3月 | 2020 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 3月 2020

虫歯はほっといても治らない!

むし歯になって歯科医院に行けば治ると思っていませんか?むし歯でも表面のエナメル質が溶け出す初期のむし歯はフッ素入り歯磨きを使用することでエナメル質が修復し治りますが、エナメル質に穴があき、その下の象牙質に到達したものは体でいうと傷を負った状態と同じです。体の傷は血がでて固まりかさぶたができて傷が治りますが、エナメル質や象牙質は血管がないので血が出ることはなく、穴があいたらそのままになります。そのままにしておくとむし歯は進行するので削って詰め物を入れたりします。痛みはなくなり虫歯の進行は止まりますが、その詰め物の周囲に歯垢が付きやすくそこからむし歯になったりします。このことを2次う蝕といい、歯医者にくるかたの大半ともいわれています。詰め物をすれば大丈夫と思われている方も多いとおもいますが詰め物をするとより歯垢の除去を心掛けなくてはなりません。治療を繰り返し神経を抜くと歯が弱くなり結果的に歯を抜くしかないと状態になります。
年齢を重ねれば歯は無くなってしまうとあきらめている人もいると思いますが、きちんと悪くなる前に対処すれば歯は長持ちします。健康長寿になるにはなんでも食べれるように口腔ケアをして歯の健康を維持しましょう。虫歯は痛くなってから歯科医院に行くのではなく、虫歯にならないように歯科医院で定期健診を受診されるのをおすすめします。定期的といっても3か月に一度なので時間があいたときに受診できると思います。当院は土日、祝日、年中無休なので平日に行けない方でも通いやすいですし、保険も効きます、定期健診についてわからないことがあれば問い合わせしてくださいね。

 カテゴリ:未分類

お口の健康とは

健康な歯は目にみえる表面の歯や歯茎の状態が良いだけではなく歯茎に覆われている歯根や歯槽骨の状態も大事です。歯周病は歯肉の炎症から始まり炎症が歯槽骨まで及んで溶けてしまい歯が抜けてしまう病気です。歯を失う原因はむし歯と歯周病ですが中高年の歯を失う病気は歯周病が多いです。 歯周病は自覚症状がないのが特徴でむし歯のように痛みがあれば病院に行こうと思いますが、歯茎がはれたり出血しても免疫力が回復すれば治るので大丈夫と思いがちになります、しかし歯垢や歯石がたまっているので病気などで免疫力が下がると歯周病が進行します。
すこしでも違和感を感じたら歯科医院に行きましょう。歯周病の診断にはエックス線撮影を行います、歯槽骨の状態やたまった歯石、歯の根の状態までわかります。そのほか歯周病の原因となる詰め物やかぶせ物が歯に合っているかも確認できます。患者さんもエックス線写真をみせてもらったほうが歯の状態もわかりやすいと思いますし、治療の説明も理解しやすいです。
治療は歯石を除去することから始まります、専用の器具を使用し目に見える部分だけではなく、歯肉で隠れている部分も取り除かなくてはなりません。進行した歯周病だと麻酔をして歯石を除去したり、歯茎を切開し除去する場合もあります。
歯石の除去は口の中をきれいにしておかないと歯周病が再発するおそれがあるので磨きにくい部分を丁寧にブラッシングしケアしましょう。
重度の歯周病で歯槽骨が減っても再生できる治療があり、むjかしは抜くしかない状態でも歯を残すことが可能になってきました。
町田駅前グレイス歯科では、保険適用でPMTCやスケーリングを行い歯周病予防に取り組んでいます。お気軽にご来院ください。

 カテゴリ:未分類

口腔ケアと肺炎 歯医者が守る肺炎

 最近の日本人の死亡原因の3位は肺炎 となっていて、60歳以上の高齢者が肺炎で亡くなった方の90%以上が誤嚥性肺炎であるというデータがあります。
誤嚥性肺炎とは病気や加齢などにより飲み込む機能や咳をする力が弱くなると、口腔内の細菌や逆流した胃液が器官に入りやすなり、その結果、発症してしまうのが誤嚥性肺炎です。
睡眠中に唾液、鼻汁、胃液が器官に入る(不顕性誤嚥)により引き起こされることもあり注意は必要です。主な病状は、発熱、咳、痰、呼吸困難、胸痛ですが高齢者は病状が出にくいのでいつもと違うと思うことがあれば早めに医療機関に受診しましょう。誤嚥性肺炎の予防には口腔ケアを行うことで予防できることがわかっています。歯磨きやうがいをすることで口の中を綺麗にして細菌を減らす、口腔の清掃のほか、咀嚼や嚥下など口腔機能を回復させることにより口から食べられるようにすることが大事です。
食べることは体力も増え生きる意欲にもつながります、口からしっかり食事ができるようになれば、よく噛むことににより、脳への血流を増やし脳の活動を活発化させ認知症の予防にもなります。多く歯が残っていたり、良好な義歯をしている方ほどしっかり噛めるので認知症になりにくく、立ち上がったりするときに踏ん張れるので寝たきりに予防にもなります。
口腔ケアをしっかりすれば誤嚥性肺炎予防だけではなく、虫歯や歯周病の予防にもなり、口臭予防、審美性があがり対人関係もよくなります。コロナウイルスによる肺炎も流行っております。こんな時期だからこそ、今一度、口腔ケアを考えましょう。
町田駅前グレイス歯科では、高齢者やお子さんンを対象とした専門の歯科医師もおりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 カテゴリ:未分類