虫歯の種類と治療 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

虫歯の種類と治療

今回は虫歯になった時どの段階から削らなければならないかです。

まず虫歯とはどのように起こるか、そして歯の構造を理解していないと虫歯の段階もわかりません。

そんな歯の構造ですが、歯はいくつかの種類の組織の層から成り立っています。

まず一番外側を覆っている人体で一番固い組織のエナメル質。
次に神経等を覆っている象牙質
その中に歯髄と言われる、歯の神経や血管が入った組織

この三層から歯は成り立っています。

そして虫歯は口の中にいる細菌が引き起こしますが、
ただ存在している段階では、虫歯にすることはできません。

ではどうしたら虫歯になってしまうかですが、
細菌の栄養となる歯垢が引き金になります。

歯にたまっている汚れ、磨き残しを糧にして細菌は酸を生成します。
そうすると固い組織であるエナメル質が溶かされて虫歯になってしまいます。

食事をすると口の中は酸性状態になりますので、
虫歯になりやすくなります。

ただ唾液が逆にアルカリ性に戻そうと働きますので口の中の酸性状態は1時間程で落ち着きます。

なのでちょこちょこ食事をしたり、間食をよくする方だと虫歯になりやすくなってしまいます。

しっかりと歯の汚れを落とすことと、口の中の清浄化の時間を作ってあげることで虫歯になるリスクを下げることができます。

次に虫歯になってしまった時にどの段階から歯を削らなければならないかですが、

虫歯は5段階に分かれます。
C0~C4と言います。

C0
初期の虫歯で歯の表面が白く濁っているくらいでそれ以外の症状がない状態
この状態であれば歯を削る必要はありません。
ブラッシングを丁寧に行い、フッ素塗布を行うと効果的です。(当院では無料フッ素塗布をおこなっております)
キシリトール入りのガム等を噛んで唾液を多く出してあげることで、
歯の再石灰化(歯の表面組織の修復)を促進させることもできます。

C1
エナメル質の虫歯になります。
この段階から虫歯の部分を削っていきます。
ただ表面組織のみなので、
コンポジットレジンという歯の色に近い白いレジン樹脂で埋めることができます。

C2
象牙質の虫歯になります。C2になると歯がしみるといった症状がでてきます。
C1の時と同様にレジン樹脂で埋めることもできますが、
虫歯の状態によっては型取りをして強度のある物が必要な場合もあります。
ただ神経との距離が縮まってしまうため治療後に痛みが出てしまうこともあります。
時間経過と共に収まってはいきます。

C3
神経まで進行した虫歯になります。
歯がしみたり、なにもしなくてもズキズキと痛みがでてきます。
この段階になると神経の治療が必要になってきます。
そのため治療回数もC2までの時よりもかかってきます。

C4
歯が崩壊するまで虫歯が進行してる状態になります。
ここまでくると神経も死んでいますので、痛みもないでしょう。
基本的な治療は抜歯になります。もしくは骨を削って歯を残しに行ったりします。

このように虫歯がどこまで進行しているかで段階をわけることができます。
そして基本的には初期の虫歯以外は虫歯を削って取っていかなければ、
歯が溶かされて虫歯がさらに次の段階に進行してしまう恐れがあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯のお悩みを抱えている方のご相談を随時受け付けています。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類