顎関節症と虫歯、食いしばり | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

顎関節症と虫歯、食いしばり

食事するときに顎が痛くなったり、口を開けたりするときにコキコキと音がするときはありませんか?それは顎関節症の病状かもしれません。顎関節症とは顎関節や咀嚼筋の痛み、雑音、開口障害などの総括的診断名になります。
顎関節症の原因の一つに噛み合わせの異常があります、歯は互いに支えあって噛む力にたえてます、なので歯が抜けるとその両隣の歯に大きな負担がかかります。負担にたえられなくなると両隣の歯も抜けてしまいます。気が付くと片側の歯がすべてなくなりバランスがとることができず噛み合わせ異常になってしまいます。歯が抜けた場合は早めに治療しましょう。
また顎関節症の方は歯ぎしりや食いしばりが関係していることも多くあります。
こういった場合はマウスピースを作り、顎と歯を守るかたちのなります。
 噛み合わせの異常は頭蓋骨や頚椎にも影響します。噛み合わせの力が不当な力になり骨格にの歪み原因になり、神経を刺激したり血管を圧迫していろいろな病状を引き起こします。内科的治療をしても治らない頭痛やめまい、肩こり、腰痛など噛み合わせが原因となっている場合があり、改善することで軽減した病例もあります。
噛み合わせだけが顎関節症の原因ではなく、悩みなど精神的ストレスが原因の場合もあります。この時は歯科だけではなく心療内科でカウンセリングを受けるなどしましょう。
町田駅前グレイス歯科では、顎関節症を得意とする、口腔外科の認定医もおりますので、お気軽にご相談下さい。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類