7月 | 2018 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 7月 2018

歯周病

歯周病とは、歯の周りの歯周組織に炎症が起こっている病気の総称です。

炎症が歯肉だけに収まっている状態を歯肉炎といいます。この状態を長らくそのままいしていると

やがては歯を支えている骨を溶かし、結果的に歯を失う原因となります。

・歯肉炎
  
  歯肉炎は歯磨きの際に出血を伴ったり歯茎が熟れたように赤紫色に変色したりします。

  また、口臭の原因にもなったりします。
  
  歯肉炎はごく一般的な症状で多くの人に見られますが、自覚症状に乏しくどんどん歯肉炎の症状が

  進行してしまい歯を支える歯槽骨が壊れていく歯周炎になってしまいます。
  
  歯周病は歯を失う最も大きな原因です。ですので歯肉炎の段階でちゃんとケアをしていきましょう。

歯肉炎が起こる原因は口の中に住む細菌によって作り出されたプラーク(歯垢)原因と言われています。

プラークとは、細菌の集まった塊のようなものです。

唾液や食べかすが混ざりあった歯の表面の付着物などを栄養源として増殖します。

粘着性があり歯と歯の間や歯茎の部分に溜まりやすくなっています。

プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

こうなるとブラッシングだけでは取り除くことができません。

この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素出し続けます。

他に歯周病を進行させる因子があります。

 1、不規則な食習慣

 2、喫煙

 3、ストレス

 4、歯ぎしり、くいしばり、かみしめ

 5、薬の長期服用

・歯周病になってしまったら主な治療法

 歯周病の治療は様々ありまして、病気の程度や個人の希望に合わせて、一人ひとりに合うものを選びます。

 主な治療法としては、以下のようなものが挙げられます。

 1、スケーリング

   歯に付着した歯石を、スケーラーと呼ばれる器具で除去する治療法です。

   多くの場合はハンドスケーラーというタイプのものを使います。

   その他にエアースケーラー、超音波スケーラーがあり、それぞれ沈着状況・部位に等に応じて使い分けます。
 
 2、薬物治療

   抗生物質を服用することで、体の中から歯周菌に対してアプローチする方法です。

   薬物療法はあくまでほかの治療のサポート的な役割しか果たせません。現状では、薬物治療だけでの

   完治は難しいです。

  歯周病は治せる病気です。

   食生活の変化や高齢化の進行にともなって、歯周病割合は年々増加していますが、歯周病の原因と

   対処法も明らかになっています。その為には、歯肉炎にまで進行するまでに早期発見が重要となります。

  町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では歯周病治療の診療も行っていますので、

  どうぞお気軽にお越しください。

 カテゴリ:未分類

フッ素

フッ素塗布で虫歯予防

お口の中の汚れを歯磨きだけですべて落とすことは、かなりの時間を要するため、非常に難しいとされています。そこで虫歯予防の一つとして、歯科医院では定期的にフッ素塗布が受けられます。フッ素塗布を取り入れるとなぜ虫歯予防に繋がるのでしょうか。

ここではフッ素塗布の効果や回数、メリットについてご紹介します。

フッ素塗布の効果

虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。

1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける

2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする

3. 酸の生成を抑える

乳幼児・子どもへの効果

「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の表明が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

成人への効果

歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

フッ素塗布の方法や回数

塗布の必要な回数はお口の状態によって異なりますが、1年に2~4回の塗布を継続することで20~40%程度の虫歯の予防効果があるとされています。

【医療機関で受けるフッ素と、歯磨き粉剤に含まれるフッ素の違い】

これら2つの違いは、フッ素の濃度にあり、期待できる効果も少し異なります。歯科や市町村の保健センターなどの医療機関で使用する高濃度のフッ素(9,000~123,000ppm)は、歯質の強化を特に期待することができます。一方で、薬局やスーパーなどで販売されているフッ素配合の歯磨き剤などに含まれる低濃度のフッ素(500~1,000ppm)は、使い続けることで再石灰化の促進や酸を作る力を抑えることを期待することができます。これらを併せて行うことで、虫歯予防の効果がより高まります。

町田駅前グレイス歯科では土日祝日診療しています。大人も子供も無料でフッ素塗布を行っております。
提携の駐車場もありますので安心して御来院下さい。

 カテゴリ:未分類

親知らず

今回は親知らずについて説明していきます。

親知らずとは大臼歯(大人の奥歯)の中でも最も後ろに位置するはであり、

第三大臼歯が正式な名称で智歯とも呼ばれています。

この親知らずは、前歯から数えて八番めにあたり、永久歯の中で最後に発育します。

親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だといわれています。

<親知らずはいつ生えてくるのか?>

 親知らずの生える時期は一人ひとり異なりますが一般的には18歳ぐらいで生えてくると考えられています。

 しかし、実際に親知らずが生える時期は人によって異なります。

<なぜ親知らずが生えるのか?>
 
 これは進化の過程の名残でかつては硬い物を食べるためにしっかりとした顎と32本の必要であったためです。

 今、現在の食生活の変化で柔らかい物を食べるようになって、それらが必要なくなり32本のうちの4本である親知らずの存在が

 要らないものとなり、それに伴い顎も小さくなったため、生えてこないということが起こるようになりました。

<親知らずが生えてくる人生えてこない人の違い>
 
 親知らずには個人差があり生えてくる人来ない人がいます。
 
 親知らずはだいたい10代後半から20代前半に生えてくる可能性があるのですが
 
 こぐらいの年代に差し掛かりますと成長をおえて成熟している頃です。

 ということは、顎の大きさもこの時点で決まってきます。

 この顎の大きさによって、親知らずが必要かどうか体が判断するわけなのです。

 他には遺伝も関係していると言われています。

 <親知らずが生えてきたら>

 もし親知らずが生えてきて、その歯がまっすぐほかの歯と同じようにきれいに生えてきた場合には

 抜く必要がありません。

 そのときに上下の歯で噛み合っているのが理想です。

 このような場合には食事でも役に立たち、他の歯の負担軽減にもなるので、抜かずに大事にしましょう。
 
 しかしもしも生えてきた親知らずが斜めや横向きに生えてきて、歯茎を被っている状態なら抜く事をおすすめします。

 このような状態の親知らずはトラブルのもとになります。

 1、虫歯になりやすい
   
   歯ブラシがどうしても届きにくいため、虫歯になりやすいです。
   
   親知らずが虫歯になるだけではなく、手前の歯まで虫歯になってしまう可能性があります。
 
 2、智歯周囲炎になりやすい

   半分だけはえていて歯磨きがしずらい為周囲の歯茎が腫れて炎症を起こしやすいです。
   
   強い炎症を繰り返していると、そこから膿が出てきます。この状態を放置していると、親知らずの周りの歯槽骨も

   徐々に溶けてしまいます。歯槽骨は他の歯と共有しているので、手前の歯までも歯周病になってしまう可能性もあります。

 このように親知らずを残しておくのはトラブルのもととなります。
 
 そのため親知らずの抜歯をおすすめしますが、抜歯後のデメリットといたしまいて

 抜歯後、数日腫れや痛みを伴います。

 腫れるピークは1~3日ほどです。特に下の親知らずは歯槽骨が硬く、抜きづらいため腫れが長引くことがあります。

 痛みは抜歯中、抜歯直後は麻酔がきいているため、痛みを感じませんが

 麻酔の効果が切れた後に痛みが出ることがあります。この場合処方される抗生物質、痛みどめを用法・用量を守って服用しましょう。

もし親知らずでお悩みの方がいらしゃいましたらどうぞお気軽に

町田駅前グレイス歯科にお越しください。口腔外科認定医や歯学博士も常駐しております。

 

 

 カテゴリ:未分類

マウスピース・ナイトガード

特に、虫歯ではないのに歯が痛む、起床時にアゴの痛みがある、このような症状がある場合、就寝中の歯ぎしり、食いしばりが原因の可能性が考えられます。
このような時に有効とされているのが、寝ている時に使う就寝用のマウスピース・ナイトガードです。

・ナイトガードとは、夜間寝ている間に歯ぎしり・食いしばりから歯を保護する目的で患者さんのお口に合わせて作るシリコン製のマウスピースの事です。
この、ナイトガードで得られる効果は、
1、歯のすり減りを防止する(その代わりにナイトガード・マウスピースが摩耗し削れる)

2、歯の位置を保定する
   歯を削ることなく噛み合わせの調整を行えます。おもに本格的に噛み合わせの治療にはいる前に使用します。
3、顎関節の負担軽減
   歯ぎしり・食いしばりの癖によって顎に負担がかかり、顎関節症をおこしている場合は、マウスピース・ナイトガードを使って改善を図ります。
4、補綴物等の保護 
   歯ぎしりや強い食いしばりから詰め物や被せ物などの補綴物の破損を防ぎます。
5、筋肉の緊張を緩和する
   歯ぎしりをすると、思いがけない力を込めるために肩、首、頭にまで緊張が広がり、肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。
   体に負担んがかかった状態なので、体が重いと感じたり、目覚めが悪くなったりすることもあります。
   マウスピース・ナイトガードを装着することで歯ぎしりによる体への負負荷を軽くし、筋肉の緊張も和らげることができ、肩こりや頭痛が軽減されます。
   朝目覚めよくスッキリ起きれるようにもなります。

このようにいくつか利点があります。しかしナイトガード・マウスピースをしても歯ぎしり・食いしばりはなくなりません
また、装着時に違和感があるのが欠点で就寝時知らぬ間にはずしてしまう方もいます。しかし、リラックス効果もあり使用しなれてくると使用した方が安心して寝れる方もいます。

・ナイトガード・マウスピースをおすすめする方の特徴
 1、歯ぎしりを指摘される方
    身近なひとから歯ぎしりを指摘されたら、はぎしりをしているのは確実です。
 2、顎に痛みがある
    顎の関節や周囲の筋肉が痛いという場合は顎関節症を起こしている可能性が高いです。
    マウスピース・ナイトガードで顎関節への負担を減らし、筋肉の緊張を和らげることで改善へ向かいます。
3,歯が異常にすり減っている
    強い力で歯ぎしりすることで歯の噛む面が咬耗していきます。咬耗が進むと歯がしみてきたりします。
    ナイトガード・マウスピースで悪化を防ぐことができます。
 4、詰め物、差し歯がよく脱離する
    就寝時の歯ぎしりが原因になっていることが多くナイトガード・マウスピースで歯を守ることでなくなります。

 上記に該当する方はご気軽にご相談ください。大学病院でマウスピースを研究していた歯学博士も在籍しております。
 カウンセリング等も行っていますのでお気軽に当院にお越しください。
 
   町田駅前グレイス歯科・矯正歯科 

 カテゴリ:未分類