顎関節症 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

顎関節症

本日は、顎関節症についてお伝えしたいと思います。

顎関節症とは、顎(あご)の関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状です。そのような、あごの関節や筋肉の症状を総称して顎関節症といいます。

〈顎関節症の病態〉

お口を開ける時は、下あごの関節は回転しながら前方に移動します。この前方に関節円板(顎関節に存在する軟骨)がひっかかると、顎の骨は前方に動くことが制限されます。そして、お口が開けにくくなります。

その他、関節やその周囲組織に異常が認められないものの、周囲の顎の筋肉が痛むといった状態も顎関節症の一つです。

〈顎関節症の原因〉

噛み合わせの悪さや、片方の顎だけで噛む癖などで、顎関節にゆがみの力がかかる場合があります。
更にストレスや緊張で、顎を噛みしめる癖も原因のひとつになります。

顎関節症の原因として、
1.下顎骨(顎の骨)の位置のずれ。
2.噛み合せが悪い。
3.咀嚼筋(噛む筋肉)のバランスの悪さ。
4.関節円盤がずれている。
5.関節が変形している。
6.骨盤や背骨など、姿勢や体のゆがみ。

などが挙げられます。

〈治療方法〉

病院での治療は、原因を解消する治療と、痛みなどの症状を緩和する治療を症状に応じて組み合わせて行われます。

1.認知行動療法
食いしばりや癖など顎関節症の原因となる悪習慣やその背景をさぐり、本人に自覚させ、それらを取り除くようにさせる。

2.物理療法
痛みの軽減のために患部を温めたり冷やしたりする。

3.運動療法
開口や顎を動かす訓練をし、口がよく開くようにする。

4.スプリント療法
スプリントという歯列を覆う装置を歯に装着することで顎関節や筋肉への負担を軽くし、歯ぎしりや食いしばりの害を緩和する。

5.薬物療法
痛みが強い場合に薬で炎症を鎮めたり、筋肉が痛みで固まっている場合に筋弛緩剤を用いたりする。また、夜間の歯ぎしりや食いしばりを抑えるために入眠剤、痛みの軽減のために抗不安薬、抗うつ薬を使用する場合もある。

6.外科療法
その他の治療で症状が改善されない場合には外科療法が行われる場合もある。

〈主なセルフケア〉

☆硬いものは食べられない痛みや、口が開けづらい症状がある場合は、しばらくは硬いものを食べないようにする。

☆冷湿布、温湿布を当てる。痛みの急性期には冷湿布が有効。慢性的な痛みには温湿布をすると、筋肉の緊張や痛みが緩和される。

☆よい姿勢を保つ立つ姿勢や座る姿勢を正しく。猫背やあごを突き出す姿勢になっていないか注意する。同じ姿勢を長時間続けないようにし、時々ストレッチなどをする。

☆顎の運動をする関節や筋肉の痛みが緩和されたら、少しずつ顎の運動を行う。口の開閉や顎を横に動かしたり、首や肩のストレッチをする。医師に相談して顎の筋肉エクササイズなどを症状をみながら行う。

☆全身運動ウォーキングや水泳などの全身運動をする。基礎体力の維持や全身の血行をよくする他に、気分転換やストレス解消の効果もある。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類