9月 | 2016 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 9月 2016

歯の根っこの治療

根治(こんち)って歯医者で聞いたことはありませんか?
歯医者で言う「根治」とは、
根管治療/根幹治療(歯の神経・根の治療)の意味です。
虫歯が、神経までいってしまい、奥までズキズキと痛むと
歯髄炎を起こしている可能性があります。
その場合は、表面を削ったりお薬やかぶせものだけではすみません。
麻酔をかけて神経を抜きます。
これを抜髄と言います。
そして、神経を抜いた後は、余計なものが入らないよう、仮の蓋をします。
これを仮封と言います。

仮の蓋を外しては、根管に細いファイルやリーマーと言う器具を用いて
少しずつ入れて、わずかに拡大しつつ菌を出していきます。

歯髄の根は細く分岐していたり、曲がっていたり、側根が網の目のようになっています。
しかし、根気よく医師も患者さんも治療を継続し、しっかりと
キレイにすることが大切です。

根治⇔仮封を繰り返し、きれいな状態になって、最後に薬をつめます。
これを根充と言います。
ここまでくると次は型をとって、かぶせ物を作っていくといった流れになりますが、
その後2年くらい再発がないか等の経過観察をしていく必要があります。

何はともあれ、そこまでほっておかないということが、
一番大切なことです。
日ごろの定期健診ももちろん、痛いな?と思ったら手遅れになる前に、
歯医者にいって少しでも早期治療で済むようにしましょう。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では、最新のニッケルチタンファイルやWAVE ONEを用いて根っこの治療もしております。
もちろん保険適用で使わせていただいておりますので、お気軽にお問合せくださいね。

 カテゴリ:未分類