虫歯の治療 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

虫歯の治療

むし歯の進行はC1~C4まであり、C1はむし歯が歯の表層のエナメル質にとどまっている
もので、痛みやしみたりはせず無病状で軽いうちならば、フッ素を塗ったりすれば再石灰化が
起こり進行が止まったり、治ったりします。
C2はむし歯がエナメル質の下の象牙質に達したもので、冷たいものや甘いものを
食べたとき、しみるようになってきます。
C3はむし歯が象牙質の下の歯髄に達したもので歯髄が細菌に感染し炎症を起こし痛みがでます。
C4は歯冠部がなくなり、歯根しか残らない状態をいいます。歯根の中心の穴を通って顎骨に細菌に感染し、はれ上がります。
C2の状態のときに多くされる治療がむし歯によってできた穴にレジンなどを鋳造して金属インレーなどで埋めることを充填といいます。
レジンとはプラスチックの1種で軟らかく、摩耗しやすいためガラス粉などを混ぜ強化したものをコンポジットレジンといいます。これを直接、歯に詰めたり盛ったりします。コンポジットレジンは色の調整が可能なので患者さんの歯の色に合わせて作れるの見た目もよくなります。
つぎにインレーですが、歯の型を取り、石膏模型を作り、ワックスパターンを作ってそのあとに鋳造しインレーを作ります。それを歯に装着します。材質は銀合金、金パラジウムなどの金属でつくるものやセラミックのものがあります。金属を使用するとアレルギーや目立つので嫌がる人も多いですが、セラミックインレーは金属ではないのでアレルギーの方も安心して使用できますし、白く透明感があるので見た目も良いという特徴があります。ただしセラミックインレーは保険適用外の治療になるので値段が高くなります。
充填の治療は詰め物と歯に隙間があったらそこからむし歯になりやすくなります、治療後に痛みなどの異常があれば歯科医師に確認してもらいましょう。
むし歯が深くなると歯髄に感染し炎症や化膿を起こし、痛みが強くなります。歯髄とは歯冠と歯根の中心部の空洞の中を神経や血管などが走っている部分です。よく神経を取るというのは歯髄の除去することです。この神経の治療を根菅治療といいます。
治療手順は、歯髄の除去、根管の清掃、根管に専用の歯科材料で充填します。簡単に手順を説明しましたが、根管治療はとても難しい治療になります。根管は人によって数、形が違いますし、根管もとても細くマイクロスコープ使用し治療します。治療後に痛みや違和感がでることもあるので根管治療の前には歯科医師の説明、治療方針を確認しましょう。
町田駅前グレイス歯科では、根っこの治療にマイクロスコープという顕微鏡を用いたり、ニッケルチタンファイルという、よくしなる針を用いて精密に治療をすることもできます。もちろん保険治療で行っていますのでお気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類