6月 | 2019 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 6月 2019

カリソルブ

今回のテーマはカリソルブです。

まずカリソルブとはなにか?ですが、
歯を器具で削る変わりに薬剤を塗布して虫歯を柔らかく溶かして、削らずに取り除く治療方法になります。

薬は虫歯のみに作用するので、虫歯になった部分以上に削らずに済む可能性があるので、
歯を削る音が嫌だったりする方には、適した治療方法の一つになります。

そして治療した部分はカリソルブの効果で抗菌性をもちますので、
再度虫歯になりにくくなります。

そして麻酔を使わなくても済むことが多いため、
麻酔が苦手だったり、麻酔を使うことができない方にも有効な治療方法になります。
(虫歯が歯の神経近くまで進行している場合は麻酔を使うこともあります。)

ただし保険適用外となってしまうので費用がかかってしまうのと、
虫歯薬剤で柔らかく溶かして取り除くため、
通常の治療よりも期間がかかってしまうことがあります。

どんな虫歯の状態にカリソルブが使えるかと言うと、
C1という状態からC2という状態の範囲内が基本的な適用範囲になります。
(C1:歯の表面の虫歯でエナメル質上にとどまっている初期虫歯の状態
 C2:エナメル質の下の層の象牙質にまで虫歯が進行している状態で、冷たい物がしみたりする事があります。)

これ以上のC3やC4まで虫歯が進行しいてると適用外になってしまうことがあります。

つまりは、虫歯が神経まで到達していない状態までが最もカリソルブでの治療の効果がでますし、
効果範囲内ということになります。

最終的には虫歯を取りきった部分に詰め物をして穴を塞ぎます。
プラスチックや金属もしくはセラミックスで蓋をすることになります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科ではカリソルブの治療を行う事が可能です。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

上顎洞炎と歯性上顎洞炎

今回は上顎洞炎についてふれたいと思います。

まず上顎洞とはなにかですが、
副鼻腔の一つで、上顎の上にあり、鼻の周囲の空洞になります。

その上顎洞の粘膜が細菌感染を起こし、炎症に起こした状態を上顎洞炎と言います。
もしくは副鼻腔炎とも呼ばれます。

上顎洞炎になると上顎洞内に膿が溜まりますので、
鼻づまり、頭痛や頭部の圧迫感、頬が張ったような感覚等の症状がでます。
そして歯が起因している場合は歯の痛みを伴うこともあります。
歯が原因の上顎洞炎の場合は歯性上顎洞炎と呼ばれます。
そしてこの上顎洞炎が長引くと蓄膿症と呼ばれたりもします。

上記でも紹介しましたが上顎洞炎の症状の一つとして鼻がつまったり、黄色い鼻水が出たりするので、
歯医者ではなく耳鼻科だろうと思うかもしれませんが、
歯が原因となることもあります。

どういった歯の状態が上顎洞炎を引き起こすかというと
まず上顎の奥歯の根の先は上顎洞に近接しているます。
そして歯によっては歯の根っこが上顎洞内に入り込んでいることもあります。
ただ健康な歯が原因で上顎洞炎をになることはありませんが、
歯周病が原因で歯の周りに溜まった膿や、神経を取った歯の根っこの先に溜まった膿を放置したり、
深い虫歯で歯の神経が壊死を起こしている歯を放置してしまったり、抜歯後の傷口の不衛生等が原因で
細菌が上顎洞内に侵入し上顎洞が感染・化膿し歯性上顎洞炎となってしまいます。

歯性上顎洞炎になってしまった場合の治療方法ですが、
抗生物質の長期服用と消炎鎮痛剤の併用があります。
同時に原因となる歯の治療もしなくてはなりません。
虫歯や根っこの先に膿がたまっているのが原因ならば感染根管治療をします。
しかしがながらこれらの治療でもよくならない場合は抜歯をして原因の膿を直接とり除く必要があります。
場合によっては耳鼻科での外科的手術が必要になることもあります。

上顎洞炎は治療をせずに放置してしまうと自然と治ることはないので、
早めに治療をしていかないとより症状が重くなってしまうこともあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、CT設備を完備しており立体的に上顎洞を見ることができるため、
通常のレントゲン写真を使うよりもさらに精密な診断ができますので、
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

(またCT撮影は通っていただいている患者様は無料で撮影できますので、お声かけください。)

 カテゴリ:未分類

歯科検診

今回は歯科検診がテーマです。

4月になり、新生活が始まる方も多いかと思います。
子供がいる家庭だと新しい学年になったり、入学式だったりがあります。

そして子供の時に学校で新しい学年のスタートには健康診断があり、
そこで合わせて行われる歯科検診もありますね。
歯科検診が始まったのは、1920年からとされています。
そして1931年に学校歯科医及幼稚園歯科医令が公布され学校歯科医の制度ができました。

そしてこの歯科検診で一年間歯医者に通っていなくとも、お口のケアをさぼってしまうと、
むし歯がみつかる可能性もあります。

特に乳歯は永久歯に比べると歯の丈夫さに差があります。
歯の一番外側を覆うエナメル質とその内側にある象牙質の厚みが2倍近く差があります。
そして生えたての永久歯も同様にまだ組織が完成していないため、脆さがあります。
そのため虫歯になりやすいので、毎日のケアが非常に大事です。

初めて生える永久歯は6歳臼歯とも呼ばれる第一大臼歯(親知らずを含めない奥から2番目の歯)になります。
そしてこの歯が将来物を食べるのに最も使う大事な歯になります。
そして歯並びの起点にもなります。
この第一大臼歯は完全に生えるのに1年近くかかるため、その間は特に毎日のケアを大事にして、
むし歯や歯周炎から守ってあげる必要があります。

しかしながら大人に比べると子供は歯に対する意識が高くないため、
しっかりと大人がサポートをしてあげないとお口のケアをさぼってしまうことがあります。
特に歯は他の組織に比べると痛みを感じにくく、痛みを感じるようになった時には、
歯の神経までむし歯が到達してしまっている状態になるので、そうなる前に予防をしておくことが大事になります。

子供の歯の予防法としては、毎日のブラッシングに加えて定期的なフッ素塗布があります。
定期的にフッ素を塗布してあげることにより、脆い乳歯や生えたての永久歯の歯質の強化をすることができます。
市販のフッ素を塗布することも効果的ですが、歯科医院で扱っているフッ素剤の方が濃度が高いため、
家で行うよりもより効果的になります。
そして1年間の学校検診に加えて歯科医院で定期的に検診を受けることにより、
むし歯ができたとしても、早期発見につながるため軽度な治療で済む可能性があります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯の定期検診を随時受付ています。
フッ素塗布に関しては無料で行っています。加えて小児歯科の歯科医師もおりますので、
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 カテゴリ:未分類

お口が開いたままと歯並びの関係

 お口ポカン
読んで字のごとく、皆さんの周りにこの様な状態になっているお子様はいらっしゃいませんか?
近年、このような状態の子どもたちが増えています。
 
なぜ、『お口ポカン』になってしまうのでしょうか?
舌の癖と密接に関わっています。
舌が正しい位置に収まっていないと、歯、上下の顎の骨へ対し悪影響を与え、『開咬』(かいこう)という、
奥歯だけが噛んでいて、前歯が閉じていない状態になります。
そのほかにも、乳歯の前歯が早期に抜けてしまったり指しゃぶりの癖が取れなかったりと他の要因も
影響してきます。
 
 
『お口ポカン』はなぜ悪い?
 
お口が開いたままになっていると、閉じている時よりも当然乾燥気味になり、むし歯やウィルスの好む環境に
なり、むし歯やウィルスの働きが活発になり、さらには増殖したウィルスや菌は口臭の原因にもなります。
また、乱れ始めた歯並びはさらに乱れていき、噛み合わせの不調、セルフメンテナンスもしずらくなり、さらに
むし歯・歯周病のリスクはさらに高くなります。
 
 
子どもを『お口ポカン』にしない為には?
 
歯科的にこういった症状が見受けられた場合にはMFT(筋機能療法)というものを行います。
内容は、お口の周りの筋肉を使った体操や、舌を使った体操をレクチャーしておうちに帰って練習して頂きます。
唇を閉じる筋肉や、舌が正しい位置に収められるようになっていきます。
 
 
 
うちの子『お口ポカン』の兆候があるかもと、思われた方いらっしゃいますか?
これを機に、むし歯のチェックやクリーニング(歯石取り)と共に歯医者へ受診のご予約をしてみてはいかがでしょうか?
 
 
町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では地域の皆さまが通いやすいよう朝9時~夜21時まで月曜から日曜まで祝日も休まず診療しております。
当院では予防歯科にも力を入れており無料フッ素塗布(フッ素を塗ると大人も子供も虫歯になりにくくなります。)やシーラントと言った
予防歯科も保険治療で行っておりますのでお気軽にご来院下さい。

 

 カテゴリ:未分類