7月 | 2020 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

アーカイブ: 7月 2020

矯正治療と抜歯

大人の矯正治療を行うときに抜歯をするときがあります、健康な歯を抜くことに抵抗があると思いますが大人は歯の成長が止まっているため、条件によっては抜歯したほうがよい場合があります。抜歯せずに治療できればそのほうがよいのですがあごに必要な隙間をつくるためであり、虫歯などで抜歯するのとは違います。子供の矯正治療はまだ発育期なので顎を拡大することで対処できることもあります。大人はそれができないので抜歯をすることで歯の傾斜を大きくし調整します。健康な歯を抜くと噛み合わせが悪くなったり、抜いた部分の骨が痩せるため噛む力が落ちたりするなど良くないことも多いですが、抜歯せずに必要な隙間を作らず無理やり歯を配列すると歯が前に飛び出し出っ歯になるおそれや矯正した歯が元に戻ってしまうこともあります。抜歯が必要とされた場合、上下左右を対照的に抜くのが基本ですが、歯並びや噛み合わせの状態によっては非対称的になる場合もあります。わからないことや心配なことは説明してもらい納得してから治療を受けましょう。どうしても歯を抜かずに治療したい方も多いと思うのでまずは歯科医院にて歯を抜かないで矯正治療を受けたいことを伝え自分に一番あった治療を選びましょう、抜歯が必要と判断されたらメリットとデメリットを確認してから治療をはじめましょう。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では、経験豊富な矯正治療のDRが担当します。
歯を抜いても抜かなくても、並べることはできますし、被せ物で歯並びを治したり、虫歯を治すついでに、歯並びを治す事も出来ます。
それぞれメリットデメリットがありますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

歯の噛み合わせについて

噛み合わせが悪いと顎の関節に影響がでます、顎の関節が悪いと頭痛の原因になったり、
頚椎の痛みや肩こり、耳鳴りなども原因になります。そのほかにも歯とは関係がないからだの
器官や骨に悪い影響を与えます。
貧血や冷え性、アルツハイマー認知症も噛み合わせが悪い人に起こりやすいといわれています。
良い噛み合わせとは欠損している歯がなくすべての歯がそろっていることや歯の位置や向きが正常な状態であること、歯が摩耗やむし歯がない状態などが良い噛み合わせの理想です。歯が欠損していればインプラントをしたり、歯並びが悪ければ矯正治療などの治療をして噛み合わせをよくしましょう。ほかにも歯の色が悪いとせっかく噛み合わせがよくても見た目がわるくなりますます、その場合はホワイトニングなどの審美治療を行うことできれいな歯にすることができます。
よい噛み合わせだとよく噛んで食べることができるので、満腹中枢を刺激して肥満防止になったり脳細胞を活発にするので子供の脳の発育や高齢者のアルツハイマー認知症の予防になります。
むし歯の予防にも噛むことは大事で噛むことにより唾液の分泌が促されむし歯や歯周病が予防されます。
同じ人でも年齢によって口内の状態も違いますし、治療した歯も年月がたてば状態が変化していきます。ほかにも食生活、生活環境によっても大きくことなります。そのことに十分注意し最適な噛み合わせができるように適切な治療を行うことが大事です。
町田駅前グレイス歯科では、専門の歯科医師もおり、また噛み合わせの治療も保険内で行っております。
お気軽にお越しください。

 カテゴリ:未分類