歯磨き、歯ブラシ フッ素 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

歯磨き、歯ブラシ フッ素

歯ブラシには毛の硬さやヘッドの大きさのなど口の大きさ、歯並びなどに合わせれるよう多くの種類があります。歯ブラシは歯垢を除去するものでしっかり歯垢を除去できるものを選びましょう。
毛の硬さはふつう、やわらかめ、かための3種類あり、やわらかめは歯茎から出血ある人でもみがくことができ、かためはしっかりみがきたい人に最適です。ただし、強く磨きすぎると歯が削れてしまいます。また持ちやすさや握ったときのフィット感なども重要です。自分に合った歯ブラシがわからなければ歯科医や歯科衛生士に相談して自分に合ったものを見つけるのもお勧めします。最近は電動歯ブラシを使用している方も多いと思います、電動歯ブラシは適切に使用すれば簡単にみがけ、短時間で効率的にみがけます。電動歯ブラシにも種類があり、電動歯ブラシ、音波振動式電動歯ブラシ、超音波歯ブラシがあります。
歯ブラシも重要ですが歯磨き剤を使用することで汚れや歯垢の除去を効果的にできます。
歯磨き剤を使用することで歯垢の除去だけではなく、歯石を防ぐ効果や口臭予防、歯を白くすることができます。歯磨き剤の主な成分は湿潤剤、清掃剤、発泡剤、香味剤、粘結剤、薬用成分でつくられていています。薬用成分の入ったものは医薬部外品でむし歯の予防、歯肉炎、歯周病の予防、たばこのヤニの除去に効果があるものがあります。
歯磨き剤にもいろいろ種類があるので歯ブラシと同じで自分に合ったものを選びましょう。
知覚過敏用や歯周病用など自分の口の状態や目的に合うもがあります、子供は子供用の甘い歯磨き剤を使用すれば毎日たのしく歯磨きをしくれると思います。最近ではティラミス味の歯磨き剤など子供だけではなく大人でも使用してみたくなるものもあります。
歯磨き剤の90%に配合されているフッ素が配合されています、フッ素は歯や骨をつくる役割を果たしており、むし歯予防に効果的です。アメリカでは水道水にフッ素を添加してあり日常的に摂取できるようになっています。
フッ素の効能は再石灰の促進、歯の質の強化、酸がつくられるのを抑えるが挙げられます。
歯科医院でも高濃度のフッ素を塗布することができ、乳幼児の歯のやわらかいときに塗布します。

自分にあった歯ブラシ、歯磨き剤を使用し、毎日歯磨きしても汚れや歯垢を完全に除去することは難しいです。3か月に一度でよいので歯科医院で行う歯のクリーニングを受けましょう。
町田駅前グレイス歯科では、無料フッ素塗布をおこなっております。大人も子供も虫歯予防に有効です。ぜひお気軽にお越しください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類