虫歯の進行度 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

虫歯の進行度

「え?痛くもないのに虫歯なの?」

患者さんに「虫歯があります」と伝えると、この様に驚いた様子で返答を頂くことがあります。

“歯が痛くなったら歯医者へいく”

なんて悠長なことを言っていてはいけません。

一言に「虫歯」と言っても、進行度によって症状は変わり、治療法も違います。

虫歯の進む症状は、一般的にCO~C4 という5段階に分けて呼ばれています。
これは、虫歯が専門用語でドイツ語の「カリエス」と呼ばれているところから、そう呼ばれています。

Cは、カリエスの頭文字で、虫歯の進行状況によって、C0,C1,C2 C3,C4の5段階に分け、進行状況を判断する目安としています。

ではその分類によって、症状を追ってみていきましょう。

【C0の段階】
虫歯になりかけている、いわゆる「初期虫歯」の段階をC0(シーゼロ) と呼んでいます。
これはエナメル質の内側から、カルシウムなどのミネラル分が溶け出している状態(脱灰)で、歯の表面が白く濁って見えます。
健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰が起こると、その部位が白っぽくみえてきます。
これが虫歯の始まりです。
黒ずみ、穴は開いてなく、「表面下脱灰」の状態です。
この段階の虫歯は、患部を削って詰めるのではなく、正しい歯磨きや、生活習慣の改善、フッ素塗布により回復させることが可能です。

【C1の段階】
歯の表面に白い濁りや黒い点があり、小さな穴があいている状態を指します。
虫歯は、歯の表層のエナメル質にとどまっており、痛みなどの自覚症状はありません。
削るかどうかは、歯の状態や、虫歯リスクの高低など、いくつかの要素を検討して決められる段階です。
この段階であれば、麻酔をせずに治療を進めることが出来る可能性が高く、治療回数もかからずに済みます。
虫歯になってしまっても、この段階で発見させたいところです。しかしこの段階では自覚症状がでないことが多く、この段階でご自身で見つけるのは困難です。

【C2の状態】
一般的には、歯に穴が開き、褐色、または黒く見えてきます。
病変が象牙質(エナメル質の次にある部分で、歯の神経を守る壁)に進んでしまったことにより起こります。
虫歯が象牙質まで達すると、虫歯の進行も早くなると言われています。
この段階では冷たいものがしみたり、食事中に歯が痛むなどの症状が現れます。

【C3の段階】
象牙質の穴が大きくなり、病変が神経(歯髄)に広がっている場合です。
症状は、神経(歯髄)がどれくらい侵されているかで異なりますが、神経(歯髄)に虫歯が達している危険な段階です。
熱いものがしみたり、何をしなくても痛いと言った自覚症状が現れるのもこの段階です。
こうなってしまうと歯の中にある神経を取る治療が必要になってしまいます。
また、炎症が強いと治療時の麻酔の効きが悪く、とても辛い思いをすることになります。

【C4の段階】
穴がどんどん広がって、歯がほとんどなくなり、歯の根だけが残った状態です。
エナメル質は跡形もなく崩壊し、神経(歯髄)は壊死してしまいます。
激しい痛みがしばらく続いた後も虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなるのは痛みを感じる神経そのもが壊死してしまっているからです。
神経が死んで腐敗し、膿みが出ることで悪臭を感じることがあります。
そしてこの状態をさらに放置すると、根の先に膿みを持つようになり、また強烈な痛みを感じるようになります。
場合によっては高熱がでたり、神経(歯髄)に達していた虫歯菌が、血管を通って他の組織に達し、心臓病や腎臓病などを引き起こすこともあるので、徹底した治療が必要になってきます。
C4の段階まで虫歯が進んでしまうと、歯を残すことは絶望状態となってしまいます。

この様に、虫歯は症状のない時期があり、痛みを伴う時期は虫歯が奥まで進行してしまっている証です。
虫歯は気がつかない間に進行してしまうため、痛くなってからでは手遅れになってしまいます。

自覚症状が出る前に・穴が開く前に・歯を削ったり、神経をダメにする前に、早期に発見し管理していく事が大切です。

虫歯は進行すれば進行するほど、治療期間も長くなり、治療費用も高くなってしまいます。

“歯が痛いから歯医者へ行く”

ではなく

“虫歯にならないように歯医者へ行く”

虫歯を作らないように&初期の段階で虫歯を見つけられるように、定期的に歯医者へ行きましょう‼

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類