6月 | 2020 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 6月 2020

親知らずについて

  親知らずとは歯列の一番後ろに最後に生えてくる歯です。正式には、智歯や、第三大臼歯といいます。親知らずは一部だけ露出していてほとんどが顎に埋まっている場合があり、露出している場所から炎症をおこし智歯周囲炎になることがあります。親知らずが腫れた、痛いなどの原因が智歯周囲炎であることが多いです。この病気がひどくなると口の底が化膿すると口腔低炎や顎の骨全体に広がると顎骨骨膜炎など重篤な病気になります。
 治療方法は歯茎のまわりを洗浄したり薬を使用することで改善できます。それでも繰り返し智歯周囲炎になる場合は抜歯を行うこともあります、まずは腫れている部位を洗浄や薬で腫れをひかせてからではないと抜歯は行えません。親知らずがまっすぐ生えてればよいですが、横に生えていたりすると抜歯が困難なこともあります。
 親知らずは横に生えてたりすると歯を前に押し出しする傾向があるので歯並びに悪い影響がでる可能性があります。痛みや腫れなど病状がなくても心配な方は歯科医院にて相談しましょう。
町田駅前グレイス歯科では、経験豊富な口腔外科の専門医もいます。お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

予防歯科とは

予防歯科とは歯が悪くなる前に歯医者に行きむし歯や歯周病にならないようにすることを言います。予防歯科には初発予防と再発予防があります、、初発予防とは生まれたときからむし歯にならないようにします。乳歯が生えてきたときから予防を行い大人になってもむし歯がない健康な歯をつくります。子供が歯磨きを完璧にできればよいですが、それは難しいので親がむし歯にならないように仕上げの歯磨きなどを行いましょう。家庭での予防だけでなく歯科医院にてスケーリングなどすることによって歯をきれいにすることも重要です。
 再発予防はむし歯を治療したあとむし歯にならないようにすることです。大人のむし歯は過去の治療で詰め物やかぶせ物したところにむし歯ができることが多いです。むし歯治療をした後にきちんとメンテナンスを行うことが大事です。歯磨きや甘いものを制限するなどでむし歯予防ができればよいですが、お口の中の環境など個人で違います、自分に合った予防処置を歯科医院で相談してみるといいと思います。
 歯周病の予防は歯周病の原因は歯垢や歯石の中の細菌が原因です。歯磨きをして歯垢や歯石を除去しますが歯磨きだけでは完全に除去するのは難しいです。歯科医院にて専用の器具でスケーリングをしてもらいましょう。むし歯も歯周病も早期発見、早期治療することで細菌の介入を防げます。
町田駅前グレイス歯科では、保険適用内で行えますのでお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

顎関節症と虫歯、食いしばり

食事するときに顎が痛くなったり、口を開けたりするときにコキコキと音がするときはありませんか?それは顎関節症の病状かもしれません。顎関節症とは顎関節や咀嚼筋の痛み、雑音、開口障害などの総括的診断名になります。
顎関節症の原因の一つに噛み合わせの異常があります、歯は互いに支えあって噛む力にたえてます、なので歯が抜けるとその両隣の歯に大きな負担がかかります。負担にたえられなくなると両隣の歯も抜けてしまいます。気が付くと片側の歯がすべてなくなりバランスがとることができず噛み合わせ異常になってしまいます。歯が抜けた場合は早めに治療しましょう。
また顎関節症の方は歯ぎしりや食いしばりが関係していることも多くあります。
こういった場合はマウスピースを作り、顎と歯を守るかたちのなります。
 噛み合わせの異常は頭蓋骨や頚椎にも影響します。噛み合わせの力が不当な力になり骨格にの歪み原因になり、神経を刺激したり血管を圧迫していろいろな病状を引き起こします。内科的治療をしても治らない頭痛やめまい、肩こり、腰痛など噛み合わせが原因となっている場合があり、改善することで軽減した病例もあります。
噛み合わせだけが顎関節症の原因ではなく、悩みなど精神的ストレスが原因の場合もあります。この時は歯科だけではなく心療内科でカウンセリングを受けるなどしましょう。
町田駅前グレイス歯科では、顎関節症を得意とする、口腔外科の認定医もおりますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類