歯科治療における、自費診療と保険診療の違い | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

歯科治療における、自費診療と保険診療の違い

保険診療と自由診療の違い

皆さんも歯医者での診療の際に、保険で治療するか、自由診療でするかのシチュエーションに出くわしたことがあるのではないかと思います。

歯を詰める? 被せる? 入れ歯を作る? インプラントを打つ?

どんな治療をするのかによっても、メリット・デメリットはそれぞれにありますが、総じて保険診療は安価で済み、自費診療は高価な診療とのイメージが強いかと思います。

保険診療

一般の保険治療の考え方は歯の機能と最低限度の見た目の回復という点を重視し、治療後の経年にわたる歯への影響や、より自然で美しいものをという点には重点が置かれていません。

しかしながら、多くの方が治療費の7割を国が負担し、3割分の治療費で診療を行うことができます。ここが、保険診療の最大のメリットではないかと思います。

自由診療

一方自由診療では、例えば詰め物や被せものの場合、見た目だけこだわった『ただの白い歯』という印象の方も多いかもしれませんが、それだけでは無いのです。

例えば、詰め物・被せ物の治療では、歯の強度・かみ合わせのバランスを考えて材料を選び、それを歯とくっつける材料などにもこだわり作製し、白い歯であれば見た目も天然の歯に近いような再現性までこだわり、且つ二次むし歯などの再治療が少ない方法で治療をおこない、歯にも優しく、見た目にも美しい方法です。入れ歯やその他の治療に関しても似たようなことが言えます。

治療費を全額負担するのが自由診療なので、受診する歯医者によって同じ疾患の同じ治療法であっても、治療費が大きく異なる場合もあります。

保険ではなく自由診療を行う際には、自己負担の費用はいくらなのかを確認し、納得された上で治療を受診されることをおすすめ致します。

  また、自費診療ではローンを組むことも出来ます。もし、金銭面だけがネックで踏みとどまっているのなら一度、ご相談してみてください。

このように、保険診療にも自由診療にも、それぞれメリット・デメリットがあるのです。
患者様が、保険診療・自由診療のどちらを選択されても当院では、最大限の努力を行い治療致します。

治療した歯を長く維持するために…

保険診療にせよ自由診療にせよ、時間とお金をかけ、せっかく治療を行った歯を長持ちさせるためには、治療したところのチェックやメンテナンス、定期健診を行うことをお勧め致します。

 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では地域の皆さまが通いやすいよう朝9時~夜21時まで月曜から日曜まで祝日も休まず診療しております。

 当院では予防歯科にも力を入れており無料フッ素塗布(フッ素を塗ると大人も子供も虫歯になりにくくなります。)やシーラントと言った

 予防歯科も保険治療で行っておりますのでお気軽にご来院下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類