8020運動 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

8020運動

8020運動

「8020(ハチマルニイマル)運動」とはなにか説明します。

いつまでもおいしいものを食べるために健康な歯がかかせません、なので日頃からの手入れをして80歳の時に自分の歯が20本以上残せるようにしようという試みです。

ちなみに残っている歯の本数が多いほど寿命が長いという調査結果もあります。

1989年より厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

頑張れば8020は夢ではないです。

高齢になっても食事を楽しく過ごしていただくために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことです。

厚生労働省の調査によると8020達成率は、運動開始当初は7%程度でしたが、80歳~84歳の8020達成率は21%で、85歳以上だと8.3%にまでなってきています。

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。日頃の仕事の忙しさが理由で暴飲暴食や不規則な生活などが続くと歯周病につながりますので、毎日のチェックが重要になります。。

予防としては歯磨きなど毎日の手入れと併せて、口の中の衛生指導などを行っている歯科医院に定期的に通う習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

そして、「食べた後や寝る前に磨く」といった基本的なことも忘れてはいけませんが、例えば、歯磨きなどの正しい方法や、歯磨きなどと併用すると良いオーラルリンスなどを使ってみてください

8020健康長寿社会の実現に向け

8020達成者

8020達成者は非達成者よりも生活の質を良好に保ち、社会活動意欲があるとの調査結果や、残っている歯の本数が多いほど寿命が長いという調査結果もあります。

8020が達成できなくても…

仮に8020を達成できなかった方も、しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる入れ歯などを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本 あるのと同程度の効果が得られます。義歯を含めた歯で食べ物をしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になりますし、よく噛むことで脳が活性化され、認知症のリスクが軽減するという調査結果も出ています。いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的にかかりつけの歯科医院に行き、 口の中の健康を保ちましょう。

かかりつけ歯科医

歯科医療は「食べる」「会話する」という日常の生活を送るうえで欠かせない行動を守る「生きる事を支える生活の医療」です。

8020達成のためにはきちんと歯を磨きましょう。  「磨いている」ことと「磨けている」こととは違います。

歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など汚れの残りやすい場所がありますので、歯間ブラシやデンタルフロス等の歯間清掃具を使ってきちんと汚れを落とすことが大事です。

自分の歯は、自分で守るよう心がけましょう。

ぜひ「8020」を目指して頑張ってください。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科はできるだけ、自分の歯が残せるように治療しております。
不安な事や迷っている事がありましたらご相談下さい。
いつでもお待ちしております。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類