矯正後の重要性 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

矯正後の重要性

矯正治療というと、矯正装置を付けて治療することを想像しがちですが。

実は、歯並びがキレイになり、矯正装置を外した後も後戻り(歯並びが治療前の状態に戻ろうとする事)を防ぎ、、一定期間歯列が崩れない為の装置(保定装置)を付けた治療が必要となります。

整った歯並びを、きちんと安定させる為に、とても重要な治療の1つなのです。

この後戻りについて詳しくご説明した上で、後戻りを防止する具体的な方法や、自分で後戻りを少なくするための注意点などについて、ご紹介いたします。

1.矯正治療後の後戻りってどんなもの?

矯正治療は、ブラケット矯正(歯にワイヤーを付け、ワイヤーの弾力を使って矯正する方法)とマウスピース矯正(理想の歯並びに向かって、少しずつ形状の違うマウスピースを付けていく矯正の方法)が主流です。どちらの矯正でも、保定期間があり、装置を使って、整えた歯を整った状態で安定させる必要があります。

1-1.後戻りとは?

後戻りとは、矯正前の歯並びに戻ってしまう現象のことです。

矯正の原理は、歯に力を加えることで、歯を支える骨の歯が入っている穴の向きをキレイな歯並びになるような向きに変えることにあります。

矯正装置を外した直後は、歯を支える骨がまだしっかりと固まっていないので、後戻りや歯列の乱れが起こりやすくなります。

1-2.どのような矯正治療でも必ず後戻りする

矯正には、ブラケット矯正やマウスピース矯正、部分的な歯列を整える部分矯正、インプラント矯正(顎の骨にネジを埋め込んでする矯正)などがありますが、どんな治療法においても、必ず後戻りは起きるものです。

従って、矯正した後には保定期間(後戻りを防止する装置を付ける期間)を設けており、矯正治療の欠かせない治療の1つとなっています。

1-3.歯は動くもの

歯は隣の歯と支え合いながら、噛み合わせによって、同じ位置を保っていますが、そのバランスが崩れると動いてしまうものです。

抜けてしまった部分があれば、そこを塞ぐように、隣の歯が倒れ込んできます、舌の使い方の癖も、かなり影響します。

特に、矯正装置を外したすぐは、骨が安定せず、歯並びが崩れやすい状態にあります。

2-1.矯正治療後は必ず保定装置を付ける

どんな矯正であっても、装置を外した後は、必ず保定を行います。歯を支える骨がしっかりと固まるまで、整った歯列が崩れてしまわないようにする装置(保定装置)を装着します。これは、歯に直接つけるブラケット装置とは異なり、自分でも取り外せるものです。

2-2.保定装置の種類

保定装置(リテーナー)は、樹脂製のプレートとワイヤーを組み合わせたものや、樹脂製のマウスピースのタイプがあります。どちらも、自分で取り外しができるので、よく使われる保定装置となります。また、歯にワイヤーを付ける固定式の保定装置もあります。

2-3.1日の装着時間

歯を支える骨が安定するまでの、およそ1年位は、夜間ずっと保定装置を付ける形になります。せっかく、矯正装置が取れたのにめんどくさいと思うかもしれませんが、矯正装置みたいにずっと付けるわけではないので、装着のストレスは軽減されると思います。

2-4.装着期間の目安

矯正装置を付けていた期間と同じだけ、保定装置を付けるのが、保定期間の目安です。矯正装置を1年半付けていたら、1年半を保定期間として、治療完了まで3年という計算になります。

煩わしいと思うかも知れませんが、せっかく頑張ってキレイに並べた歯なのでその後もキレイな状態をキープしていただきたいとねがいます。

矯正治療の経験豊富な先生もいるのでお気軽に町田駅前グレイス歯科、矯正歯科ご相談下さい。
いつでもお待ちしております。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類