10月 | 2019 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 10月 2019

歯の矯正治療の種類と注意点

子供の矯正治療は前期で1〜2年前後、生え替わり期間に通院、本格治療は2年前後、歯が綺麗にならんだらそれを維持する保定になります。(前期治療で終わることも多いです)

矯正のはじめた時期や状態にもよりますが治療は長期になります。

本格治療時にブラケットを装着し治療するときは慣れない矯正治療装着で歯磨きがやりにくいなどあると思います、矯正装置が付いていると歯垢がつきやすくなり細菌も増えるので歯磨きをしっかり行う必要があります。また食べ物にも注意が必要です、硬い食べ物や歯にくっつきやすい食べ物は装置が破損する恐れがあります。治療中にむし歯になると矯正装置を外して治療になる場合があり、矯正した歯が戻ってしまうこともあります。

 矯正治療中にブラケットやワイヤーが唇や頬の内側にあたって口内炎ができることもあります。そのようなときは矯正装置がつかないようにする保護材があります、シリコンや蝋でできていてこの保護材で矯正装置でカバーします。

装置の破損したときは歯科医院に装置を持って行ったほうがいいので処分しないでください。矯正装置が外れたときは詳しい状態を歯科医院に連絡してどうすればよいか指示を受けましょう。

矯正治療は子供や本人の理解が必要です、親だけが理解しても子供が理解していないと良い治療になりません、わからないことがあれば歯科医師に何でも質問し、子供にわかりやすく説明できるようにしましょう。

当院ではワイヤーのブラケット型だけではなく、

マウスピース型の矯正(インビザラインやクリアライナー、ASOアライナーなど)の方もかなり多くいらっしゃいます。

マウスピース型であれば上記のデメリットがほぼ解決できるのと、治療費が安くなることが多いです

矯正治療に関して、何かご不明点などあればお気軽に当院にご相談下さい。

町田駅前グレイス歯科 矯正歯科

 カテゴリ:未分類

虫歯の治療について

むし歯の治療は以前なら歯を削り、神経や歯をを抜くこともありましたが、現在は歯を削ったり、神経や歯を抜いたりせず治療できるようになりました。(もちろん例外はあります。)歯を抜くことでほかの歯まで悪い影響がでる場合があります。歯をできるだけもとの状態で残すことは口の中の健康を維持することになります。むし歯の治療は痛いイメージがありますが小さなむし歯を削る機械や、修復材料の性能の向上など機械や材料が進歩したことで痛みが少なく、できるだけ歯を保存することができる治療が可能になりました。
むし歯の病態がわかるようになってきたので初期のむし歯であれば再石灰化することがわかってきました。初期のむし歯はまだ穴が開いていないので歯の表面に付着しているプラークを器具で取り除いてフッ素塗布して再石灰化を促すことができます。初期のむし歯ではむし歯の原因(むし歯リスク)を調べ生活習慣を改善することも重要になります。
次にC1という段階にむし歯が進行すると、歯の表面に黒い点や白い濁りが見える状態になります。まだむし歯は歯の表面のエナメル質にとどまっているので削るかどうかは歯の状態やむし歯リスクがどれだけ高いかなどを検討して決めます。
次のC2の状態になると歯の表面に穴が開き黒く見えます、虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達しているため、冷たいものがしみたり、噛むと痛いなどの病状がでてくるので歯を削らなければなりません、削って形を整えプラスチック樹脂のコンポレットレジンを詰めたり、インレー修復というパラジウム合金製の詰め物します。
町田駅前グレイス歯科では歯をなるべく保存する分野で、博士号を持つ歯科医師もおります。
お気軽にご質問ください。

 カテゴリ:未分類