顎関節症の症状と原因 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

顎関節症の症状と原因

近年、若い人の間でも悩んでいる人が多い顎関節症についてお話しします。

顎関節症の主な症状は

1.顎が痛い
 食事の時や会話の時など、お口を動かしたときに痛みがでる。痛む箇所は顎関節やこめかみの付近です。
顎が動いたときに痛みが出ることがポイントで、何もしなくても顎が痛い場合は別の病気の可能性があります。

2.お口を大きく開けられない
 正常な場合は3本分の指が縦に入るほど、人間のお口は開きます。
しかし、指の2本分も開けることができない場合は顎関節症の可能性があります。

3.お口(顎)を動かすと音が鳴る
 顎を動かしたときに「コリコリ」や「コキン」とした音が鳴る。
 音が鳴るだけでは顎関節症ではなく治療が必要ない場合もありますが、関節の軟骨のすり減りやズレが発生している可能性もあります。

4.噛み合わせがずれてくる
 顎の関節(軟骨など)がすり減ったり、正常な位置からずれることによりかみ合わせが不安定になることがあります

顎関節症の主な原因は

1.日常的な歯の食いしばり、睡眠時の歯ぎしり

2.硬い物(スルメやグミ)を日常的に噛むことが多い。また、ガムを長時間噛むことが多い。

3.あくびやくしゃみの際に急に大きく開ける癖がある

4.猫背など姿勢が良くない
  (首や肩の筋肉への負担が大きくなり、顎関節へ影響を与えます)

5.普段、うつ伏せで寝ている。頬杖をつく癖がある。
 (顎の片方だけに負担がかかると顎関節に悪影響を及ぼします)

6.ストレス
 (ストレスは筋肉を緊張状態にさせてしまいます)

これら上記が顎関節症の主な症状と原因になりますが、顎関節症は「突然、発症するわけではなく、症状も原因も一つではありません」
ただし生活習慣や癖が原因になることが多いのは広く知られています。

今は小さな痛みや違和感であったとしても、長期間の生活習慣によっては後々、大きな障害となってしまうことがあります。
症状が軽いうちに正しい診断と治療、予防を行うことが重要です。

私たち町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では口腔外科出身の顎関節症の治療を専門に行っていたドクターによる診断、治療を行うことが可能です。

お気軽にご相談ください。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類 and tagged ,