
そして加齢によるものなので、防ぐことはできません。
ただホワイトニング等すれば本来の色に近づけたり、元よりも白くすることはできます。

ステインによる着色
毎日歯磨き等のセルフケアをしていても完全に着色汚れを落としきることは難しいです。
なぜかというと汚れが付着するだけでなく、唾液中に含まれるタンパク質と化学反応を起こして歯に汚れが沈着してしまうからです。
着色しやすい成分は、タンニンやカテキン、ポリフェノール等があります。
そして食べ物や飲み物やタバコに含まれるタール等が原因となります。
具体的な飲食物だと、コーヒー、お茶、赤ワインやカレー、チョコレート等があります。
当院の場合、保険診療で行えます。

むし歯による変化
虫歯菌により歯がとかされ、茶色や黒色に変化します。

神経がない歯
事故や怪我によって歯にダメージがいき神経を失ってしまったり、
むし歯等の治療により歯の神経を失った時に起こります。
歯は神経を失うと十分な栄養を得られないため、だんだんと茶褐色へと色が変化してしまいます。
こちらは特殊なホワイトニングで色を白くすることはできます。(ウオーキングブリーチと言います。)

詰め物や被せ物が劣化して起こる変色
長年使っている間に、詰め物や被せ物をしていた素材の劣化や色素沈着により起こります。
変色を治す場合は、詰め物や被せ物を削って新鮮な面を出すか、
内部まで変色している時は、新しいものへ作り替えるといった方法があります。

以上のような原因がありますが、歯の着色を落とすためには、
定期的な歯科検診をうけるようにするか、歯のクリーニングを思い立った時にしてもらうか、
歯のホワイトニング等をすることで、解決することができます。

特に歯のクリーニングは、着色を落とすだけでなく、
毎日のブラッシングだけでは取りきれない歯石や歯垢の除去もしてもらえます。
それらはそのままにしておくと、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

そして初期むし歯の発見にもつながる可能性があります。

特に初期虫歯であれば歯を削らなくても済む場合もありますし、
歯の健康状態を保つためには非常にメリットのある選択肢だと言えます。

そして歯科医院で行っているフッ素塗布をしてもらえば、
歯磨き剤などに含まれるフッ素よりも濃度が高いため、より歯質を強化できます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、
歯の定期検診や無料フッ素塗布やホワイトニングの取り扱いがありますので、
着色等が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類