治療したのに歯が痛む① | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

治療したのに歯が痛む①

今回は治療した後に歯が痛むというのがテーマです。

せっかく歯医者さんに行って治療してもらったのに、歯の痛みが出たという経験をされたことがある方もいると思います。
なぜと疑問に思う方も多いと思いますので、その原因と理由を今回はご説明します。

痛みの出方は人それぞれだとは思いますが、治療直後に痛みが出たり、期間があいてから痛みが出たりします。

まず虫歯で歯を削らないといけない状態ですが、C0~C4という段階があります。
C0:ごく初期のむし歯で歯を削らず歯のクリーニングやフッ素等を使い経過観察し歯の再石灰化を期待します。

C1:歯に小さな穴が空いて茶色や黒色の虫歯できた状態になります。
  この状態になると虫歯の治療が必要になりますが、
  コンポジットレジンというプラスチックの素材で虫歯を削った部分を埋める治療で済みますので、
  治療回数や費用を抑えることができます。

C2:虫歯がエナメル質という歯を覆う硬くて丈夫な組織を溶かして、歯の中の神経を覆う象牙質という組織まで到達した状態になります。
  この状態になると冷たい物や甘いお菓子、さらには熱いものがしみたりします。
  治療としては削った部分をコンポジットレジンで埋めるか、大きさによってはインレーという詰め物で埋めるという選択肢があります。

C3:虫歯が歯の神経にまで到達してしまった状態で、神経が炎症を起こしているため痛みも取れることがありません。
  なのでここまでくると歯の神経の治療が必要になりますし、このまま放置してしまうとどんどん虫歯が進行してしまいます。
  そして歯の神経を取ると根管治療と呼ばれる歯の根っこの掃除が必要になります。
  すべての根管治療が終わると歯の形を整えて最終的にかぶせ物をすることになります。
  
C4:虫歯の末期の状態で、見える部分の歯はほとんど溶けてしまって歯の根っこだけの状態になります。
  虫歯がほとんどの神経を侵しますので、痛みを感じないこともあります。
  ですが痛みを感じないだけで、虫歯自体が治ったわけではないので放置しておくとそのまま虫歯が浸食していきます。
  そして最悪な場合は、虫歯菌が血管を通って別の病気を併発することもあります。
  C4の治療は歯を残すのが難しいため、抜歯をするのが通常となります。
  
そして本題の治療直後から痛みが出るケースですが、
歯を削る治療をすると神経に多少なりとも刺激が加わるため、神経が過敏な状態になり、痛みを感じやすくなります。
なので歯を削ったあとしばらくは痛みが出ることがあります。
ただ通常は数日から1週間程度で痛みは収まります。
なのでしばらく薬などを服用してもらい経過観察をして状態が落ち着くのを待ちます。

しかしながら虫歯が大きく神経に近い所まで削った場合等は、痛みが消えないことがあります。
そういった場合は残念ながら歯の神経を抜く治療をしなければならないことがあります。

他には小さい虫歯を削って埋める際に使うコンポジットレジンの治療をした時に、光を当てて材料を固めます。
その時にコンポジットレジンが収縮して周りを引っ張り圧力がかかることがあります。そのせいで痛みがでることもあります。

今回はここまでですが、治療をしたのになんでと思ってしまいますよね。
治療をしたのに痛みがでることは他にもありますので、またご紹介したいと思います。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では急な痛みでお困りの方のご予約を随時受け付けています。
歯の事でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類