突然の歯の痛みが出たら!?(虫歯編) | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

突然の歯の痛みが出たら!?(虫歯編)

以前、知覚過敏で痛い、しみることについてお話ししましたが、知覚過敏と虫歯は根本的に違うものです。

知覚過敏は睡眠中の食いしばりや歯磨きのし過ぎなどによる「歯の表面のすり減り」が主な原因です。

それに対して、虫歯は「虫歯菌が歯を溶かす」ことにより発生します。

今回は虫歯の痛みの種類や治療法についてお話します。

と言っても、歯が痛くて当クリニックに来られる患者さんの場合、その原因と治療法は大きく分けて2つなのです。

一つは冷たい物や温かい物でしみて痛い場合。
この症状の場合は虫歯が、歯の内部付近まで進行し、象牙質の神経に刺激が伝わることで痛みを誘発させることが原因です。

簡単に説明すると、「歯が薄くなることで刺激が神経まで伝わりやすくなる」ということです。
虫歯が神経まで達していないので治療法もシンプルですし、なにより治療時間も短時間で終わります。

治療法としては、虫歯を食い止めるために「虫歯を完全に削りとり」その後、被せ物を詰めることになります。
虫歯の大きさにもよりますが、削ってすぐに薬品やプラスチック(歯科用レジン)で修復することも可能です。
治療して、すぐに痛みがなくなる患者さんがほとんどです。

もう一つは、何もしなくても常に歯が痛い場合です。よくズキズキする痛みを表現されます。

この症状の場合は虫歯が進行し、歯の内部の神経まで達することで常に神経を刺激していることが原因です。

虫歯が神経まで達していると基本的には、「神経を取る」治療法をとります。(もちろん神経が残せそうな時は残した治療を行います。)その後、神経の管の治療も必要になりますので
治療時間も治療期間も長くかかることが多いです。
治療しても数日は痛みが消えない場合もあります。

当クリニックではなるべく治療中の痛みを最小限にするための特殊な麻酔法や痛み止めを飲んでもらってから治療を開始するなどの工夫をしています。もちろん保険適用です。

いづれにしても、歯の痛みはとてもつらいものです。

町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では新患、急患はいつでも受付いたします。

患者さんの突然の歯の痛みやお困りごとに対して、すぐに対応することが我々も使命だからです。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類