9月 | 2021 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

アーカイブ: 9月 2021

入れ歯とインプラント

 入れ歯を作るには、まずお口の中の状態を石膏でできた模型に再現しなくてはなりません。
いろんな意味で忠実に模型上に表現することが、入れ歯づくりの成功への一歩です。
専門的な技術に関しては、ここでは割愛させていただきますが・・・・

 お口の中の粘膜は、やわらかい所や硬い所そして動いたりする部分など、一筋縄ではいかないのです。
そういった色んな事を考慮しながら入れ歯づくりは始まります。

 話は少し変わって、歯が全く無くなった場合とは別に、残存歯や歯根(歯の根っこ)が有る場合は
入れ歯の維持・把持に役立てる事が出来ます。
私も、様々なアタッチメント(維持装置)を製作し、その中でも歯の根っこ(残根)を
利用した根面アタッチメントは得意とするところです。現在、主流となっている磁性アタッチメントは
某メーカーの(緩衝型磁性アタッチメント)治験もさせて頂きました。

術者可撤式と呼ばれる、インプラント体と入れ歯をスクリュー(ねじ)でジョイントする方式は患者自身で
入れ歯の取り外しが出来ません。一方、磁性アタッチメント(アバットメント)等の根面アバットメントを
利用して安定させる入れ歯は取り外し可能です。双方ともメリット・デメリットあるとは思いますが、
入れ歯の安定でお悩みの方は、いちど歯科医の先生にご相談されると良いかと思います。

 根面型アバットメントを用いた入れ歯の安定には、ミニインプラントを用いる事も可能な場合が
あります。ミニインプラントはその名の通り、長さ太さが小さめの歯科用インプラント体です。
顎骨が痩せ細った症例にも適用可能な場合があります。

 歯科用インプラント体を治療に用いる事により、見た目の改善、物を噛む力の改善が期待されます。
あと一般的に知られてないのがインプラント体を骨に入れることにより、歯を喪失したことによる
顎骨の吸収(あごの骨が痩せ細る)を抑制する作用が期待できるのです。
骨が小さくなると顔貌もふけるでしょう。

 いつまでも美味しい物を食べて、若々しくいたいものです。

町田駅前グレイス歯科では、入れ歯が合わない、食べ物が上手く噛めない等で
お困りの方のご相談を随時受け付けています。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

歯科医師 歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯の揺れ

歯が揺れてしまうのはなぜでしょうか。
歯が揺れてきてしまったらどうしたらいいのか?
ご説明していきます。

まず歯が揺れてぐらぐらしてしまうと最終的には抜けてしまうリスクがあります。
なので歯が揺れてきた時はなんらかの対処をする必要があります。

特に永久歯が揺れてきてしまうのは注意が必要です。
子供の生え変わりでぐらぐらするのとはわけが違います。

この歯の揺れる主な原因は歯周病が考えられます。

歯周病とはなにかですが、細菌の感染によって起こる炎症性疾患になります。
歯と歯肉の境目に歯垢や歯石がたまりそこに多くの細菌が集まることにより、歯肉の炎症が起こります。
炎症が起こっていても強い痛み等を発さないため、静かに進行することが多いです。
ただ歯肉が赤く腫れたり、歯磨き等をした時に出血しやすくなるため、
歯肉に意識を向けると異常に気づくことはできるでしょう。
その場合は歯周病を疑い歯科医院の受診をした方が良いです。

そして歯周病がどんどん進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目の溝が深くなり、
歯を支えている骨が溶けて歯が揺れてきたり動くようになり、
それに伴なって歯肉も下がっていきます。
症状が進行してしまうと最終的には歯を支えることができなくなり自然と抜け落ちてしまうこともあります。
なので早めの対策をしていき、なるべく症状が悪化する前から予防をし、症状を安定させ現状を維持していく必要があります。

歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。
あとはそれぞれの人により症状が軽度から重度までに別れます。

見分け方の一つとして歯周ポケットの深さがあります。
健康な人の歯周ポケットの深さは2、3mmと言われています。
なので3mm以上になると歯がぐらつき始めるので、歯周病の進行が疑われます。

上記の通り歯周病が何より怖いのは痛みが出づらいことにあります。

虫歯の場合は神経が残っている歯であればしみたり、ズキズキと痛みがでることにより気づくことができますが、
そういったサインで気づきにくいことがあります。
特に気にしなければ、最悪歯を残せない段階まで進行してしまう可能性もあります。

なので日々のケアをしっかり継続することが必要になります。
丁寧なブラッシングをし歯の汚れをしっかりと落とす。
特に歯と歯の間や、歯と歯肉との間の汚れを落とすことを意識するといいでしょう。

ただ、歯と歯の間は歯ブラシを使うだけでは限界がありますので、
歯間ブラシやデンタルフロスを使うとより効果的です。
特に歯と歯がきつく並んでいる場合はデンタルフロスの方が良いでしょう。

しかしながらご自宅でできるセルフケアにも限界がありますので、
必ず歯科医院で行っている歯のクリーニングも受けた方が良いです。
だんだんと溜まっていく歯石はご自宅で落とすことは困難なため、
専門の器具を使って落とす必要があります。

溜まってしまった歯石を放置してしまうと、歯石まわりにさらに汚れが溜まっていき、
状態がどんどん悪くなってしまいます。

なので日々のケアと歯科医院での定期検診をし、
歯周病ケアを継続的に続くていくことで、
今ある歯を将来長く使えるように保つことができます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯の定期検診やクリーニングのご予約を随時受付けていますので、
ご希望の方は、お気軽にお申込みください。保険診療で行うこともできるので、治療費を抑えて行えるので、定期的に続けていき、お口の健康を保ちましょう。

歯科医師 歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類