未分類 | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

カテゴリ: 未分類

インビザライン 歯の矯正 審美矯正について

インビザラインとは

従来のワイヤー矯正とは全く異なる、マウスピース型の矯正装置です。

そもそもマウスピース矯正とはなにかと言うと、透明なアライナーを装着して歯を少しずつ動かす仕組みの矯正方法です。1-2週間ごとにアライナーを交換することで徐々に歯並びが整っていきます。

インビザラインは透明なマウスピースなので、非常に審美的です。透明で目立たないため見た目を気にすることなく矯正治療を進めることができます。また、薄く軽いこともあり快適にご使用いただけると思います。

歯科先進国アメリカのアライン・テクノロジー社が開発したもので、1999年のアメリカでの販売開始以来、世界100ヶ国以上で提供されています。延べ900万人を超える患者様に使用されている、確かな実績のある矯正装置です。

マウスピース矯正にはインビザラインと格安マウスピース矯正(LCM)があります。LCMが前歯など部分的な矯正を主に対応しているのに対して、インビザラインは部分矯正だけではなく全体矯正にも対応しているのが大きな特徴で、
歯並びを改善する「矯正歯科治療」のうちの1つにあたります。
(正確にいうと、その中の「マウスピース型カスタムメイド矯正装置」に分類されます。)

重度の叢生(乱ぐい歯)

開咬(オープンバイト)

反対咬合(受け口)

過蓋咬合(深い噛み合わせ)

町田駅前グレイス歯科 矯正歯科ではインビザラインプラチナムエリートドクターが治療にあたります。
虫歯や顎関節の専門とする歯科医師も在籍しており、総合的な歯科治療、矯正治療が可能です。
お気軽に一度ぜひご相談ください。

 カテゴリ:未分類

歯や顎を守るためにマウスピース

マウスピースの効果

歯の食いしばりで歯にかかる負荷はどれくらいか、ご存知ですか?

その負荷は自分の体重の2〜5倍相当と言われています。これほどの力が歯にかかるので、毎日繰り返されると歯は段々削れ、欠けていきます。

そこで活躍するのがマウスピースです。マウスピースをしていれば、歯が削れていってしまうところを身代わりになってくれるのです。

マウスピースは歯のすり減り防止の他にも、歯ぎしりの力を分散/歯の位置の改善/顎関節を負担から守るなど様々です。また、その用途によって種類も下記のように異なります。

①顎(がく)関節スプリント
顎関節症などを持つ方向け

②矯正用マウスピース
歯科矯正で使用

③ナイトガード
睡眠時に使用する歯ぎしり対策

④スリープスプリント
いびきの軽減のために使用

⑤スポーツマウスピース
スポーツ時の顎部保護のために使用

⑥保定用マウスピース
矯正終了後に後戻り防止で使用

実際、マウスピースを日々つけていると少しずつ削れていくことが確認できるようになります。これを見たら、歯ぎしりや食いしばりの自覚がない方でも治療をしようと考えが変えるはずです。

ストレスや噛み合わせの悪さなどの、根本的な原因を治療しなければならいことは勿論、まずは強い力から歯や顎を守らなくてはなりません。

特に意識がない寝ている間の歯ぎしりや食いしばりから自分を守るため、早めに手に入れて装着することをおすすめします。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科 口腔外科では、保険治療の範囲内でマウスピースを作ることも可能です。
マウスピースに特化した認定医も在籍しております。お気軽にお問い合わせください。

 カテゴリ:未分類

子供の歯の生え変わり (乳歯の生え変わりについて)

子どもの歯の生え変わりについて

子どもの成長が喜ばしい反面で、乳歯の抜ける順番など歯について気になる方も多いと思います。

身体の成長に伴って顎の骨が成長し、歯の生え変わりは大体6-12歳頃にかけて起こります。

歯の生え変わりの時期にはトラブルも少なくありません。当院にも、お子さまの歯のご相談で多くの方がご来院されます。

そこで今回は

・子どもの乳歯や永久歯の本数

・乳歯の抜ける順番

・乳歯の歯の生え変わりの時期

・生え変わりの時期に注意すべきこと

ついてのお話ししていきます。

皆様は、子どもの乳歯は全部で何本抜けるのかご存知でしょうか?

正解は、全部で20本です。

生後6か月頃から、乳中切歯と呼ばれる下の前歯の乳歯が生え始め、3歳くらいまでには生え揃います。乳歯はすべて生えそろうと、上下10本ずつ、全部で20本になります。

そしてこの乳歯は、一般的には6歳前後-12歳くらいまでに、永久歯へと生え変わります。永久歯は親知らず(第3大臼歯)を除き、28本になります。もしも親知らずも4本生え揃うと合計32本になります。

個人差が大きいのですが、女性の方が比較的早く生え揃うことが多いです。

乳歯は、前から順に生え変わります。(例外もあります)
大体6〜7歳頃から下の前歯から抜け始め、7〜8歳頃で上の前歯が抜けて、永久歯が生え始めます。

8〜9歳頃には前歯から奥歯に向けて順番に生え変わり、11歳頃に上下の奥歯に到達、12〜14歳頃には全ての歯が永久歯になることが多いです。

歯の生え変りにおいては、かなり個人差があるため2年ほど前後することがありますが、永久歯が生え揃うまではおおよそ6〜7年かかるということてすね。

中学に上がるくらいの年代で、全ての永久歯が生えそろうことが多いですので、うちの子は遅くて不安などと、あまり神経質にならないようにしましょう。

また、生え変わりの時期には下記のことに注意してください。

・早めに抜かないようにする

・乳歯が抜けない

・乳歯が抜ける前に永久歯が生える

・永久歯が生えてこない

・乳歯の虫歯は治療しておく

・生えたばかりの歯は虫歯に注意する

・口腔習癖

上記のような生え変わりの時期のズレは歯並びに悪影響しますし、お子様の指しゃぶりなどの癖は出っ歯を誘発しますので、注意しましょう。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯科保存学での、歯学博士が治療に当たらせて頂いております。
お口や歯でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯磨きの歯磨きのベストなタイミングとは

歯磨きのベストなタイミング

前回、歯周病予防に関して歯磨きの重要性を述べました。では、具体的に、食後何分以内に歯磨きをするべきか、気になったことはございませんか?

「食後すぐの歯磨きは歯にダメージ」

「歯の腐食を防ぐには、唾液によって酸にさらされた象牙質が再び硬さを取り戻すため、少なくとも食後30分経ってから歯磨きをするのが望ましい」

このように、食後30分以内には歯磨きをすべきでないなど様々な情報が飛び交っており、どのタイミングで磨くべきか迷っていらっしゃる方も多いと思います。

実は、食後30分以内の歯磨きが好ましくないというのは、ほとんどの人が当てはまりません。

一般的に、食事をした直後のお口の環境は酸性に傾いているため虫歯が非常に出来やすい状態になっていますが、だ液の働きより時間をかけてアルカリ性に戻していき、再び固いエナメル質が形成されます。

ただし、「酸蝕症」と言われる酸性の食べ物をよく口にすることでエナメル質が薄くなっている人もいらっしゃいます。

このような方は、食後30分ほど時間を空けた方が良いのですが、大半の人は「酸蝕症」になっていないため、酸性の時間を短くするという観点で言えば食後早く歯磨きをした方が良いということになります。

当院でも、食後なるべく早く歯磨きをしていただくよう患者様にお伝えしております。

歯を長持ちさせるために虫歯治療を研究している日本保存歯科学会が、食後30分以内の歯磨きの是非について見解を出しています。

「基本的には虫歯予防の視点にたつと、食後の早い時間の歯磨きが望ましい」

「炭酸飲料などの酸性の飲食物を摂った後、30分間は歯磨きを避けるべきという根拠の確認はできていない」

このように、こちらの学会でも食後すぐの歯磨きの方が良いという見解で変わらないようです。

お口の虫歯菌が最も増えるタイミングは、だ液の分泌が少なくなる就寝中です。

寝る前には、歯磨きをして食べかすを綺麗にしておき、寝ている間に増えた細菌を洗い流すように食事前に歯磨きをすることをおすすめします。
町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯科保存学での、歯学博士が治療に当たらせて頂いております。
お口や歯でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯周病の体への

歯周病の影響について

歯周病治療は早期発見、早期治療が肝心です。
歯周病は歯茎の炎症から始まり、最終的には歯を支える骨まで溶かしてしまうお口の感染症です。日本人の成人の約8割がかかっているという統計もあります。

沈黙の病気”と呼ばれる歯周病は、その名の通り、初期の段階では自覚症状が乏しいため、受診した時には手遅れで歯を失う人もケースもあります。

高齢者の病気というイメージがあるかもしれませんが、実際のところ、20歳以下でも軽度の歯周病を持つ人は6〜7割近くいます。加齢だけが原因ではないことが分かりますね。

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の最大の原因は、不十分な歯磨きによるプラーク(歯垢)です。
※プラーク(歯垢)とはネバネバした黄白色の粘着物で、生きた細菌の塊のことです。

そのほとんどがんその少ない場所を好むため、歯と歯茎の隙間に潜んでいます。

歯周病菌は血管に入り、全身に回って下記のような悪影響を与える恐れがあります。

・狭心症
・心筋梗塞
・心内膜炎
・糖尿病
・胎児の低体重、早産
・認知症
・動脈硬化
・がん
・肺炎
・肥満
・骨粗しょう症

歯周病は口の中だけの病気と、軽く考えてはいけません。予防するには、毎日丁寧に歯磨きをすることが重要です。

歯ブラシで歯を1本1本丁寧に磨き、糸ようじやフロス、歯間ブラシ等で歯と歯の間を清掃しましょう。

菌の繁殖を抑え、綺麗な状態を保つためには、洗口液の使用が効果的です。洗口液は、口の隅々まで行き渡りますし、成分が口内に残りやすいため歯周病予防に適しています。

歯ブラシで取りきれないプラークや歯石は、歯科医院で定期的に除去することをおすすめします。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯周病治療も常時行っています。歯周病の専門医も在籍しています。
歯周病でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

ボトックスによるガミースマイル改善

ボトックスによるガミースマイル改善

ガミースマイルとは、笑顔になったときに口元から歯茎が見えてしまう症状のことです。

「歯茎が何ミリ出ていたらガミースマイル」といった、はっきりとした定義や基準はありませんが、一般的には歯茎が3mm以上見える口元に対して、ガミースマイルという名称を用いることが多いです。

ガミースマイルになる原因は人によってさまざまですが、主な要因は下記の通りです。

・歯並び(出っ歯や歯の位置)や上顎骨の問題

・歯茎の過剰発達

・歯の大きさや遺伝

・唇の薄さや上唇挙上筋の問題

ガミースマイルは口を閉じにくくなるので口呼吸になりやすくなります。よって、歯茎や口内が乾燥しやすくなり、口臭や歯周病、虫歯の進行などのリスクにも繋がります。

ボトックス注射をすると、上唇の可動域が制限され、歯茎が露出する範囲が小さくなります。自然な印象となるように、左右に均等にボトックスを注入します。

ダウンタイムはほぼなく、痛みが少ない点がメリットです。上唇の裏の粘膜に打つことも可能なので、傷跡は全く分かりません。

ボトックスは徐々に効いていきますので、効果は2〜3日経ってから実感でき、施術後3〜6ヵ月程度持続します。

当院では、経験豊富な歯学博士による、カウンセリングやボトックス治療も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科 口腔外科 小児歯科
歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯ぎしりとボトックス (エラボトックスについて)

エラボトックスについて

エラの筋肉は咬筋といい、輪郭にとても影響している筋肉です。エラ張り(エラの筋肉の発達)が強いと、顔が大きく、ゴツゴツとした印象のお顔に見えてしまいます。

また、歯ぎしりをする人は、咬筋の発達につれて咬合力(物体を噛み締める顎の力)も強くなり、歯が削れてしまう原因にもなります。

エラ張りが強い人の特徴
・歯ぎしりをする方
・歯医者さんで歯が削れてると言われた方
・固いものが好きな方
・ガムなどを定期的に食べる習慣のある方

また。起きている時に歯と歯が当たっていることを、正常と思っている方もエラ張りが強くなります。

歯は、毎日咬み合わせることで、少しずつ歯は摩耗していきます。これを”咬耗”と呼びます。
高齢になるにつれて咬耗が大きくなり、歯の凹凸が少なくなりますが、これは加齢現象ですので特に問題はありません。

ところが、歯ぎしりをする習慣がある人は若い年齢であるにもかかわらず歯の咬耗が著しい傾向にあります。歯ぎしりは睡眠中に無意識にしていますが、その咬合力は覚醒時よりも強いと言われています。

マウスピースを作って就寝時に装着することで、歯の咬耗は抑えることもできますが、発達してしまった咬筋は簡単に衰えることはありません。

そこで、エラ(咬筋)に筋肉の動きを休ませるボトックスを打ちます。注射後は早くて3〜4日で咬筋の筋力が落ち、自然に細くなっていきます。1週間〜3週間が経過するとエラの張りが小さくなり効果を実感できます。
同時に、咬合力も弱くなるので、歯ぎしりの抑制にも繋がり非常におすすめです。
施術当日から、メイクや入浴も可能です。
妊娠中の方は避けたほうが良いと言われています。
当院では、経験豊富な歯学博士による、カウンセリングやボトックス治療も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科 口腔外科 小児歯科
歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯科治療とボトックス

歯科治療にも、よくボトックスが用いられます。
ボトックスとは、美容効果だけではなく、治療効果が期待される目的で施術される注射もあります。
ボツリヌス治療やボツリヌス療法とも呼ばれます。

ボツリヌストキシンと呼ばれる毒素から毒性を抜いた菌を注射器で注入することにより、筋肉を収縮させないように抑制する作用があります。

このボツリヌス菌により生産されたタンパク質は、”アセチルコリン”という神経伝達物質の働きがブロックされます。それにより、様々な効果が期待できます。
特に、シワ改善・多汗症改善・小顔効果・部分痩せ等の美容効果があると言われています。
歯科の領域では、
食いしばりの抑制(異常な力が入らず、歯や顎を守るためです)
食いしばりの抑制のために打つと、エラボトックスでの小顔効果もあらわれます。
顎下にできる、梅干し状のシワとり
ガミースマイル(笑った時やしゃべる時に歯茎が出てしまう)の改善
などに、多く用いられます。

ボトックスの注入量によって、効果の現れ方は異なりますが、量が多ければ良いというわけではありません。
ボトックスの効果が現れるまでの期間や持続する期間は、人それぞれです。
だいたい3-6カ月くらいが一般的ですが、回数を重ねると効果が長持ちすることが多くなってきます。

ボトックス注射を行った日に、メイクや日焼け止めも可能ですが、体を
温めない方が効果が出やすいとされています。
妊娠中の方は避けた方が良いとされています。
今後は、食いしばりやガミースマイルなどへのボトックスの効果を掘り下げていこうと思います。

当院では、経験豊富な歯学博士による、カウンセリングやボトックス治療も可能です。
お気軽にお問い合わせください。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科 口腔外科 小児歯科
歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯科矯正 歯並び 噛み合わせ治療のメリット

噛み合わせを治療するために来院する患者さんが増えています。嚙み合わせをよくすることできれいな歯並びになれば見た目がよくなる、肩こりなど身体の不調が改善するなどさまざまな影響があります。嚙み合わせが悪くなる原因は顎の骨格が原因の場合や、やわらかいものを好んで食べるようになった為、あごが小さくなり歯の生えるところが窮屈になり歯が過密状態になり並びが悪くなる、むし歯などで歯を失い、そのまま放置したままにすると残された歯がずれてしまい噛み合わせが悪くなることがあります。そのほかにも入れ歯やブリッジなどを入れたときに調整が上手くいかず噛み合わせが悪くなることもあります、もし入れ歯やブリッジなど治療を受けて違和感があるときは医師に報告しましょう。

 嚙み合わせの治療には歯列矯正があります、歯列矯正には歯を抜いて歯列を小さくして治療する方法と歯は抜かずに歯の位置を移動することで嚙み合わせを改善させるする方法があります。矯正治療は期間が長く矯正装置をつけると歯が磨きづらくなるのでむし歯になりやすくなります。矯正治療は全体矯正と部分矯正があります、部分矯正は気になる場所だけ治療できるので全体矯正に比べて治療期間が短いことや費用も安価になるなどメリットがあります。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では、矯正医による無料矯正相談も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
 

 カテゴリ:未分類

歯を抜いた後の治療 

今回は歯を抜いた後についてです。

歯を抜いた後は傷口が治るのと同じで傷口の血が固まりかさぶたができるのと同じで、
血餅という血液の塊ができます。

血餅は抜歯をしたあとにできる抜歯窩(空洞)を塞ぐ役割があります。
この抜歯窩を塞ぐことが非常に大事なことになります。

抜歯をしたあと抜歯窩がどういった順序で回復していくかといいますと、
歯を抜いた周りの歯茎や骨といった組織から血がにじみます。
その血がだんだんと抜歯窩にたまり徐々に固まって血餅となります。

この血餅は約二日程度で作られます。
その血餅の中に周りの組織から血管伸び、新しい血管が作られていきます。
その過程で抜歯窩には血液が集中しますので、発熱や痛みがピークになります。
ただ熱をもっているからといって、患部を冷やして痛みを和らげようとすると、
逆に血行不良になり、新しく血管を作る作業が遅れてしまうので、
患部の冷やしすぎには注意しましょう。

一週間程度で血餅の中に血管ができ、繊維素やコラーゲンが集まります。
そして肉芽組織というものを作ります。この組織ができると傷口が安定してきた証拠です。
ただ柔らかい組織なので強く触ったりはしてはいけません。
そして血餅もこの頃になると自然と剥がれ始めますが、無理に剥がすのも厳禁です。

そして2カ月ほど経つと、仮骨と呼ばれる組織ができます。
前にできた肉芽組織が歯茎や骨に変化した結果になります。
仮骨自体は骨の元になる組織でまだ未完成な状態のため、完成された骨に比べると柔らかい状態になります。

そして約三カ月ほどで仮骨が完全な骨になり、抜歯窩も埋まって治癒が完了します。

人の体は歯を抜いた後は回復のためにいろいろな工程を踏み、かつ完全に治るまでには少し時間がかかります。
そしてかさぶたのような働きをする血餅は非常に大事な存在です。

もしこの血餅がなんらかの理由でできなかった時や、肉芽組織になる前に剥がれてしまったらどうなるでしょうか。

歯を抜いた後の抜歯窩は空洞になっています。
そこに血餅ができなかったら歯を支えている骨(歯槽骨)まで直通で空洞になった傷口が完全にむき出しになってしまいます。
この状態をドライソケットといいます。

ドライソケットになっていると、傷口が常時開放されていますので細菌感染を起こし治りが遅くなってしまいます。
3日程経って痛みどめを服用しても痛みがひどくなった場合や、
これよりさらに痛みが長期で続いてしまう時は要注意です。
長期的な痛みに耐えるのは非常に苦痛な事なので、
その場合は歯医者さんに相談をした方がいいでしょう。

なので抜歯後にできる、血餅がきちんとできるように抜歯後は安静にしておく必要があります。
そして出来上がった血餅がすぐに剥がれおちないように、強い刺激を与えないように注意をしなくてはいけません。
飲酒や喫煙は血餅の形成を妨げますし、強いブラッシングやうがいの強さは血餅を剥がす原因にもなります。
抜歯後2,3日はなるべく安静に過ごし、栄養バランス等のよい食事そして患部にはなるべく刺激がいかないようにしましょう。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、急患の受付を常時行っています。口腔外科の専門医も在籍しています。
急な痛み等でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類