5月 | 2015 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 5月 2015

磁性アタッチメント義歯

残念なことに歯を失ってしまった場合、それを補う為にはブリッジ、インプラント、入れ歯の3つの選択肢から選んで頂く事になります。
しかし、ブリッジという被せものは、ある程度歯が残っていることが前提になりますし、インプラントに関しても、誰もが適応というわけではありまん。
その点入れ歯は適応範囲が広く、多数歯に渡り歯を失われてしまった場合にも選択が可能です。

しかし、入れ歯はブリッジやインプラントに比べ違和感が多く、入れ歯を入れた半数以上の方が入れ歯に対して不満を抱えていると言われています。
つまり、半数の人たちは入れ歯を入れても、入れ歯が合わない、噛めない、上手く話せない、笑えないと言った事に悩まされています。
入れ歯を作っても痛いから食事の時は外してる、上手くしゃべれないから食事以外は外してる…
っと言った話をよく聞きます。

せっかく入れ歯を作っても、それでは意味がありません。
入れ歯は失ってしまった歯の機能に代わるものでなければ、ただただ辛いだけになってしまいます。

特に咬めないとなると、食事も楽しくなくなりますし、食べるものにも制限がでてしまいます。
また噛まないことによって脳の活性化がおろそかになり、ボケの原因にもなりかねません。

入れ歯にはいくつか種類がありますが、今回はその一つの「磁性アタッチメント義歯 」と言うものをご紹介したいと思います。

磁性アタッチメント義歯とは、その名の通り、入れ歯に磁石を用いた物です。
入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定感や物を噛む能力を高めた物です。

一般的に知られている入れ歯は

・よく噛めない
・針金が見えて見た目が悪い
・入れ歯がパカパカする
・入れ歯が痛い

といった、マイナスな意見ばかりです。

磁性アタッチメント義歯は、こういったマイナス点を解消した入れ歯になります。

インプラントをしたくても適応せず、もしくはインプラントに抵抗がある方で、欠損部に自分のお口にフィットしたものを希望される患者さんにオススメの物になります。

入れ歯の針金も無く審美性が高く、外科的侵襲も少なく、口腔内の変化にも対応しやすい入れ歯になります。

磁性アタッチメント義歯の利点

1,強い磁石の力で入れ歯が歯とくっつくので、ぴったりフィットし、がたつきがなくなり、しっかりと噛むことが出来ます。  

2,磁石を付ける歯に負担がかかりにくい

 磁石は側方から加った力に抵抗力が小さく、入れ歯の出し入れの際に残った歯に負担をかけずに出し入れすることができます。

3,残っている歯の状態に合わせて、入れ歯の安定のための負担配分をすることができる

4,審美性に優れている

 クラスプ(針金)のついた入れ歯に比べ、金属のバネが不必要な為見た目が綺麗です。

5,維持力の低下が無い

 磁石の力は本質的に低下するものではないので、針金の入れ歯と比べても、長持ちします。

6,患者さん自身の取り扱いが簡単

 患者さん自身がお口の中に入れ歯を入れた時に、磁石の吸引力で自動的に所定の位置に収まります。
お口の中に入れると磁石の力で誘導されるので、出し入れが簡単な為、要介護になった方や、手が不自由な方にもお勧めです。

7,清掃が簡単

磁性アタッチメント義歯は複雑な構造ではないので、入れ歯のお掃除が簡単です。

磁性アタッチメント義歯はこう言ったメリットの多い入歯にはなりますが、やはり適応にならない患者さんがいるのも事実です。

入れ歯に対する悩みは人それぞれです。
当院では、患者さんの個々の症状・症例に合わせた最良と考えられる入れ歯をご提案させて頂きます。
入れ歯でお困りな方、歯を失ってしまったところをどうしようか迷っていらっしゃる方、何かご質問等ございましたら是非、ご相談ください!!

 カテゴリ:未分類

小児から始まる口腔管理

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科で目指すのは、
「患者様が一生涯通じて、自分の歯で健康で楽しく過ごして頂く事です。」
その為には、子供の頃から正しいお口の健康観を育成することが大切になります。

つまり、お子様が成人になっても継続的に自己管理が可能な口腔環境を構築することです。

小児期からの継続的な口腔管理が生涯においての基礎となります。

お子様が歯医者に来院する多くのきっかけは、虫歯の治療と予防を希望して来られる事が大半を占めるのが現状ですが、お子様のお口は虫歯以外にさまざまな問題が存在します。

そうした様々な問題を見落としてしまったり、見つけても対応できずに「経過観察」という言葉で対応を先送りしてしまうことはあってはなりません。

単純な問題を放置してしまうことで、本来は基本的な対応のみで解決できるものも、問題を複雑化してしまうかもしれません。

小児期のお子様の継続的な口腔管理をする際には、さまざまな問題にも対応し、包括的に診ていく事が重要になります。

小児期から継続的かつ包括的な口腔管理をしっかりと行うことで、「歯を残す・残る」ことへと繋がります。

当院では、すべての患者様、一人ひとりの問題点を健康教育、う蝕・歯周病予防、習癖指導、外科的対応、咬合治療と、各分野ごとにしっかりと診て参ります。

①健康教育

なぜ、管理が必要なのか、管理では何を行うのかについて患者様および保護者に説明していきます。
歯科衛生士と協力しながら、成長段階に応じたブラッシング指導や口腔の問題についての意識を深めるために、説明用媒体等を活用しながらご説明致します。

②う蝕・歯周病予防

口腔管理は虫歯予防だけではありません。
この考えを患者様にもってもらうことが大切だと考えています。
しかし小児歯科においては虫歯予防がもっとも管理の結果を出しやすく、保護者も実感しやすいといえます。
しかし、大切なのは虫歯予防だけではなく、歯肉の状況にも高い関心をもってもらうことが必要です。

③習癖指導

指しゃぶり、舌癖などの指導を行うことを通して、本来備えている口腔筋機能を緩やかな力によって回復させていきます。
持続的、継続的に顎顔面骨格の成長発育を見据え、歯が好ましい方向に萌出するようコントロールしていきます。
さらに、ブラキヒズムや若年期からの顎関節症の予防および治療にも対応しています。

④外科的対応

具体的には、交換期障害となる乳歯の抜歯、舌小帯や上唇小帯の異常への対応などです。

⑤咬合治療

乳歯列期、混合歯列期、永久歯列期における咬合治療を行います。

子供は“大人を小さくしたもの”では決してありません。

小児医療には「子どもは大人を小さくしたものではない」という言葉があります。
これは、心身ともに成長発育途上にある小児と成人とはしっかり区別して、小児に対して専門的な医療を提供すべきということです。
そして、その究極的な目標は健康な成人を育成することにあります。
子供達は、私たちが思う以上にとどまることなくすぐに成長し大人になります。
その過程においてお口の健康を損なって大人になっていく子供達がまだ少なくはありません。

責任ある小児歯科医療とは、来院された患者様が生涯にわたって快適な食生活を営むためにかかりつけ医として、生涯における管理プランをもち、可能であれば生涯において診続けることです。

生涯において限りある大切な歯を、是非私たちと一緒に守っていきましょう。

 カテゴリ:未分類

歯の本数

人の歯は全部で何本生えてくるかご存知ですか?

始めに生えてくるのが子供の歯(乳歯)で、それから交換して生えてくるのが大人の歯(永久歯)です。

生後6~9ヶ月頃に下の前歯が生え始まり、平均して2歳6ヶ月頃には乳歯が生え揃います。

そして6歳頃に下の前歯(中切歯)が萌出を開始し、12~13歳頃までに28本の永久歯が萌出します。

子供の歯は上下10本ずつの全部で20本です。

大の歯は親知らずを含めると上下16本ずつの合計32本です。
しかし、親知らずは全ての方に生えてくるわけではないので、親知らずの本数によって歯の数は変わり、親知らずのない方は上下14本ずつ、合計28本になります。

なかには、歯の本数が初めから少ない(欠損歯)方や歯の本数が多い(過剰歯)方もいらっしゃいます。

さて、今ご自身の口の中に、歯は何本あるでしょうか?

意外とご自分の歯の本数を把握されている方は少ないようです。

特に歯を抜かれた事のある方は、その後ブリッジなどの被せものをしてしまうと、お口の中を見ても歯があるように見えるので、歯の本数が分からなくなってしまうようです。

歯が抜けても
「もう年だから、歯も抜けてきちゃうでしょ」
とおっしゃる方がいます。

しかし、老化と共に歯が抜けるというのは、大きな誤解なのです。

生涯自分の歯を失うことなく、美味しく食事をされ、元気に長生きをされている方もいらっしゃいます。

年齢に関わらず、歯を失ってしまう事は大変残念なことです。

私たちグレイス歯科の願いは、生涯に渡り喪失歯をゼロにする事です。

厚生労働省や日本歯科医師会では8020(はちまるにまる)が推進されています。

昔に比べ大分浸透してきた語呂ですが、何を意味しているかわかりますか?

80歳で20本以上の歯を残す事を目標にしているものです。
なぜ20本かと言うと、20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われているからです。
だいたい20本の歯が残っていれば、硬い食品でもほぼ満足に噛めることが科学的に明らかになっています。

歯がある事は美味しく食べること、楽しく話すことに繋がり、認知症の予防など様々なプラス要素になります。

歯はとても大切な体の一部です。
歯を失ってから歯のありがたさを知るのでは遅すぎです。

ぜひ一度、ご自分の歯を手鏡などを使って数えてみてください。

歯を生涯大切にしていく為には、やはり定期検診が大切になります。

今の歯の本数をキープする為に、是非定期的なチェック、予防歯科をオススメいたします!

 カテゴリ:未分類

口内炎

口の中に口内炎が出来て辛い思いをしたことはありますか?

殆どの方が経験したことがあると思います。
口内炎が出来やすいという方も多く見掛けますし、みなさん辛い思いをしています。

「口内炎」とは、ほっぺの内側や歯ぐきなどの口の中やその周りの粘膜に起こる炎症の事を言います。
見た目は、白い膜状なものの周りが赤くなって見えます。

口内炎が出来てしまうと痛みだけではなく、食べる事、喋ることにも支障が生じ憂鬱な気分になりますよね。
歯磨きするのも嫌になります。
口内炎が出来るとあらゆる症状が現れ、精神的にも苦しいものです。

口内炎が出来る原因は不明な点もありますが、以下の項目が指摘されています。

・ストレス
・免疫力の低下
・睡眠不足
・栄養バランスの乱れ(ビタミンB2不足)
・ウイルス
・虫歯
・合わない入れ歯
・金属
・不正咬合
・唾液不足
・口腔内の不衛生
・喫煙
・全身性疾患
・胃腸の疲れ

口内炎をできるだけ発症させないようにするために、口の中を清潔に保つ事は大切です。
歯磨きやうがいを怠らず常に清潔に保つことが最も重要です。
口腔内には、あらゆる細菌が棲んでいます。その繁殖を抑えることで、発症リスクを抑える事ができます。

また、口内炎は赤ちゃんや子供にもできるものです。しかし、場合によってはただの口内炎ではなく、ウイルスが原因のケースもあります。
代表的なのがヘルパンギーナや手足口病です。

子供は口内炎ができてもなかなか的確な表現にしてくれず、特に幼児の場合はただ機嫌が悪かったり、泣いたりするだけで、親御さんが口内炎だと気づいてあげられない事があります。
食事の際に食べ物を口に入れることを拒んだりしたら、お口の中を覗いてみてください。

口内炎は身体の不調を伝える重要なシグナルになることもあります。それに気づいてあげることも重要な対処法となります。

グレイス歯科では、口内炎でお困りな方に口内炎用の軟膏クリームを処方しています。
また、口内炎を作りたくない方には口腔内ケアとしてクリーニングを行っています。

口内炎の苦しみがなくなり、いつでも笑顔でいたいですね!!

 カテゴリ:未分類