歯ブラシの仕方 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

歯ブラシの仕方

皆さん、歯ブラシを手にして歯を磨く行為を毎日行っていますよね!

「どのように磨いていますか?」

っと聞かれて、皆さんは自分なりの歯磨きの仕方が答えられますか?
歯磨きは毎日の習慣になっているため、無意識になるとこもあり、磨いているけれど磨けていないといった残念な歯磨きをしていませんか?
せっかく歯磨きの時間を持っているに磨けていないなんて悲しいですよね。
要点をつかんで、的確に汚れを取り除き、虫歯や歯周病から大切な歯を守ってあげたいですよね!

★歯磨きの基本

*歯ブラシは軽くペンを持つように持ちましょう。
強く握ると力が入りすぎてしまい、歯・歯肉を痛めてしまうためです。

*一筆書きのように。
磨く順序を決めて歯ブラシを動かす事で、歯ブラシの当て忘れ箇所がなくなります。

*歯を一本一本磨く。
歯の形は平面ではなく、また並びによっては一本だけ凹んでいたり傾いていたりします。鏡をみて、自分の歯並びをよく見てましょう。

*少し口を閉じて頬の緊張を和らげるように上の奥歯を磨きましょう。
口を大きく開けてしまうと頬が引っ張られ、歯ブラシが入るスペースがなくなってしまいます。

*前歯は 縦磨き。
特に裏側は歯ブラシを縦にして磨きましょう。

*歯ブラシのつま先、かかとをうまく使ってみてください。

「歯磨き」は歯並びや歯周病の程度などによりやり方が変わりますが、以下の2つの歯ブラシの当て方がスタンダードになります。

【スクラビング法】
カリエスタイプの患者さんにお勧めの歯ブラシの当て方です。頬側は歯ブラシを歯に対して垂直に当て、毛先は主に歯に当てて磨きます。舌口蓋側では歯に対して45°に当てて毛先は少しだけ歯肉に触れる程度とし、歯肉溝や歯周ポケットには入れないようにします。

【バス法】
歯周炎・歯肉炎タイプの患者さんにお勧めの歯ブラシの当て方です。
歯周ポケットに毛先が入るように毛の柔らかいブラシを用い、毛先を歯軸に対し45°に傾け、細かく振動を与えるように動かすやり方です。

※磨き残しやすい部分
最後臼歯の最遠心部
犬歯付近(カーブになっているため)
利き手側の歯
口蓋側、舌側
歯ブラシを持ち替える箇所
 

今ご自分が行っている歯磨きの仕方で、しっかり汚れは取れていますか?
なんちゃって磨きにはなっていませんか?

グレイス歯科では、お口の状態を把握し、個々にあったTBI(ブラッシング指導)を行っております。
大切な歯を守るには、なんといっても毎日の歯磨きが重要になります。

今一度歯磨きの仕方について見直してみてください!!

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類