4月 | 2019 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 4月 2019

歯の詰め物について(オールセラミックス)

オールセラミックスのメリット

歯を治療して削った後はどのような詰め物、被せ物を入れるでしょうか。補綴物には色々な種類があります。その中にオールセラミックスというものがあります。
そこで今回はオールセラミックスの利点について説明します。
オールセラミックスは透明性に高い材質でできています。そして、天然歯と見た目がそっくりに仕上がります。当院では、歯のお色味のサンプルとなるシェードガイドを使用して隣接の歯と色を比べて、どのような色が合うのか確認してから
審美的に違和感のないように製作しています。なので歯の見た目や、色が気になる人などにおススメです。もちろん金属ではないので金属アレルギーのデメリットもありません。
もうひとつは歯の寿命も金属の補綴物と比べ長いです。
例えば、噛み合わせが強く対合歯が天然歯の場合、金属の補綴物だと天然歯より硬いため、天然歯がどんどんすり減ってきたり、削れてきたり、最悪の場合は強い噛み合わせによって歯質にヒビが入ってきて割れてきてしまったりもします。
オールセラミックスは金属の補綴物よりも硬くないので、天然歯を傷つける心配もありません。
さらに、虫歯の再発予防にもなります。金属の補綴物の場合、天然歯との接着性が少し劣るので、天然歯と金属の補綴物から細菌が入り込んで再度虫歯になる可能性もあります。オールセラミックスは天然歯との接着性が良いので金属の補綴物と比べ虫歯の再発のリスクも少ないです。
しかし、オールセラミックスのデメリットは金属の補綴物と比べ、金額が高いところです。確かに金属の補綴物と違い、自費の物になってしまいますのでお値段がやや高くなってしまいます。
金属の補綴物もリスクばかりではありません。歯磨きや、口腔内のお手入れをしっかりすれば、ずっと長持ちします。
当院で治療だけでなく、検診、スケーリング、無料フッ素塗布なども行っておりますのでお気軽に町田駅前グレイス歯科・矯正歯科までお問い合わせください。お待ちしております。

 カテゴリ:未分類

歯磨き、歯ブラシ フッ素

歯ブラシには毛の硬さやヘッドの大きさのなど口の大きさ、歯並びなどに合わせれるよう多くの種類があります。歯ブラシは歯垢を除去するものでしっかり歯垢を除去できるものを選びましょう。
毛の硬さはふつう、やわらかめ、かための3種類あり、やわらかめは歯茎から出血ある人でもみがくことができ、かためはしっかりみがきたい人に最適です。ただし、強く磨きすぎると歯が削れてしまいます。また持ちやすさや握ったときのフィット感なども重要です。自分に合った歯ブラシがわからなければ歯科医や歯科衛生士に相談して自分に合ったものを見つけるのもお勧めします。最近は電動歯ブラシを使用している方も多いと思います、電動歯ブラシは適切に使用すれば簡単にみがけ、短時間で効率的にみがけます。電動歯ブラシにも種類があり、電動歯ブラシ、音波振動式電動歯ブラシ、超音波歯ブラシがあります。
歯ブラシも重要ですが歯磨き剤を使用することで汚れや歯垢の除去を効果的にできます。
歯磨き剤を使用することで歯垢の除去だけではなく、歯石を防ぐ効果や口臭予防、歯を白くすることができます。歯磨き剤の主な成分は湿潤剤、清掃剤、発泡剤、香味剤、粘結剤、薬用成分でつくられていています。薬用成分の入ったものは医薬部外品でむし歯の予防、歯肉炎、歯周病の予防、たばこのヤニの除去に効果があるものがあります。
歯磨き剤にもいろいろ種類があるので歯ブラシと同じで自分に合ったものを選びましょう。
知覚過敏用や歯周病用など自分の口の状態や目的に合うもがあります、子供は子供用の甘い歯磨き剤を使用すれば毎日たのしく歯磨きをしくれると思います。最近ではティラミス味の歯磨き剤など子供だけではなく大人でも使用してみたくなるものもあります。
歯磨き剤の90%に配合されているフッ素が配合されています、フッ素は歯や骨をつくる役割を果たしており、むし歯予防に効果的です。アメリカでは水道水にフッ素を添加してあり日常的に摂取できるようになっています。
フッ素の効能は再石灰の促進、歯の質の強化、酸がつくられるのを抑えるが挙げられます。
歯科医院でも高濃度のフッ素を塗布することができ、乳幼児の歯のやわらかいときに塗布します。

自分にあった歯ブラシ、歯磨き剤を使用し、毎日歯磨きしても汚れや歯垢を完全に除去することは難しいです。3か月に一度でよいので歯科医院で行う歯のクリーニングを受けましょう。
町田駅前グレイス歯科では、無料フッ素塗布をおこなっております。大人も子供も虫歯予防に有効です。ぜひお気軽にお越しください。

 カテゴリ:未分類

ブラッシング指導ってどんなもの?歯磨きのコツ、ちょっとだけ教えます

歯ブラシの選び方

ひとえに歯ブラシといってもヘッド(歯ブラシの毛のついている部分)の大きさ、毛の硬さ、毛の太さ、歯ブラシの柄の形状など、色々な種類があります。

歯並びや歯の大きさは人によってそれぞれです。自分に合った歯ブラシを選ばないと、毛先がしっかりと歯に当たらず、歯垢を除去することが難しくなります。硬すぎる毛質のものや大きすぎるヘッドのもので歯を磨くと歯茎を傷つける恐れもあります。歯ブラシを選ぶ際のポイントについてみていきましょう。

歯ブラシ選びのポイント

  • ヘッドは小さめのもの
  • 毛が平らに生えているもの
  • 毛の質はナイロン
  • 毛の硬さはふつう
  • 柄がまっすぐのもの
  • 歯周病予防には毛の細いものがおすすめ

基本的にはヘッドは下の前歯3 本分の大きさの小さめのもので、毛は平らに生えているもの、柄はまっすぐのものがよいといわれています。毛の質はナイロンで硬すぎずやわらかすぎないものがよいでしょう。硬すぎると歯茎を傷つけてしまい、やわらかすぎると歯垢をしっかり落とすことができません。歯周病予防のためには、歯茎と歯の間をブラッシン
グしやすい毛の細いものがおすすめです。

歯ブラシを変える目安

歯ブラシの毛先が開いてしまうと、毛先が歯に当たらず、ブラッシングの効果が落ちてしまいます。だいたい2~3 か月に1 回のペースで、毛先が開いたら歯ブラシを取り換えましょう。あまりにも早く歯ブラシの毛先が開いてしまう場合は、力の入れすぎや研磨剤の使い過ぎも考えられます。研磨剤の使用は適量にし、力を入れすぎないように注意しましょう。

歯ブラシの持ち方・動かし方

歯垢を除去しやすい歯ブラシの持ち方、動かし方を確認しましょう。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシを握り込むと力が入りすぎて歯茎を傷めてしまいますので、鉛筆を持つように軽く持ちましょう。前歯の歯と歯の間を磨くときには、親指と人差し指で持って歯ブラシを縦に持つと効率よく歯を磨くことができます。

歯ブラシの動かし方

歯ブラシの毛先を歯に垂直に当て、軽い力で細かく動かします。大きく歯ブラシを動かすと、毛が歯に押し付けられてしまい、毛先で歯垢をとらえることができません。

歯と歯の間、歯と歯茎の境目など、歯垢が付きやすくとりにくい場所は鏡で確認しながら毛先を当てて丁寧にブラッシングしていきましょう。下の前歯の裏側、奥歯の外側など、歯石が付きやすい部分も意識して磨くようにしましょう。

歯ブラシを細かく動かすことが難しい高齢者の方や手が不自由な方は電動歯ブラシを用いてブラッシングすることもおすすめです。

 カテゴリ:未分類