歯科と金属アレルギー | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

歯科と金属アレルギー

近年美意識が高まり、お口の中の詰め物を白くしたり、ホワイトニングをされる方が増えてきています。
キレイな白い歯は、今や芸能人やスポーツ選手など限られた人だけのものではありません。

しかし、白い詰め物、被せ物は単に“見た目”だけの問題ではないことをご理解頂けたらと思います。

近年、金属アレルギーやアトピー(アレルギー性皮膚炎)の患者さんが年々増加傾向にあります。
そして意外と知られていないのが、金属アレルギーは、肌に直接触れるアクセサリー等だけでなく、歯の治療で使う金属が原因になることもあるとゆうことです。金属が唾液によって溶かされ、体の中に溶け出すことにより金属アレルギーが誘発されるんです。
その症状は口の中だけにとどまらず、皮膚炎や頭痛、肩こりなど全身に及ぶため、口の中の金属が原因だとは思わず、長年つらい症状に悩んでいる人も多いようです。

現在保険適用で使用されている金属は、多種多様の金属を混ぜた合金で出来ています。
金属アレルギーの原因になりやすいクロム、コバルト、ニッケル、水銀が使用されています。

歯科金属に含まれるそれらの金属が溶け出し、口内炎、歯肉炎、口唇炎、また舌炎などの炎症やアトピー性皮膚炎や口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)、味覚異常、歯や歯肉の変色、さらに全身の湿疹などの症状が報告されています。

これらのアレルギーは時間が経ってから症状が起こることがほとんどで、人によっては、何年、何十年後に金属アレルギー症状が発症することもあります。
個人差が非常に大きいので、口腔内に金属を使用したからといって必ず金属アレルギーが起こるわけではありませんが、金属アレルギーを一度起こしてしまうと、完治することはありません。

金属アレルギーを起こしてしまった場合は、原因となる金属を全部外す必要があります。

もう既にお口の中に金属が入っているとゆう方は下記の事に気をつけてみてください。

*金属の腐食により余計金属が溶け出す原因になるので、歯みがきなどでお口の中を清潔に保ち、出来るだけ金属を腐食させないよう心掛けましょう。

*合わない入れ歯を使用していることで、入れ歯の金具がお口の中を傷つけ、体内に金属物質を侵入させてしうので、歯医者へ定期的に行き入れ歯の調整をしてもらいましょう。

*口の中に多くの種類の金属が存在するとイオン化しやすく、アレルギーを発症するリスクが高まってしまいます。これ以上金属を増やさないよう、虫歯・歯周病にならないようにしましょう。

また、花粉症やぜん息などのアレルギー性疾患のある人や、家族にアレルギー体質の人がいる場合は、金属アレルギーを起こしやすいと考えらています。
この様に、元々アレルギー体質であったり、アクセサリーなどで金属アレルギーを起こした経験がある方は、歯科治療をされる際は事前にその旨をご相談ください。

金属アレルギーは誰もが、ある日突然、発症する可能性があるものです。

アクセサリーや時計などは外すことは出来ますが、お口の中の金属の詰め物は毎回外すことは出来ません。お口の金属は常に溶かされ体に吸収され続けています。このような状態であれば、今金属アレルギーでなくとも、将来なってしまう可能性はあります。

そうならない為には、お口の中に金属を入れない→金属を使う治療を行わなくて済む様にする→日ごろから虫歯や歯周病の予防を心がける!
それが何よりも大切ですね‼

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類