8月 | 2015 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 8月 2015

親知らず

【親知らずを抜かなければいけない場合と抜かなくてもいい場合】

「親知らず」というとみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「痛そう」とか「腫れる」とかあまりいいイメージではないかもしれませんね。インターネットで調べると、特にそんな話ばかり溢れていて、親知らずを抜くことに過剰な恐怖心を持っている人も少なくないかと思います。ただ、すべてのケースで抜かなければならない、ということもないですし、抜く場合でもすべてが腫れたり激痛を出すわけではありません。また、抜かなければならないケースでも早めの対処でなるべく症状を出さないようにすることができるのです。

親知らずとは

親知らずとは「一番奥の歯」と思っている人がいるかもしれません。しかし、親知らずは必ずしもすべての人で生えるわけではありませんので、正確には、真ん中から数えて8番目の歯、もしくは一番大きい奥歯(第一大臼歯)から数えて3番目の歯です。したがって第三大臼歯とも呼ばれています。ほとんどの場合、10代後半から20代前半頃に生え始めます。ですが、なかには30代過ぎても生えてくることもあります。昔は子供がその年齢になる頃には親が亡くなっていることも多かったために「親知らず」と呼ばれています。

親知らずの存在意義ははっきりとはわかっていませんが、硬いものばかり食べていた太古の時代には歯を酷使していたため必要であった、という説もあります。しかし、火を使うようになって食生活も変化し、やわらかいものを食べることが多くなってきた近代では顎が十分に発達せず、親知らずの生える場所が十分にできないため、トラブルを起こすことが多く、親知らずの存在価値がなくなってきたといえるでしょう。

親知らずを抜かなければいけない場合

次のような場合には親知らずを抜かなければ、のちにトラブルの元になります。

1 ちゃんと生えない
親知らずが横向きに倒れていたり、斜めで手前の歯に引っかかっている場合です

2虫歯になっている、またはリスクが高い
親知らずがすでに大きめの虫歯である、また、生え方的に将来虫歯になる可能性が高い場合、または隣の歯に虫歯を作っている、または作りそうな場合です。

3歯茎がよく腫れる
歯茎がすでに何度も腫れている場合はひどい炎症を起こす前に抜いたほうがよいでしょう。

4他の歯をずらしてしまっている
「最近、歯並びが重なってきた」というような変化が見られる場合、親知らずが原因になっている場合が多く見られます。
ただ最近は、親知らずは歯並びに影響しないのでは、という学説もあります。

5顎関節症を起こす原因となっている
親知らずが顎関節症を引き起こすことがあります。

6歯が向かいの歯茎を噛んだり、頬に当たって痛い
親知らずが噛み合っていない場合、飛び出してきて、歯茎や頬の粘膜を傷つけることがあります。

7 のう胞ができている
骨の中に埋まった親知らずの周りに袋状の影がうつる場合があります。この場合、のちにトラブルの元になりますので抜いたほうが良いでしょう。

親知らずを抜かなくてもいい場合

上のケースに当てはまらなければ、特に抜く必要はありません。逆に残しておくことで役立つ場合がありますので、他の歯と同じようにきちんとお手入れをしておくことをお勧めします。
次のような場合には親知らずを抜く必要はありません。

・きれいに生えて、噛み合って機能している場合、またはそうなりそうな場合
・骨の中に完全に埋まっていて悪影響を及ぼしていない場合

親知らずを残しておくと次のようなことに役立つ場合があります。

・手前の歯が抜歯になった場合、ブリッジをかける歯として使えることがある。
・手前の歯が抜歯になった場合、その部分に移植することができる。
・歯列矯正で、歯を動かすための支点として使うことができる。

おわりに

親知らずを抜かなければならないケース、様子を見てもいいケースは、歯科医院でみてもらえば分かります。抜かなければならないケースにおいては、痛みの出ていない、なるべく早く若いうちに抜くのが痛みや腫れを最小限に抑える秘訣です。痛くなってからでは麻酔が効きにくくなったり、症状が強く出やすいので早めに抜いてしまいましょう。

私たち、町田駅前グレイス歯科では、親知らずに対応した口腔外科もございます。
今痛くなくても、将来的に抜いたほうがよいのか?
もしくは、残したほうがよいのか?
もちろん他院様で抜くことをすすめられたが、迷っている。などなどセカンドオピニオンも行っております。
お気軽にご相談ください。

 カテゴリ:未分類

入れ歯が痛いワケ

入れ歯は歯を失ったときに行われる治療の中でも最も一般的でポピュラーな治療法です。
ただ、入れ歯のデメリットの中で「痛みが出やすい」というものがあります。もちろん、入れ歯だからといってすべてのケースで出るわけではありませんし、ずっと痛みが続くわけでもありません。
それではどのような場合に痛みが出やすいのでしょうか?

入れ歯が痛くなってしまう理由

入れ歯が痛くなってしまう理由としては次のようなものがあります。

1 作ったばかりである
作ったばかりの入れ歯というのは、違和感や痛みを感じやすいものです。また、「午前中は痛くないけど夕方になると痛くなってくる・・」というように、長時間つけていると痛みが出てくる場合もあります。

2入れ歯の内面が粘膜に合っていない
入れ歯を作って時間がたっていたり、体重の増減でお口の中が変わったり、入れ歯の内面が粘膜に食い込んでいたり、入れ歯を作った際の磨きが足らずに材料のバリが残っていたりする場合、痛みを出します。

3噛み合わせが高い
噛み合わせが高めだと、噛んだときに粘膜を強く圧迫するため、いずれ痛みがでます。

4歯茎が痩せてきた
しばらく調子よく使っていたのに痛くなってきた、という場合には、歯茎が痩せて内面に食べカスが入りやすくなって痛むようになった、ということが考えられます。

5歯茎が薄くて敏感である
歯茎が薄めの人はちょっと圧迫されただけで痛みを感じやすいことがあります。

6大きな神経を圧迫している
下のあごの前から5番目の歯の位置に相当する骨に、オトガイ孔と呼ばれる神経の出口が開口しています。骨がだんだん痩せて、オトガイ孔が上に上がってくると、義歯がその部分を圧迫して痛みを出すことがあります。

7唾液が少ない
唾液は年齢とともに少なくなります。また、ドライマウスと呼ばれる口の乾燥があると口の中がヒリヒリと痛んで、敏感になり、入れ歯の刺激に対しても痛みを感じやすくなります。

もちろん、私たちグレイス歯科では対策はあります。

痛い場合の対応策

それでは、入れ歯が痛い場合の対応策です。自己判断をせず、 歯科医院で原因を見つけてもらい、対処してもらいましょう。

1作ったばかりの場合
とても痛くてつけていられない、という場合には傷ができる前に調整を行います。

2入れ歯の内面が粘膜に合っていない
内面のフィット具合を確認し、当たりの強い部分を削って調整します。

3噛み合わせが高い
噛み合わせを調整します。

4歯茎が痩せてきた
内面の適合を調べ、隙間ができてきている場合には、材料で裏打ちをしたり、作り直しが必要になる場合があります。

5歯茎が薄くて敏感である
どんなに調整をしても痛みがなかなかなくならない人もいます。その場合はやわらかいシリコーンを使った義歯で解決できることがあります。

6大きな神経を圧迫している
神経を圧迫しないように入れ歯の内面を削って調整します。

7唾液が少ない
唾液を増やすためにはよく噛んで、よく喋ることをまず心がけましょう。そのことで唾液腺を刺激することができます。ガムを噛んだり、水分をこまめに補給することも効果的です。
また、グレイス歯科では人工的な唾液に代わる保湿剤もご用意しております。

<やってはいけないこと!>

痛い場合は自分でヤスリで削ったりせず、必ず歯科医院でチェックしてもらいましょう。入れ歯の適合というのは当たっていてもダメですが、隙間があってもだめなのです。
削りすぎると食べカスが入ってくる元になります。また、入れ歯の内面に市販の入れ歯安定剤をつけたままずっと使うのもよくありません。噛み合わせが狂ったり、歯茎がどんどん痩せる原因になります。あくまで一時的な使用にとどめ、早めに歯科医院を受診しましょう。

私たち町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、「入れ歯」と言ってもたくさんの種類をご用意しております。
痛い、臭いが気になる、パカパカする…
そんな入れ歯でお困りな方は、ぜひ当院にいらしてください。
「あなたに合った入れ歯」をご提案致します!

 カテゴリ:未分類