赤ちゃんの歯磨き、いつから始める?どうやって進める? | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

赤ちゃんの歯磨き、いつから始める?どうやって進める?

生後5~6か月ごろに離乳食がはじまり、早いお子さまで、生後6か月ぐらいから歯が生え始めます。
「離乳食も始まったし、歯磨きもした方がいいのかな?」「始めようとしたけれど、嫌がってしまい十分にできない…」
といった悩みを抱えているお父さん・お母さんも少なくないでしょう。
今回は、赤ちゃんの歯磨きを始める時期、始め方・進め方についてお話します。

下の歯が生えてきたら歯みがきスタート!

赤ちゃんの歯は、生後6~9か月ごろに下の前歯から生え始めます。
次いで、上の前歯、その両側、さらに奥へ…と生えていき、2歳半ごろに20本の乳歯が生え揃います。
おしゃべりやハイハイなどと同じで、歯の生え方にも個人差があります。周りの子に比べて遅い・早い…といった場合も、あまり心配しないようにしましょう。
歯みがきは、この歯の生え始めの時期からスタートします。

歯みがきに慣れること・興味を持つことが目標

赤ちゃんの歯磨きは、口の中をきれいにすることだけが目的ではありません。歯の汚れは唾液の自浄作用によりきれいになります。
歯みがきをスタートした時期は、赤ちゃんが歯みがきに慣れてくれること・興味を持ってくれることが、主な目的となります。
仰向けの状態や口の中に歯ブラシを入れることへの抵抗を少なくし、歯磨きが楽しいものだということを教えてあげます。

歯みがきトレーニングの方法

はじめは、清潔な手で口のまわりに触れることから始めます。
赤ちゃんが嫌がっていないことを確認しながら、ガーゼで歯を拭いてあげるのが次のステップです。行うのは1日1回、夜寝る前が理想です。
上の前歯が生えてきたら、歯ブラシを使った歯磨きがスタートです。月齢にあった赤ちゃん用の歯ブラシで磨きましょう。
キャラクターものの歯ブラシを使ったり、お父さんやお母さん、きょうだいといっしょに磨いたり、歯磨きの時間が楽しくなる工夫を試してみてください。

どうしても歯みがきを嫌がる赤ちゃん

どんなに手を尽くしても、お子さまが歯みがきを嫌がる場合には、一度小児歯科に相談してみてはいかがでしょうか?
小児歯科では、乳歯の生え始めたお子さまから診療の対象です。
歯みがきの指導はもちろん、赤ちゃんの歯の成長や口・顎の発達を見守り、適切な予防を行っていくことができます。

町田の歯医者 - 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科

  カテゴリ:未分類