2月 | 2019 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 2月 2019

歯原性菌血症と歯周病

 歯原性菌血症という言葉をご存知でしょうか?
あまり聞いたことがない方がほとんどだと思います。
歯原性菌血症というのは、口内細菌のうち歯周病などの悪玉菌が
口の中の血管内にいき、悪玉菌が血液の流れにのって全身にまわることをいいます。
動脈硬化の原因といわれ、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気になります。
ほかにも、糖尿病、アルツハイマー認知症なども歯原性菌血症が
原因ではないかといわれており、最近の遺伝子解析技術の進化で血管病変のなかに口内の悪玉細菌が見つかるようになりはじめています。
歯原性菌血症にならないようにするには口腔ケアをしっかり行うことが大事です。
口腔ケアにはセルフケアとプロフェッショナルケアがあり、セルフケアとは
自分で行う歯磨きのことです、歯を磨かない人はいないと思いますが、
磨き方が間違っていたり、歯ブラシが自分の歯に合わなかったりして歯垢が
残ってる場合が多いと思います。
なので、歯科医院に行って歯科医や歯科衛生士に自分にあった歯ブラシ、
磨き方を教えてもらうと良いでしょう。
また、デンタルフロスや歯間ブラシも使用すれば歯垢残りが減ると思います。
最近はいろんな商品があるので必ず自分に合ったものを選びましょう。
プロフェッショナルケアとは歯科医師、歯科衛生士のケアのことで歯の状態や歯茎の状態、
歯周病になっていないかなどのチェック、セルフケアでは磨けない歯の隙間汚れ、
たまってしまった歯石の除去します。
歯垢と歯石の除去の処置はスケーリングといいます。スケーラーという道具を使用し、
歯の表面に付着した歯垢や歯石の除去を行います。歯石はセルフケア,簡単に言うと自分では
除去できないのでプロフェッショナルケアをするしかありません。スケーリングが終われば歯がつるつるになり効果が実感できると思います。
セルフケアとプロフェッショナルケアを同時に習慣化しなければ意味がありません、セルフケアは毎日しなければなりませんが、プロフェッショナルケアは1から3か月に一度行うのが理想的です。
定期的にプロフェッショナルケアを受ければ歯原性菌血症の予防にもなりますし、
虫歯の早期発見、早期治療につながります。
日本ではプロフェッショナルケアがあまり普及していませんが、欧米や北欧では歯の疾患予防の為に8割が歯科医院に通っています。時間があるときに歯科医院にて診てもらいましょう。

1年ぐらい歯科医院に行ってないのでプロフェッショナルケアを受けようかなと思ったらグレイス歯科までお電話ください。当院では土日、祝日も営業しており、朝9時から夜20時まで(新館は朝10時から夜21時間で)診療しております。歯周病にも強い先生もおりますのでお気軽にご来院ください。

 カテゴリ:未分類

赤ちゃんの歯磨き、いつから始める?どうやって進める?

生後5~6か月ごろに離乳食がはじまり、早いお子さまで、生後6か月ぐらいから歯が生え始めます。
「離乳食も始まったし、歯磨きもした方がいいのかな?」「始めようとしたけれど、嫌がってしまい十分にできない…」
といった悩みを抱えているお父さん・お母さんも少なくないでしょう。
今回は、赤ちゃんの歯磨きを始める時期、始め方・進め方についてお話します。

下の歯が生えてきたら歯みがきスタート!

赤ちゃんの歯は、生後6~9か月ごろに下の前歯から生え始めます。
次いで、上の前歯、その両側、さらに奥へ…と生えていき、2歳半ごろに20本の乳歯が生え揃います。
おしゃべりやハイハイなどと同じで、歯の生え方にも個人差があります。周りの子に比べて遅い・早い…といった場合も、あまり心配しないようにしましょう。
歯みがきは、この歯の生え始めの時期からスタートします。

歯みがきに慣れること・興味を持つことが目標

赤ちゃんの歯磨きは、口の中をきれいにすることだけが目的ではありません。歯の汚れは唾液の自浄作用によりきれいになります。
歯みがきをスタートした時期は、赤ちゃんが歯みがきに慣れてくれること・興味を持ってくれることが、主な目的となります。
仰向けの状態や口の中に歯ブラシを入れることへの抵抗を少なくし、歯磨きが楽しいものだということを教えてあげます。

歯みがきトレーニングの方法

はじめは、清潔な手で口のまわりに触れることから始めます。
赤ちゃんが嫌がっていないことを確認しながら、ガーゼで歯を拭いてあげるのが次のステップです。行うのは1日1回、夜寝る前が理想です。
上の前歯が生えてきたら、歯ブラシを使った歯磨きがスタートです。月齢にあった赤ちゃん用の歯ブラシで磨きましょう。
キャラクターものの歯ブラシを使ったり、お父さんやお母さん、きょうだいといっしょに磨いたり、歯磨きの時間が楽しくなる工夫を試してみてください。

どうしても歯みがきを嫌がる赤ちゃん

どんなに手を尽くしても、お子さまが歯みがきを嫌がる場合には、一度小児歯科に相談してみてはいかがでしょうか?
小児歯科では、乳歯の生え始めたお子さまから診療の対象です。
歯みがきの指導はもちろん、赤ちゃんの歯の成長や口・顎の発達を見守り、適切な予防を行っていくことができます。

 カテゴリ:未分類