未分類 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

カテゴリ: 未分類

知覚過敏って?

今回のテーマは知覚過敏です。

皆さんは冷たい物や風があたったり、歯ブラシ等の小さな刺激でしみたことはありませんか?

これは歯周病等が原因で歯ぐきが下がってしまったり、
歯のエナメル質が摩耗してしまったりした時に、
象牙質が外にでてしまうからです。

象牙質は無数の小さな穴が空いているため、
冷たい物や刺激が加わると、中にある神経にまで伝達されてしまいます。
こうして知覚過敏症状が起こります。

こうしたことが起こる原因はいくつかあります。

エナメル質の摩耗や歯ぐきの後退原因
・歯ぎしり等で継続的に歯を削っていってしまい、最終的にはエナメル質を摩耗させ中の象牙質を露出させてしまいます。

・酸蝕歯といわれるもので、酸性の食べ物や飲み物が原因でエナメル質を溶かしていきます。
コーヒーや紅茶、ワイン、炭酸飲料、果物、ドレッシング等があります。

・力強いブラッシングや1日に何回もブラッシングしたりとブラッシングのし過ぎもエナメル質を摩耗させる原因になります。
さらには歯ぐきを下げてしまうこともあります。
なので正しい歯磨きの仕方を理解して行うことが大事になります。

・加齢とともに歯ぐきが下がっていってしまいます。

このようなことが主な原因になります。

そして露出した象牙質から神経に刺激が伝わる状態が続きます。
改善をしないといつまでも続くため、
歯科医院で診てもらったり、歯の再石灰化を促して強化をするようにしましょう。

治療方法も状態によりいくつかに分けられます。

・歯の再石灰化を促す
こちらは露出度合いも低く、軽度の場合になりますが、時間とともに歯の再石灰化により知覚過敏の症状を感じなくなることがあります。
フッ素入り歯磨き剤や唾液によって再石灰化を促すことができます。また歯科医院でコーティング剤をぬり、歯を強化することもできます。
なのでしみる・痛い等で歯磨きをおろそかにしてしまうと、
歯の汚れがきちんと落とせないので、汚れがたまってしまい、
虫歯になったりした結果、歯が溶け余計に症状をひどくしてしまいます。
なので丁寧なブラッシングは大変重要です。

・象牙質の穴をうめてもらう
こちらの方法は歯に近い成分の物等を使い、象牙質内部の穴を埋めて、
歯がしみて痛みを感じるのを防ぎます。

・象牙質の露出部分をうめてしまう
こちらの方法は摩耗等でなくなってしまった歯の部分を、
元の歯形の様に覆ってあげます。
そして露出してしまった部分を被覆することにより、しみるのを防ぎます。

・神経の感じ方を鈍くさせる
こちらの方法は、硝酸カリウム等を使い神経過敏に反応するのを鈍くさせ、
痛みを感じにくくさせます。

・歯の神経を抜く
歯の神経は温存するのが一番望ましいですが、
痛みが激しく、長く続きさらには生活に支障をきたしてしまう時などは、
一つの選択肢にもなります。ですがあまりお勧めはいたしません。

以上のような方法で知覚過敏を治療することができます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、各種治療や検診を随時行っています。
歯がしみる、痛む等、歯の事でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
無料でフッ素塗布も行っておりますのでお申し付けください。

 カテゴリ:未分類

カリソルブ

今回のテーマはカリソルブです。

まずカリソルブとはなにか?ですが、
歯を器具で削る変わりに薬剤を塗布して虫歯を柔らかく溶かして、削らずに取り除く治療方法になります。

薬は虫歯のみに作用するので、虫歯になった部分以上に削らずに済む可能性があるので、
歯を削る音が嫌だったりする方には、適した治療方法の一つになります。

そして治療した部分はカリソルブの効果で抗菌性をもちますので、
再度虫歯になりにくくなります。

そして麻酔を使わなくても済むことが多いため、
麻酔が苦手だったり、麻酔を使うことができない方にも有効な治療方法になります。
(虫歯が歯の神経近くまで進行している場合は麻酔を使うこともあります。)

ただし保険適用外となってしまうので費用がかかってしまうのと、
虫歯薬剤で柔らかく溶かして取り除くため、
通常の治療よりも期間がかかってしまうことがあります。

どんな虫歯の状態にカリソルブが使えるかと言うと、
C1という状態からC2という状態の範囲内が基本的な適用範囲になります。
(C1:歯の表面の虫歯でエナメル質上にとどまっている初期虫歯の状態
 C2:エナメル質の下の層の象牙質にまで虫歯が進行している状態で、冷たい物がしみたりする事があります。)

これ以上のC3やC4まで虫歯が進行しいてると適用外になってしまうことがあります。

つまりは、虫歯が神経まで到達していない状態までが最もカリソルブでの治療の効果がでますし、
効果範囲内ということになります。

最終的には虫歯を取りきった部分に詰め物をして穴を塞ぎます。
プラスチックや金属もしくはセラミックスで蓋をすることになります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科ではカリソルブの治療を行う事が可能です。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

上顎洞炎と歯性上顎洞炎

今回は上顎洞炎についてふれたいと思います。

まず上顎洞とはなにかですが、
副鼻腔の一つで、上顎の上にあり、鼻の周囲の空洞になります。

その上顎洞の粘膜が細菌感染を起こし、炎症に起こした状態を上顎洞炎と言います。
もしくは副鼻腔炎とも呼ばれます。

上顎洞炎になると上顎洞内に膿が溜まりますので、
鼻づまり、頭痛や頭部の圧迫感、頬が張ったような感覚等の症状がでます。
そして歯が起因している場合は歯の痛みを伴うこともあります。
歯が原因の上顎洞炎の場合は歯性上顎洞炎と呼ばれます。
そしてこの上顎洞炎が長引くと蓄膿症と呼ばれたりもします。

上記でも紹介しましたが上顎洞炎の症状の一つとして鼻がつまったり、黄色い鼻水が出たりするので、
歯医者ではなく耳鼻科だろうと思うかもしれませんが、
歯が原因となることもあります。

どういった歯の状態が上顎洞炎を引き起こすかというと
まず上顎の奥歯の根の先は上顎洞に近接しているます。
そして歯によっては歯の根っこが上顎洞内に入り込んでいることもあります。
ただ健康な歯が原因で上顎洞炎をになることはありませんが、
歯周病が原因で歯の周りに溜まった膿や、神経を取った歯の根っこの先に溜まった膿を放置したり、
深い虫歯で歯の神経が壊死を起こしている歯を放置してしまったり、抜歯後の傷口の不衛生等が原因で
細菌が上顎洞内に侵入し上顎洞が感染・化膿し歯性上顎洞炎となってしまいます。

歯性上顎洞炎になってしまった場合の治療方法ですが、
抗生物質の長期服用と消炎鎮痛剤の併用があります。
同時に原因となる歯の治療もしなくてはなりません。
虫歯や根っこの先に膿がたまっているのが原因ならば感染根管治療をします。
しかしがながらこれらの治療でもよくならない場合は抜歯をして原因の膿を直接とり除く必要があります。
場合によっては耳鼻科での外科的手術が必要になることもあります。

上顎洞炎は治療をせずに放置してしまうと自然と治ることはないので、
早めに治療をしていかないとより症状が重くなってしまうこともあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、CT設備を完備しており立体的に上顎洞を見ることができるため、
通常のレントゲン写真を使うよりもさらに精密な診断ができますので、
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

(またCT撮影は通っていただいている患者様は無料で撮影できますので、お声かけください。)

 カテゴリ:未分類

歯科検診

今回は歯科検診がテーマです。

4月になり、新生活が始まる方も多いかと思います。
子供がいる家庭だと新しい学年になったり、入学式だったりがあります。

そして子供の時に学校で新しい学年のスタートには健康診断があり、
そこで合わせて行われる歯科検診もありますね。
歯科検診が始まったのは、1920年からとされています。
そして1931年に学校歯科医及幼稚園歯科医令が公布され学校歯科医の制度ができました。

そしてこの歯科検診で一年間歯医者に通っていなくとも、お口のケアをさぼってしまうと、
むし歯がみつかる可能性もあります。

特に乳歯は永久歯に比べると歯の丈夫さに差があります。
歯の一番外側を覆うエナメル質とその内側にある象牙質の厚みが2倍近く差があります。
そして生えたての永久歯も同様にまだ組織が完成していないため、脆さがあります。
そのため虫歯になりやすいので、毎日のケアが非常に大事です。

初めて生える永久歯は6歳臼歯とも呼ばれる第一大臼歯(親知らずを含めない奥から2番目の歯)になります。
そしてこの歯が将来物を食べるのに最も使う大事な歯になります。
そして歯並びの起点にもなります。
この第一大臼歯は完全に生えるのに1年近くかかるため、その間は特に毎日のケアを大事にして、
むし歯や歯周炎から守ってあげる必要があります。

しかしながら大人に比べると子供は歯に対する意識が高くないため、
しっかりと大人がサポートをしてあげないとお口のケアをさぼってしまうことがあります。
特に歯は他の組織に比べると痛みを感じにくく、痛みを感じるようになった時には、
歯の神経までむし歯が到達してしまっている状態になるので、そうなる前に予防をしておくことが大事になります。

子供の歯の予防法としては、毎日のブラッシングに加えて定期的なフッ素塗布があります。
定期的にフッ素を塗布してあげることにより、脆い乳歯や生えたての永久歯の歯質の強化をすることができます。
市販のフッ素を塗布することも効果的ですが、歯科医院で扱っているフッ素剤の方が濃度が高いため、
家で行うよりもより効果的になります。
そして1年間の学校検診に加えて歯科医院で定期的に検診を受けることにより、
むし歯ができたとしても、早期発見につながるため軽度な治療で済む可能性があります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯の定期検診を随時受付ています。
フッ素塗布に関しては無料で行っています。加えて小児歯科の歯科医師もおりますので、
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 カテゴリ:未分類

お口が開いたままと歯並びの関係

 お口ポカン
読んで字のごとく、皆さんの周りにこの様な状態になっているお子様はいらっしゃいませんか?
近年、このような状態の子どもたちが増えています。
 
なぜ、『お口ポカン』になってしまうのでしょうか?
舌の癖と密接に関わっています。
舌が正しい位置に収まっていないと、歯、上下の顎の骨へ対し悪影響を与え、『開咬』(かいこう)という、
奥歯だけが噛んでいて、前歯が閉じていない状態になります。
そのほかにも、乳歯の前歯が早期に抜けてしまったり指しゃぶりの癖が取れなかったりと他の要因も
影響してきます。
 
 
『お口ポカン』はなぜ悪い?
 
お口が開いたままになっていると、閉じている時よりも当然乾燥気味になり、むし歯やウィルスの好む環境に
なり、むし歯やウィルスの働きが活発になり、さらには増殖したウィルスや菌は口臭の原因にもなります。
また、乱れ始めた歯並びはさらに乱れていき、噛み合わせの不調、セルフメンテナンスもしずらくなり、さらに
むし歯・歯周病のリスクはさらに高くなります。
 
 
子どもを『お口ポカン』にしない為には?
 
歯科的にこういった症状が見受けられた場合にはMFT(筋機能療法)というものを行います。
内容は、お口の周りの筋肉を使った体操や、舌を使った体操をレクチャーしておうちに帰って練習して頂きます。
唇を閉じる筋肉や、舌が正しい位置に収められるようになっていきます。
 
 
 
うちの子『お口ポカン』の兆候があるかもと、思われた方いらっしゃいますか?
これを機に、むし歯のチェックやクリーニング(歯石取り)と共に歯医者へ受診のご予約をしてみてはいかがでしょうか?
 
 
町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では地域の皆さまが通いやすいよう朝9時~夜21時まで月曜から日曜まで祝日も休まず診療しております。
当院では予防歯科にも力を入れており無料フッ素塗布(フッ素を塗ると大人も子供も虫歯になりにくくなります。)やシーラントと言った
予防歯科も保険治療で行っておりますのでお気軽にご来院下さい。

 

 カテゴリ:未分類

子供の虫歯 (小児歯科について)

子どもの虫歯は減っている?

文部科学省の調査によると、1970年代には全体で9割超の子どもが虫歯であった。

現在はというと中学生や幼稚園児では5割を切っている。

80~90年代にかけて国が行なって来た予防対策など様々な要因が考えられます。

また、子どもの親の意識の変化も大きいのではないでしょうか?国、学校の対策に加え、

育児雑誌などで親が子どもの磨き残しを確認する『仕上げ磨き』の推奨も大きく影響した

ことでしょう。

取り組みを熱心に行っている地域では今後ますます、むし歯は減ると推測されます。

これからの歯科医療は『治療』だけがメインではなく『予防』という概念が大切になってきます。

その一方で子どもの口腔内に格差も…

『口腔崩壊』という言葉をご存知でしょうか?

まだ明確な定義は無いようですが、重い虫歯が10本以上あることを目安としているようで、

今この『口腔崩壊』の状態の子どもが昔よりも増えてきていることがわかっています。

重度なむし歯が多いと、その後に生える永久歯の歯並びが乱れやすくなったり、新たに生えてきた永久歯が

むし歯や歯周病になりやすい環境になり、その後の生活に深く影響します。

貧困との関連性も理由に挙げられたいますが、町田市をはじめ多くの自治体で子どもの医療費に関して

減免措置があり、中高生までは無料か若しくは少額で診療を受けられる方が多いのではないでしょうか?

のちの人生にまで大きく影響を与える、幼少期のお口の健康を保つため、いま現在何も違和感を感じて

いらっしゃらない方もこの機会に『予防』を目的に、ご家族で歯医者さんへ通われてみてはいかがでしょうか?

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では地域の皆さまが通いやすいよう朝9時~夜21時まで月曜から日曜まで祝日も休まず診療しております。

当院では予防歯科にも力を入れており無料フッ素塗布(フッ素を塗ると大人も子供も虫歯になりにくくなります。)やシーラントと言った

予防歯科も保険治療で行っておりますのでお気軽にご来院下さい。

 カテゴリ:未分類

今年こそ、歯科の定期検診をスタートしてみませんか?

みなさんは、定期的に歯科検診を受診していますか?
最近では歯科定期検診の受診を市区町村がうながすなど、「虫歯・歯周病はなってから治すのではなく、ならないように予防するもの」という意識が少しずつ浸透してきた印象も受けます。

一方で、悪いところもないのに歯医者さんには行きたくない…と考えている方も少なくないでしょう。ちょっと怖いイメージもあるかもしれませんが、歯科検診って案外気軽に受診することができるんですよ。

歯科定期検診ってどんなことをするの?

歯科検診のゴールは、虫歯・歯周病などの歯の病気を予防すること、万が一なってしまった場合も早めに対処することです。こんなことをやっています。

虫歯のチェック

歯が痛んだり歯が黒くなったりしてから気づいた虫歯は、思ったよりも進行している場合があります。

歯と歯の間、詰め物があるところ、かみ合わせの部分、付け根など、特に虫歯になりやすい部分をチェックします。セルフチェックでは見逃してしまうような初期の虫歯も、早期に発見し治療・進行防止につなげます。

歯周病のチェック

歯周病は自覚症状が出にくく、歯を失う原因となりやすいお口の病気です。歯ぐきの状態や歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さを測り、歯周病の状態をチェックします。

歯磨き指導

それぞれの歯並びに合った歯ブラシの当て方や磨き方、フロスや歯間ブラシの使い方をアドバイスします。自分では気づかない歯みがきの癖もチェックできます。

歯垢と歯石の除去

歯垢や歯石は虫歯や歯周病が進行する原因となります。家庭での歯磨きだけではきれいに除去することは難しいので、歯科の専門的なクリーニングで歯垢や歯石を除去しましょう。歯を染め出して歯垢が付きやすい部分をチェックすることもあります。

定期検診を行うメリットは?

虫歯や歯周病のリスクを軽減

虫歯や歯周病になる前に予防することと、早い段階で治療を開始し、進行を予防することが大切です。定期検診を受けることで虫歯や歯周病の発症リスクを軽減でき、進行を予防することができます。早い段階で治療を始めると、治療回数も治療費用も少なくて済みます。

将来の健康につながる

将来の健康のためには、自分の歯をできる限り残すことが良いと報告されています。定期検診で歯の健康を保つことは、将来、自分の歯を残すことにつながります。

全身の病気も予防できる

口の中の病気は虫歯や歯周病だけではありません。口の中の粘膜にできる口内炎は、全身の病気が原因となっている場合もあります。口の中の粘膜の異常がある場合、口腔がんの可能性もあります。定期検診で口の中の粘膜の状態をチェックすることで隠れている全身の病気の発見と早期の対応も可能となります。

定期検診を受けたい!と思ったら…

歯科では虫歯や歯周病だけではなく、顎の痛み、噛む・飲み込むなど、口の中や口の機能全般や、お口のケアの仕方についても相談することができます。
当院でも、歯科定期検診を受け付けております。ご興味のある方はぜひご相談ください。

 カテゴリ:未分類

歯の詰め物について(オールセラミックス)

オールセラミックスのメリット

歯を治療して削った後はどのような詰め物、被せ物を入れるでしょうか。補綴物には色々な種類があります。その中にオールセラミックスというものがあります。
そこで今回はオールセラミックスの利点について説明します。
オールセラミックスは透明性に高い材質でできています。そして、天然歯と見た目がそっくりに仕上がります。当院では、歯のお色味のサンプルとなるシェードガイドを使用して隣接の歯と色を比べて、どのような色が合うのか確認してから
審美的に違和感のないように製作しています。なので歯の見た目や、色が気になる人などにおススメです。もちろん金属ではないので金属アレルギーのデメリットもありません。
もうひとつは歯の寿命も金属の補綴物と比べ長いです。
例えば、噛み合わせが強く対合歯が天然歯の場合、金属の補綴物だと天然歯より硬いため、天然歯がどんどんすり減ってきたり、削れてきたり、最悪の場合は強い噛み合わせによって歯質にヒビが入ってきて割れてきてしまったりもします。
オールセラミックスは金属の補綴物よりも硬くないので、天然歯を傷つける心配もありません。
さらに、虫歯の再発予防にもなります。金属の補綴物の場合、天然歯との接着性が少し劣るので、天然歯と金属の補綴物から細菌が入り込んで再度虫歯になる可能性もあります。オールセラミックスは天然歯との接着性が良いので金属の補綴物と比べ虫歯の再発のリスクも少ないです。
しかし、オールセラミックスのデメリットは金属の補綴物と比べ、金額が高いところです。確かに金属の補綴物と違い、自費の物になってしまいますのでお値段がやや高くなってしまいます。
金属の補綴物もリスクばかりではありません。歯磨きや、口腔内のお手入れをしっかりすれば、ずっと長持ちします。
当院で治療だけでなく、検診、スケーリング、無料フッ素塗布なども行っておりますのでお気軽に町田駅前グレイス歯科・矯正歯科までお問い合わせください。お待ちしております。

 カテゴリ:未分類

歯磨き、歯ブラシ フッ素

歯ブラシには毛の硬さやヘッドの大きさのなど口の大きさ、歯並びなどに合わせれるよう多くの種類があります。歯ブラシは歯垢を除去するものでしっかり歯垢を除去できるものを選びましょう。
毛の硬さはふつう、やわらかめ、かための3種類あり、やわらかめは歯茎から出血ある人でもみがくことができ、かためはしっかりみがきたい人に最適です。ただし、強く磨きすぎると歯が削れてしまいます。また持ちやすさや握ったときのフィット感なども重要です。自分に合った歯ブラシがわからなければ歯科医や歯科衛生士に相談して自分に合ったものを見つけるのもお勧めします。最近は電動歯ブラシを使用している方も多いと思います、電動歯ブラシは適切に使用すれば簡単にみがけ、短時間で効率的にみがけます。電動歯ブラシにも種類があり、電動歯ブラシ、音波振動式電動歯ブラシ、超音波歯ブラシがあります。
歯ブラシも重要ですが歯磨き剤を使用することで汚れや歯垢の除去を効果的にできます。
歯磨き剤を使用することで歯垢の除去だけではなく、歯石を防ぐ効果や口臭予防、歯を白くすることができます。歯磨き剤の主な成分は湿潤剤、清掃剤、発泡剤、香味剤、粘結剤、薬用成分でつくられていています。薬用成分の入ったものは医薬部外品でむし歯の予防、歯肉炎、歯周病の予防、たばこのヤニの除去に効果があるものがあります。
歯磨き剤にもいろいろ種類があるので歯ブラシと同じで自分に合ったものを選びましょう。
知覚過敏用や歯周病用など自分の口の状態や目的に合うもがあります、子供は子供用の甘い歯磨き剤を使用すれば毎日たのしく歯磨きをしくれると思います。最近ではティラミス味の歯磨き剤など子供だけではなく大人でも使用してみたくなるものもあります。
歯磨き剤の90%に配合されているフッ素が配合されています、フッ素は歯や骨をつくる役割を果たしており、むし歯予防に効果的です。アメリカでは水道水にフッ素を添加してあり日常的に摂取できるようになっています。
フッ素の効能は再石灰の促進、歯の質の強化、酸がつくられるのを抑えるが挙げられます。
歯科医院でも高濃度のフッ素を塗布することができ、乳幼児の歯のやわらかいときに塗布します。

自分にあった歯ブラシ、歯磨き剤を使用し、毎日歯磨きしても汚れや歯垢を完全に除去することは難しいです。3か月に一度でよいので歯科医院で行う歯のクリーニングを受けましょう。
町田駅前グレイス歯科では、無料フッ素塗布をおこなっております。大人も子供も虫歯予防に有効です。ぜひお気軽にお越しください。

 カテゴリ:未分類

ブラッシング指導ってどんなもの?歯磨きのコツ、ちょっとだけ教えます

歯ブラシの選び方

ひとえに歯ブラシといってもヘッド(歯ブラシの毛のついている部分)の大きさ、毛の硬さ、毛の太さ、歯ブラシの柄の形状など、色々な種類があります。

歯並びや歯の大きさは人によってそれぞれです。自分に合った歯ブラシを選ばないと、毛先がしっかりと歯に当たらず、歯垢を除去することが難しくなります。硬すぎる毛質のものや大きすぎるヘッドのもので歯を磨くと歯茎を傷つける恐れもあります。歯ブラシを選ぶ際のポイントについてみていきましょう。

歯ブラシ選びのポイント

  • ヘッドは小さめのもの
  • 毛が平らに生えているもの
  • 毛の質はナイロン
  • 毛の硬さはふつう
  • 柄がまっすぐのもの
  • 歯周病予防には毛の細いものがおすすめ

基本的にはヘッドは下の前歯3 本分の大きさの小さめのもので、毛は平らに生えているもの、柄はまっすぐのものがよいといわれています。毛の質はナイロンで硬すぎずやわらかすぎないものがよいでしょう。硬すぎると歯茎を傷つけてしまい、やわらかすぎると歯垢をしっかり落とすことができません。歯周病予防のためには、歯茎と歯の間をブラッシン
グしやすい毛の細いものがおすすめです。

歯ブラシを変える目安

歯ブラシの毛先が開いてしまうと、毛先が歯に当たらず、ブラッシングの効果が落ちてしまいます。だいたい2~3 か月に1 回のペースで、毛先が開いたら歯ブラシを取り換えましょう。あまりにも早く歯ブラシの毛先が開いてしまう場合は、力の入れすぎや研磨剤の使い過ぎも考えられます。研磨剤の使用は適量にし、力を入れすぎないように注意しましょう。

歯ブラシの持ち方・動かし方

歯垢を除去しやすい歯ブラシの持ち方、動かし方を確認しましょう。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシを握り込むと力が入りすぎて歯茎を傷めてしまいますので、鉛筆を持つように軽く持ちましょう。前歯の歯と歯の間を磨くときには、親指と人差し指で持って歯ブラシを縦に持つと効率よく歯を磨くことができます。

歯ブラシの動かし方

歯ブラシの毛先を歯に垂直に当て、軽い力で細かく動かします。大きく歯ブラシを動かすと、毛が歯に押し付けられてしまい、毛先で歯垢をとらえることができません。

歯と歯の間、歯と歯茎の境目など、歯垢が付きやすくとりにくい場所は鏡で確認しながら毛先を当てて丁寧にブラッシングしていきましょう。下の前歯の裏側、奥歯の外側など、歯石が付きやすい部分も意識して磨くようにしましょう。

歯ブラシを細かく動かすことが難しい高齢者の方や手が不自由な方は電動歯ブラシを用いてブラッシングすることもおすすめです。

 カテゴリ:未分類