未分類 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

カテゴリ: 未分類

虫歯とは

 むし歯は、菌、歯の質、糖分が要因とされてきました、最近ではこのほかに唾液の分泌量、飲食回数などなどほかにもいろいろ要因があります。
虫歯菌にミュータンス菌というものがあります、このミュータンス菌に感染するのは1歳半から2歳半頃に親から口移しで食べさせたり、同じ箸やスプーンを使用することで感染します。口の中に入ったミュータンス菌が糖分と科学反応をおこし、グルカンという物質をつくり、歯の表面につけます。この物質が歯垢です。この中にミュータンス菌が住みついて糖分を分解して酸を作り、歯のエナメル質を溶かして歯の成分のカルシウムやリン酸を溶出させます。これを脱灰といってむし歯の最初の状態です。この状態でもリン酸やカルシウムを含んでいる唾液によって歯を修復できます。
これを再石灰化といいます、テレビを見ながらだらだら食事をすると唾液による再石灰かができなくなり脱灰された状態が続きむし歯になります。
ミュータンス菌が住み着く歯垢は歯磨きすれば除去できます、しかし磨き残しがあると次第にバイオフィルムと呼ばれる膜をつくります。バイオフィルムになると唾液による再石灰ができなくなるほかにミュータンス菌がグルカンをエサにしてどんどん増殖していきます。
むし歯になりやすい場所は歯磨きしても歯垢が落ちにくい場所になります。奥歯の噛み合わせの部分、歯と歯茎の境目、歯と歯の間などがあります。そのほかに治療したときにいれた詰め物と歯の隙間がむし歯になりやすく注意が必要です。
生活習慣の改善や歯磨きなどをしっかりするほか定期的に歯科医院に行くなどすればむし歯は防げます、痛くなるまえに予防のために歯科医院に行きましょう。

 カテゴリ:未分類

親知らずを抜いた方がいいのか?

よくレントゲンのお写真を見ながら患者様とお話しする中で頂く質問があります。

それは『親知らずは抜いたほうが良いですか?』です。

答えはケースバイケースです。

抜いたほうが良い時も、抜かない方が良い時もあります。

親知らずとは…

親知らず(おやしらず)とは、歯の中で一番後ろに位置する歯で、『第三大臼歯』といううのが正式な名称です。

智歯(ちし)とも呼ばれています。これは英語で親知らずのことを『wisdom tooth』と呼ばれていることに由来していると言われています。

親知らずは永久歯(大人の歯)の中でも一番最後に生えてきて、親知らず以外の歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは時期が

10代後半から20代前半であり、親の知らないうちに生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。

親知らずを抜いたほうが良い場合

歯ブラシが上手くできず、むし歯になってしまった場合…歯と歯の間は物が詰まりやすく、ぞの前にある永久歯にまでむし歯が広がるリスクがあります。

正常な向きに生えていない場合…歯並びと噛み合わせや隣の歯の骨に影響を与えることがある。

歯肉からしっかりと頭の部分が出ていない場合…歯の頭の部分と、一部被って歯肉との間に食べカスがたまるとかぶっている歯肉が炎症を起こし痛みます。

親知らずを抜かない方が良い場合

抜かない方が良い場合は抜いたほうが良い場合の逆になります。

むし歯になっておらず、周辺歯肉に痛みや炎症もなく、正常な方向に生えてきてしかっりと噛み合っている場合です。

また、前の歯が抜けてしまった時に、誘導したりしてその前の歯の代わりが出来そうな場合なども考えられます。

とは言え、親知らずは見えずらい場所にあり、なかなかご自身だけでは判断も付きにくいと思います。

奥歯の奥の方で痛みが繰り返したり、親知らずが原因でかみ合わせに影響しているかもと気になる方は、一度歯医者でご相談してみてはいかがでしょうか?

また、親知らずの抜歯は大変そうと思われているかと思われる方も多くいらっしゃるかと思います。確かに、親知らずの抜歯は簡単なケースばかりでは無いですが

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、口腔外科の専門医も勤務しておりますので、難しい症例で大学病院で対応するような親知らずでも当院で対応しております。大きな病院に

行かずとも通いなれたいつもの歯医者で治療を受けることが出来ます。

親知らずで気になる事・お困りの方は是非一度ご相談してみてください。

 カテゴリ:未分類

子供(赤ちゃん)の虫歯予防

ご存じない方もいらっしゃっるかもしれませんが、生まれたばかりの子どもの口の中にはむし歯がいません。

どんな人にもむし歯のリスクがあるので常在菌のようなものと思っている方も多いかもしれません。

では、子どものむし歯はどこからやってくるのでしょうか?

むし歯は周囲の大人から

むし歯の菌は、周囲の既にむし歯に感染している大人から感染して子どもに感染を起こしています。

たとえば、

・大人の使ったコップやスプーンを食事中に使う。

・スキンシップの為のキス。

・熱いものを冷ます為に、フーフーしてあげる行為。

・ひと昔前の様に母親が子どものためにかみあげる砕いてあげる。

この様なことからも、子どものいる家庭では日常的に起こりえることが子どもへのむし歯の感染の元となっています。

子どものむし歯を防ぐには?

子育ては、ハプニングや忙しさとの闘いかと思います。その中で、これらのことをすべて守るの大変な事かと思います。

しかし、回数を減らせば減らした分リスクは減っていきます。

そして、周りの大人のお口の中のむし歯が減ってもリスクは下がっていきます。

1歳半から3歳くらいまでの時期のお口の中の状態がその後のその子のお口の中の状態に大きく影響すると言われています。

こどものむし歯を防ぐには、普段の習慣だけでなく周りの大人たちのお口の中の健康状態も影響します。

ですので、新しい命をお迎えになる方はお口の中も新たな気持ちで迎えてみてはいかがでしょうか?

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、どなたさまも通院しやすいよう月曜から日曜日まで休診日なく診療行っています。

自分のお口が気になった方、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

 カテゴリ:未分類

子供(乳歯の虫歯治療と生え変わり)

子供の乳歯は6歳頃から抜け始め、永久歯に生え替わります。生えたばかりの永久歯は歯質がまだ未熟な状態で徐々に成熟していくのですが、酸への抵抗力が弱かったり、歯垢がつきやすかったりでむし歯になりやすい状態です。特に一番奥の歯(第一大臼歯)がむし歯に気づきにくく注意が必要です。しかも奥にあるので磨きにくい場所にあり汚れが溜まりやすいです。その為、毎日のケアが重要になります。歯ブラシだけではなくデンタルフロスを使用して歯と歯の隙間の歯垢の除去しましょう。永久歯の大きさは乳歯の1.5倍で生え揃うと歯の隙間が密着するのでデンタルフロスが効果的です。そのほかの対策としては、フッ素によるむし歯予防を行いましょう。フッ素には歯質の強化、再石灰化の促進などの働きがあります。フッ素配合の歯磨き剤、フッ素洗口液の使用、歯科医院でのフッ素塗布などがあります。(当院では無料フッ素塗布も行っております)
 乳歯が生え替わるときに歯がぐらぐらになり迷うのが歯科医院で抜いてもらったほうがいいか心配される方もいらっしゃると思います。安全のためにも歯科医院にて判断してもらいましょう。子供はあごが狭いために乳歯が抜けてないのにずれて永久歯が生えてくる場合があります。このような場合も早めに乳歯を抜かなくてなりません。歯の生え替わるときは気になることや心配なことがあれば歯科医院にて診察してもらいましょう。
生え替わりの歯がむし歯になったときにすぐに抜けるから治療せずそのままにしておく方がいらっしゃいますが、虫歯は感染症なので放っておけば口の中にむし歯菌が増えて永久歯までむし歯になりやすくなります。乳歯にむし歯があれば歯科医院にて治療を受けましょう。

 カテゴリ:未分類

妊娠中の歯科治療について

妊娠期間と歯科治療

妊娠期間中という事で歯医者やその他医療機関に躊躇されている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、
当院に通院中の患者様の中には妊娠中の患者様も多くいらっしゃいます。
逆に、妊娠期間中だからこそお口のメンテナンスをした方がメリットもあることもあります。

妊娠期間中の歯科治療について

虫歯治療や、歯の根の掃除、抜歯、レントゲン撮影、投薬、麻酔…
これらすべての治療はいくつかの注意点はあるものの、ほとんどの治療が可能です。
麻酔に関しては、歯科で使われるもののほとんどは局所麻酔で胎児への影響はありません。また、使っている麻酔の中には無痛分娩に使われているのものと
同じ麻酔も使われています。
投薬に関しては、歯科で使われているものの中には影響のあるももありますが、無いものもありますので投薬の種類にて対応をすることが可能です。
レントゲンも、専用のエプロンを着用することによって胴体への被ばくの大部分を避けられます。また、当院で使用しているレントゲンの被ばく量は従来のものより被ばく量が
少なく専用のエプロンをすることでほとんどゼロに近くなります。

妊娠期間中の歯科治療の最良のタイミングとは?

いかに安全だとは言えせっかく授かった大切な赤ちゃんを心配する気持ちもあるかと思います。
妊娠期間中に治療をするのに最良なタイミングを挙げるなら、安定期(妊娠5~7か月頃)が良いでしょう。母体も安定していれば赤ちゃんの状態も安定しておりますので、
この時期が、いろいろと治療をするのには良いタイミングとされています。
その前後、つまり妊娠初期の不安定な時期や8か月目以降の母体への負担が大きくなっていく時期は、応急処置程度に留めておくのが良いでしょう。

以上の様な事から、妊娠期間中でもおおかたの歯科治療は出来ますが、中には出来ないことも出てきます。
大事なのは、妊娠していることを伝えていただく事ですので治療の途中でも、新しい治療を始める際でも、まずはご申告いただければと思います。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、どんな方でも通いやすいよう月曜から日曜まで休診日無く診療しております。妊娠出産を経験し、子育て中の歯科医師も何名も在籍しているので、経験にのっとったアドバイスも
でき、お役に立てるかと思います。
妊娠中は体調にも波があるかと思いますが、当日ご予約の空きがあることもございますので、思い立った時に、ご気軽にご相談いただければと思います。
スタッフ一同、心よりご来院お待ちしております。

 カテゴリ:未分類

虫歯と歯周病

歯を失ってしまう原因のほとんどがむし歯と歯周病によるものです。
むし歯は細菌によって引き起こされるもので細菌が糖を摂取し、酸を作って歯を溶かします。歯周病は歯垢の中の細菌が原因で歯肉に炎症を起こし、ひどくなれば歯を支えている歯槽骨まで拡がります。むし歯は歯の病気で、歯周病は歯の周りの組織の病気ということになります。
発生原因は同じ細菌ですが、全く違う病気だと理解してもらえると思います。しかし予防方法は同じで歯垢の除去、プラークコントロールをすることが重要になります。違う病気なのに対策は同じだと予防の手間が省けますよね。がんばりましょう!
また、虫歯治療の不適切な治療が原因で歯周病が悪くなることもありので要注意です。
プラークコントロールはみなさんが行っている毎日の歯磨きだけではなく、歯間ブラシ、デンタルフロスを使い歯ブラシの届かない部分を磨いたりすることも大事になります。
どれだけ丁寧に歯磨きや歯間ブラシで磨いてもプラークは残ってしまいます。そこで歯医医院で行うプロフェッショナルケアを受けに行きましょう。歯科医や歯科衛生士により専用の器具を使用し残ったプラーク除去してもらいましょう。プラークの除去だけではなくフッ素の塗布などすることでより丈夫な歯をつくる処置などもしてもらえます。当院では無料フッ素塗布を行っています。
そのほかにも正しい歯磨き方法など指導などあります。
プロフェッショナルケアは三か月に1回ぐらい受ければよいので時間が空いたときに受けましょう。
ひどいむし歯や歯周病になれば何度も歯科医院に通わなくてならなくなったり、費用がかさんだりするので、定期的に歯科医院に通うことで、ひどくなるまえにむし歯や歯周病を見つけることができます。
町田駅前グレイス歯科では、平日に歯科医院に行く時間がない方でも土日、祝日も診療しております、プロフェッショナルケアを受けてみようと思ったらお気軽にお電話ください、お待ちしております。

 カテゴリ:未分類

歯がぐらぐら (歯が抜けそう)大人と子供の乳歯の生え変わり

今回は歯のぐらぐらがテーマです。

歯がぐらぐらするのなぜでしょうか。解説していきます。

まず歯がぐらぐらしてしまうと最終的には抜けてしまうかもしれないリスクがあります。
なのでぐらぐらしている歯は放置できません。

永久歯がぐらぐらするのは、子供の乳歯の生え変わりでぐらぐらするのとはわけが違います。

主な原因は歯周病が考えられます。

歯周病とは細菌の感染によって起こる炎症性疾患になります。

歯と歯肉の境目に歯垢や歯石がたまりそこに多くの細菌が停滞することにより、歯肉の炎症が起こります。

特に強い痛み等を発さないため静かに進行することが多いです。

ただ見た目上で、赤く腫れたり、出血しやすくなるためそのような異常に気づいたら歯周病を疑ったほうがいいでしょう。

そして歯周病がどんどん進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目の溝が深くなり、
歯を支えている骨が溶けて歯が動くようになり、
それに伴なって歯肉も下がっていきます。

最終的には歯を支えることができなくなり抜け落ちてしまいます。

歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。

見分け方の一つとして歯周ポケットの深さがあります。

健康な人の歯周ポケットの深さは2-3mmと言われています。

なので3mm以上になると歯がぐらつき始めるので、歯周病の進行が疑われます。

歯周病が何より怖いのは痛みがなかなかでないことにあります。

虫歯の場合は神経が残っている歯であればしみたり、ズキズキと痛みがでることにより気づくことができますが、
そういったサインで気づきにくいことがあります。

なので特に気にしなければ、最悪歯を残せない段階まで進行してしまう可能性もあります。

そんな歯のぐらぐらを起こす歯周病ですが、どうすれば歯を守ることができるでしょうか。

まず一つは、ご自宅で毎日行う歯の掃除です。

丁寧にブラッシングをして歯の汚れをしっかりと落としてあげることが重要になります。

特に歯と歯の間や、歯と歯肉との間の汚れを落とすことを意識するといいでしょう。

そして歯と歯の間は歯ブラシだけでは限界がありますので、
歯間ブラシやデンタルフロスを使うとより効果的です。

もう一つは歯医者さんで行っている歯のクリーニングになります。

ご自宅でできるセルフケアには限界がありますので、
歯医者さんで使う専用の器具によって溜まった汚れを落とすことにより、
歯周病の進行を防いでくれます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、保険でも歯のクリーニングを随時受付けていますので、
ご希望の方は、お気軽にお申込みください。

 カテゴリ:未分類

虫歯の種類と治療

今回は虫歯になった時どの段階から削らなければならないかです。

まず虫歯とはどのように起こるか、そして歯の構造を理解していないと虫歯の段階もわかりません。

そんな歯の構造ですが、歯はいくつかの種類の組織の層から成り立っています。

まず一番外側を覆っている人体で一番固い組織のエナメル質。
次に神経等を覆っている象牙質
その中に歯髄と言われる、歯の神経や血管が入った組織

この三層から歯は成り立っています。

そして虫歯は口の中にいる細菌が引き起こしますが、
ただ存在している段階では、虫歯にすることはできません。

ではどうしたら虫歯になってしまうかですが、
細菌の栄養となる歯垢が引き金になります。

歯にたまっている汚れ、磨き残しを糧にして細菌は酸を生成します。
そうすると固い組織であるエナメル質が溶かされて虫歯になってしまいます。

食事をすると口の中は酸性状態になりますので、
虫歯になりやすくなります。

ただ唾液が逆にアルカリ性に戻そうと働きますので口の中の酸性状態は1時間程で落ち着きます。

なのでちょこちょこ食事をしたり、間食をよくする方だと虫歯になりやすくなってしまいます。

しっかりと歯の汚れを落とすことと、口の中の清浄化の時間を作ってあげることで虫歯になるリスクを下げることができます。

次に虫歯になってしまった時にどの段階から歯を削らなければならないかですが、

虫歯は5段階に分かれます。
C0~C4と言います。

C0
初期の虫歯で歯の表面が白く濁っているくらいでそれ以外の症状がない状態
この状態であれば歯を削る必要はありません。
ブラッシングを丁寧に行い、フッ素塗布を行うと効果的です。(当院では無料フッ素塗布をおこなっております)
キシリトール入りのガム等を噛んで唾液を多く出してあげることで、
歯の再石灰化(歯の表面組織の修復)を促進させることもできます。

C1
エナメル質の虫歯になります。
この段階から虫歯の部分を削っていきます。
ただ表面組織のみなので、
コンポジットレジンという歯の色に近い白いレジン樹脂で埋めることができます。

C2
象牙質の虫歯になります。C2になると歯がしみるといった症状がでてきます。
C1の時と同様にレジン樹脂で埋めることもできますが、
虫歯の状態によっては型取りをして強度のある物が必要な場合もあります。
ただ神経との距離が縮まってしまうため治療後に痛みが出てしまうこともあります。
時間経過と共に収まってはいきます。

C3
神経まで進行した虫歯になります。
歯がしみたり、なにもしなくてもズキズキと痛みがでてきます。
この段階になると神経の治療が必要になってきます。
そのため治療回数もC2までの時よりもかかってきます。

C4
歯が崩壊するまで虫歯が進行してる状態になります。
ここまでくると神経も死んでいますので、痛みもないでしょう。
基本的な治療は抜歯になります。もしくは骨を削って歯を残しに行ったりします。

このように虫歯がどこまで進行しているかで段階をわけることができます。
そして基本的には初期の虫歯以外は虫歯を削って取っていかなければ、
歯が溶かされて虫歯がさらに次の段階に進行してしまう恐れがあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯のお悩みを抱えている方のご相談を随時受け付けています。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 カテゴリ:未分類

歯周病(歯肉炎)と歯石 唾液について

皆さんの中には、定期的に歯医者さんに通って、きれいに歯石を除去してもらっている方も多くいらっしゃるかと思います。

 しかし、また何か月後かの検診の時には歯石がたまっている。毎日歯磨きをしっかりとしているはずなのに、どうしてこうも同じことが繰り返されるのかと疑問に思った方もいらっしゃいませんか?

なぜ歯石がつくのか?

 歯石は2種類に分類されます。歯ぐきよりも上に出来る『歯肉縁上歯石』と、歯と歯ぐきの間に出来る『歯肉縁下歯石』の2種類です。

歯石を作る要因は、

・唾液とカルシウム成分の反応によるもの。→『歯肉炎上歯石』

・歯ぐきから染み出る浸出液と言うものと歯のカルシウム成分の反応によるもの。→『歯肉縁下歯石』

・血液と歯のカルシウム成分の反応によるもの。→『歯肉縁下歯石』

 これらの反応によって、歯石は歯の表面や、歯肉と歯の根っこの部分の間に歯石は付着します。

 また、『歯肉炎上歯石』歯ぐきよりも上に出来るので、歯のエナメル質というつるつるした部分に出来るので除去しやすく、『歯肉縁下歯石』は歯ぐきに覆われた部分にあり除去が難しく出血を伴うことが有ります。

どんなところに歯石はつきやすい?

〇下の前歯の裏側・上あごの奥歯の頬の側

これは唾液の影響に由来するもので、唾液をだす『唾液腺』のある部分は他の部分と比較して歯石が付きやすいです。かつ、奥歯に至っては磨きずらさもあってさらに歯石がたまりやすいです。

〇出血しているところ

血液にも歯石を作る作用があると説明しました。

歯周病やお食事中にできたお口の中の傷、出血しているところがあれば、その周辺にも歯石が溜まりやすいのです。ですが、気にし過ぎて歯磨きを行い逆に傷つけてしまうこともあるので、ゴシゴシと磨くのは避けた方がよいでしょう。

歯石がつくのは防げるか?

 歯石ができる要因は、唾液、浸出液、血液が主だということをご説明しました。しかし、唾液・歯肉からの浸出液を出さ無いというのは非現実的化と思います。出血に関してはお口の中を清潔に保ち、

お口の中を傷つけないようなものや食べ方に気を付ければ何とかリスクは低減できるかと思います。

 そもそも、歯石自体は悪い物ではなく、歯石が作られる際にお口の中に残っている歯垢とともに歯石化することで悪い物となるので、普段からなるべく歯垢を溜めないような歯磨き習慣を実践することが大変重要な事かと思います。

歯医者では、虫歯治療や抜歯だけではなく、ブラッシング指導も行っております。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科ではいつでも、だれでも通える歯医者を目指し、地域の皆さまが通いやすいよう朝9時~夜21時まで月曜から日曜まで祝日も休まず診療しております。

ご自身の歯磨き習慣が気になる方は、一度ご相談いただければと思います。

 カテゴリ:未分類

歯の矯正治療の種類と注意点

子供の矯正治療は前期で1〜2年前後、生え替わり期間に通院、本格治療は2年前後、歯が綺麗にならんだらそれを維持する保定になります。(前期治療で終わることも多いです)

矯正のはじめた時期や状態にもよりますが治療は長期になります。

本格治療時にブラケットを装着し治療するときは慣れない矯正治療装着で歯磨きがやりにくいなどあると思います、矯正装置が付いていると歯垢がつきやすくなり細菌も増えるので歯磨きをしっかり行う必要があります。また食べ物にも注意が必要です、硬い食べ物や歯にくっつきやすい食べ物は装置が破損する恐れがあります。治療中にむし歯になると矯正装置を外して治療になる場合があり、矯正した歯が戻ってしまうこともあります。

 矯正治療中にブラケットやワイヤーが唇や頬の内側にあたって口内炎ができることもあります。そのようなときは矯正装置がつかないようにする保護材があります、シリコンや蝋でできていてこの保護材で矯正装置でカバーします。

装置の破損したときは歯科医院に装置を持って行ったほうがいいので処分しないでください。矯正装置が外れたときは詳しい状態を歯科医院に連絡してどうすればよいか指示を受けましょう。

矯正治療は子供や本人の理解が必要です、親だけが理解しても子供が理解していないと良い治療になりません、わからないことがあれば歯科医師に何でも質問し、子供にわかりやすく説明できるようにしましょう。

当院ではワイヤーのブラケット型だけではなく、

マウスピース型の矯正(インビザラインやクリアライナー、ASOアライナーなど)の方もかなり多くいらっしゃいます。

マウスピース型であれば上記のデメリットがほぼ解決できるのと、治療費が安くなることが多いです

矯正治療に関して、何かご不明点などあればお気軽に当院にご相談下さい。

町田駅前グレイス歯科 矯正歯科

 カテゴリ:未分類