ブログ | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレイス歯科・矯正歯科・口腔外科

ブログ

ブログ

入れ歯とインプラント

 入れ歯を作るには、まずお口の中の状態を石膏でできた模型に再現しなくてはなりません。
いろんな意味で忠実に模型上に表現することが、入れ歯づくりの成功への一歩です。
専門的な技術に関しては、ここでは割愛させていただきますが・・・・

 お口の中の粘膜は、やわらかい所や硬い所そして動いたりする部分など、一筋縄ではいかないのです。
そういった色んな事を考慮しながら入れ歯づくりは始まります。

 話は少し変わって、歯が全く無くなった場合とは別に、残存歯や歯根(歯の根っこ)が有る場合は
入れ歯の維持・把持に役立てる事が出来ます。
私も、様々なアタッチメント(維持装置)を製作し、その中でも歯の根っこ(残根)を
利用した根面アタッチメントは得意とするところです。現在、主流となっている磁性アタッチメントは
某メーカーの(緩衝型磁性アタッチメント)治験もさせて頂きました。

術者可撤式と呼ばれる、インプラント体と入れ歯をスクリュー(ねじ)でジョイントする方式は患者自身で
入れ歯の取り外しが出来ません。一方、磁性アタッチメント(アバットメント)等の根面アバットメントを
利用して安定させる入れ歯は取り外し可能です。双方ともメリット・デメリットあるとは思いますが、
入れ歯の安定でお悩みの方は、いちど歯科医の先生にご相談されると良いかと思います。

 根面型アバットメントを用いた入れ歯の安定には、ミニインプラントを用いる事も可能な場合が
あります。ミニインプラントはその名の通り、長さ太さが小さめの歯科用インプラント体です。
顎骨が痩せ細った症例にも適用可能な場合があります。

 歯科用インプラント体を治療に用いる事により、見た目の改善、物を噛む力の改善が期待されます。
あと一般的に知られてないのがインプラント体を骨に入れることにより、歯を喪失したことによる
顎骨の吸収(あごの骨が痩せ細る)を抑制する作用が期待できるのです。
骨が小さくなると顔貌もふけるでしょう。

 いつまでも美味しい物を食べて、若々しくいたいものです。

町田駅前グレイス歯科では、入れ歯が合わない、食べ物が上手く噛めない等で
お困りの方のご相談を随時受け付けています。
ご希望の方はお気軽にご相談下さい。

歯科医師 歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯の揺れ

歯が揺れてしまうのはなぜでしょうか。
歯が揺れてきてしまったらどうしたらいいのか?
ご説明していきます。

まず歯が揺れてぐらぐらしてしまうと最終的には抜けてしまうリスクがあります。
なので歯が揺れてきた時はなんらかの対処をする必要があります。

特に永久歯が揺れてきてしまうのは注意が必要です。
子供の生え変わりでぐらぐらするのとはわけが違います。

この歯の揺れる主な原因は歯周病が考えられます。

歯周病とはなにかですが、細菌の感染によって起こる炎症性疾患になります。
歯と歯肉の境目に歯垢や歯石がたまりそこに多くの細菌が集まることにより、歯肉の炎症が起こります。
炎症が起こっていても強い痛み等を発さないため、静かに進行することが多いです。
ただ歯肉が赤く腫れたり、歯磨き等をした時に出血しやすくなるため、
歯肉に意識を向けると異常に気づくことはできるでしょう。
その場合は歯周病を疑い歯科医院の受診をした方が良いです。

そして歯周病がどんどん進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目の溝が深くなり、
歯を支えている骨が溶けて歯が揺れてきたり動くようになり、
それに伴なって歯肉も下がっていきます。
症状が進行してしまうと最終的には歯を支えることができなくなり自然と抜け落ちてしまうこともあります。
なので早めの対策をしていき、なるべく症状が悪化する前から予防をし、症状を安定させ現状を維持していく必要があります。

歯周病は成人の8割がかかっていると言われています。
あとはそれぞれの人により症状が軽度から重度までに別れます。

見分け方の一つとして歯周ポケットの深さがあります。
健康な人の歯周ポケットの深さは2、3mmと言われています。
なので3mm以上になると歯がぐらつき始めるので、歯周病の進行が疑われます。

上記の通り歯周病が何より怖いのは痛みが出づらいことにあります。

虫歯の場合は神経が残っている歯であればしみたり、ズキズキと痛みがでることにより気づくことができますが、
そういったサインで気づきにくいことがあります。
特に気にしなければ、最悪歯を残せない段階まで進行してしまう可能性もあります。

なので日々のケアをしっかり継続することが必要になります。
丁寧なブラッシングをし歯の汚れをしっかりと落とす。
特に歯と歯の間や、歯と歯肉との間の汚れを落とすことを意識するといいでしょう。

ただ、歯と歯の間は歯ブラシを使うだけでは限界がありますので、
歯間ブラシやデンタルフロスを使うとより効果的です。
特に歯と歯がきつく並んでいる場合はデンタルフロスの方が良いでしょう。

しかしながらご自宅でできるセルフケアにも限界がありますので、
必ず歯科医院で行っている歯のクリーニングも受けた方が良いです。
だんだんと溜まっていく歯石はご自宅で落とすことは困難なため、
専門の器具を使って落とす必要があります。

溜まってしまった歯石を放置してしまうと、歯石まわりにさらに汚れが溜まっていき、
状態がどんどん悪くなってしまいます。

なので日々のケアと歯科医院での定期検診をし、
歯周病ケアを継続的に続くていくことで、
今ある歯を将来長く使えるように保つことができます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯の定期検診やクリーニングのご予約を随時受付けていますので、
ご希望の方は、お気軽にお申込みください。保険診療で行うこともできるので、治療費を抑えて行えるので、定期的に続けていき、お口の健康を保ちましょう。

歯科医師 歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯茎を押したときの痛み

歯茎や歯の根っこの辺りを押したときに痛みを感じたことはないでしょうか?
今回はそんな痛みの原因を説明していきます。

歯茎や根っこで感じる痛みの原因ですが、
いくつかの種類に分かれます。

・根の治療をした歯の感染症
・歯根膜炎
・歯根嚢胞
・根の割れ

それぞれについて解説していきます。

・根の感染症
これは一度虫歯等により神経を取る治療をした歯の根の先で感染を起こしている状態です。
そして根の先炎症が起こり膿がだんだん溜まっていきますので、
そのせいで痛みを伴うことがあります。
ただ痛みを伴わず膿だけが膨れていき、症状が悪化してしまうこともありますので、
神経を取る治療をした後は定期的に歯科医院で状態が悪くなっていないかのチェックをしてもらう必要があります。

・歯根膜炎
歯根膜という組織が歯と歯が埋まっている歯槽骨の間にあります。
この歯根膜は非常に優れた組織で歯に対する情報を読み取るセンサーの役割があります。
この膜の部分が炎症を起こして痛みを伴うことがあります。
そして歯根膜炎には外的要因と感染性のものとに分けることができます。
外的要因には、過度の負荷が考えられます。
転んだ時に歯を強く打ったりとか、硬い物を噛んだ時に強く噛み過ぎてしまったり、
あとは歯ぎしりのせい等が考えられます。
歯根膜自体は硬い組織ではないので、そのストレスのせいで炎症を起こしてしまいます。
打撲と同じような状態です。
もう一つの感染性は歯根膜が細菌感染により炎症を起こします。
噛んだ時や押したときに痛みを感じます。
ただ症状が進むと何もしていなくても痛みを伴います。
歯根膜炎になると基本的に根の治療が必要になってきます。

・歯根嚢胞
嚢胞とは袋のような形をした病態になります。
それが根の先にできるので、歯根嚢胞と言います。
この歯根嚢胞の中に膿が溜まってくると嚢胞が膨らんでいきます。
自覚症状がない場合もありますが、
大きくなってくると痛みをともなったり、違和感が出てきたりすることがあります。
そして膿が溜まると口臭の原因になったりもします。

・根の割れ
歯の根っこが割れてしまうことがあります。
特に神経を取っている歯で起こることの方が多いです。
神経の治療をすると、将来的に歯はどうしても時間経過とともに劣化します。
そしてもろくなった歯に圧力がかかった時に割れてしまうことがあります。
割れ方にもよりますが、割れてしまうと抜歯になるケースが多いです。

歯茎を押して痛みを伴う時は以上のような原因が考えられます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、初診・急患の受け入れを随時行っています。
上記のような症状等でお困りの方はお気軽にご相談下さい。
歯科医師 歯学博士 平井一孝

 カテゴリ:未分類

歯の栄養素と歯の構造

まず歯にはどのような栄養素がふさわしいかですが、
基本となる栄養素はカルシウム・リン・タンパク質になります。
さらにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンDが必要になります。
これらの栄養素をどんな食物から摂取できるかご紹介します。

カルシウム・リン
牛乳等やヨーグルト等の乳製品、大豆やひじき、ごまなど。
これらが歯の主体となる成分です。

タンパク質
卵、肉、魚、そしてこちらも乳製品、大豆などが含んでいます。
歯質の土台を作る働きがあります。

ビタミンA
卵やチーズ、緑黄色野菜などが含んでいます。
歯表層のエナメル質を作る働きがあります。

ビタミンC
野菜類、果物類、イモ類などが含んでいます。
ビタミンCは口腔内の傷の治りを助ける働きもあります。

ビタミンD
魚介類やキノコ類などが含んでいます。
ビタミンDには腸から吸収したカルシウムを、骨や歯へ送る働きがあります。

歯の栄養素には上でご説明した物などがあります。
ただバランスよく栄養を摂取することが大事になりますので、偏った栄養素の摂取は逆効果になります。
また乳歯から永久歯に生え変わる時期は、
カルシウムなどの栄養素を積極的に摂取して歯質の強化を図るのが良いでしょう。

そして歯の構成ですが、
歯は表層部分からエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄腔とういう4種類に分かれます。

エナメル質
歯の表面を覆っている硬組織で、透明感があり人の組織の中で最も硬く、
ほとんどがヒドロキシアパタイトという成分からなっています。
96%がこのヒドロキシアパタイトです。残り4%は水になります。

象牙質
歯の主体となる硬組織で、象牙質の色味で歯の色の見え方が変わります。
約70%がヒドロキシアパタイト、残り20%が有機物、10%が水からなっています。

歯髄腔
歯の神経(歯髄)が入っている空洞です。
神経と血管が中に入っています。
その血管を通じて歯に栄養が届くため、
神経の治療をした歯には栄養が届かなくなります。
そのため変色や歯質の低下が起こります。

セメント質
歯の根の部分をを覆う硬組織で、
約60%がヒドロキシアパタイト、残り25%が有機物、15%が水からなっています。

これらの組織が組み合わさって歯は成り立っているのですが、
構成が歯の頭(歯冠部分)部分がエナメル質で覆われていて、
歯の根(歯根)の部分がセメント質で覆われています。
そしてエナメル質とセメント質に覆われている中に象牙質があります。
そしてその象牙質の中に、歯髄空があり、歯の神経や毛細血管が入っています。

歯が虫歯になってしまうと虫歯菌による酸により、まずエナメル質が溶かされます。
いくら硬いエナメル質でも虫歯菌の出す酸には弱いため何もしないと時間経過とともに状態が悪化します。
そして象牙質が溶かされていくと、歯髄腔の中の神経までとの厚みがなくなったり、神経が露出してしまったりするので、
歯がしみたり、痛みが出たりします。

そこからの治療になってしまうと、歯の神経が残せなくなり、歯のもちが悪くなります。
なので虫歯を早期に発見するためにも、
定期的な検診をしていくことが非常に大事になります。

そしてフッ素塗布などにより、外部から歯質を強化することもできます。
町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、
子供から大人まで無料でフッ素塗布を行っていますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

インプラント (歯科)

インプラント
本日のテーマはインプラントになります。
インプラントって名前は聞いた事があるけど
どんな治療をするのかわからないという方もいらっしゃるかと思います。
なので今回はインプラントについて解説していきます。

そもそもインプラントという名称は体内に埋め込む材料や医療機器の総称です。
歯科では歯科インプラントと言い、人口の歯根をさします。

まずインプラントはどういう状態の時に適応になるかですが、
歯に何かしらの異常があり、抜歯をしなくてはいけなくなった後の欠損状態になった部分に適応できます。
他には先天的に永久歯が生えて来ない場合もありますので、そういった場合も適応できます。
つまりは歯がない部分に対して行う治療ということになります。

ただ歯がない部分すべてにインプラントを使えるというわけではないです。
インプラントは顎骨に対して人口の歯根を作りますので、
顎骨の十分な厚みや密度が必要になりますので、
まずは十分な検査をしてインプラントが適応になるかどうかを判断します。

インプラントの適応が確認された場合はインプラントの埋入手術を行い、
インプラントと骨の結合を待ちます。
そこから数ヶ月待ってから上の被せ物を作っていきます。
基本的には保険外の治療になりますので、セラミックスの被せ物になります。

インプラントのメリットとして、
周りの歯を削ったり負担をかけたりすることがなく、欠損している部分に対してだけの治療になりますので、
他の歯への負担が心配な場合は最適な治療と言えるでしょう。
そして噛み心地をしっかり感じ取れる事や違和感を感じづらく自分の歯のように使用できます。
入れ歯等をお使いで噛み心地が悪くしっかり物が噛めなく困っている方には良い治療法と言えるでしょう。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯がなくお困りの方のご相談を随時受け付けております。
また、当院にはインプラントの研修を積んだ熟練の歯科医師もおりますので、
ご興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

 カテゴリ:未分類

歯の黄ばみ着色汚れ ホワイトニング

今回は歯の着色になります。

普段からいろいろな飲食物によって歯は汚れていきます。
それが蓄積していき歯がだんだんと着色いきます。
日常から色の強い飲食物を摂取する方は、より早く歯の着色が起こるでしょう。

始めに着色の原因ですが、いくつかのパターンに分かれます。

加齢による着色変化
この加齢による変化はお肌や体と同じで、年を重ねるごとに少しずつ変化していきます。
歯の場合は黄色や茶色味を帯びていきます。
そして加齢によるものなので、防ぐことはできません。
ただホワイトニング等すれば本来の色に近づけたり、元よりも白くすることはできます。

ステインによる着色
毎日歯磨き等のセルフケアをしていても完全に着色汚れを落としきることは難しいです。
なぜかというと汚れが付着するだけでなく、唾液中に含まれるタンパク質と化学反応を起こして歯に汚れが沈着してしまうからです。
着色しやすい成分は、タンニンやカテキン、ポリフェノール等があります。
そして食べ物や飲み物やタバコに含まれるタール等が原因となります。
具体的な飲食物だと、コーヒー、お茶、赤ワインやカレー、チョコレート等があります。
当院の場合、保険診療で行えます。

むし歯による変化
虫歯菌により歯がとかされ、茶色や黒色に変化します。

神経がない歯
事故や怪我によって歯にダメージがいき神経を失ってしまったり、
むし歯等の治療により歯の神経を失った時に起こります。
歯は神経を失うと十分な栄養を得られないため、だんだんと茶褐色へと色が変化してしまいます。
こちらは特殊なホワイトニングで色を白くすることはできます。(ウオーキングブリーチと言います。)

詰め物や被せ物が劣化して起こる変色
長年使っている間に、詰め物や被せ物をしていた素材の劣化や色素沈着により起こります。
変色を治す場合は、詰め物や被せ物を削って新鮮な面を出すか、
内部まで変色している時は、新しいものへ作り替えるといった方法があります。

以上のような原因がありますが、歯の着色を落とすためには、
定期的な歯科検診をうけるようにするか、歯のクリーニングを思い立った時にしてもらうか、
歯のホワイトニング等をすることで、解決することができます。

特に歯のクリーニングは、着色を落とすだけでなく、
毎日のブラッシングだけでは取りきれない歯石や歯垢の除去もしてもらえます。
それらはそのままにしておくと、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

そして初期むし歯の発見にもつながる可能性があります。

特に初期虫歯であれば歯を削らなくても済む場合もありますし、
歯の健康状態を保つためには非常にメリットのある選択肢だと言えます。

そして歯科医院で行っているフッ素塗布をしてもらえば、
歯磨き剤などに含まれるフッ素よりも濃度が高いため、より歯質を強化できます。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、
歯の定期検診や無料フッ素塗布やホワイトニングの取り扱いがありますので、
着色等が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

身体や心の健康とよく噛むこと

みなさん、最近は新型コロナウィルスの感染の再拡大もあり、長引く自粛生活やリモートワークなどからくる、

『コロナ疲れ』『コロナ鬱』などで身体的にも精神的にも辛さを感じることが多いのではないでしょうか?

そんな日々が続き、

・不安や緊張感の高まり

・吐き気や多汗

・全身のだるさ

・頭痛

・肩こり、手足のしびれ

・動悸、不整脈

・めまい

・不眠

などの症状を感じることはありませんか?

これらは自律神経の乱れからくることが原因の一つです。

『コロナ疲れ』が悪化すると自律神経失調症の発症につながることがあると言われています。

 自律神経とは、交感神経(興奮)と副交感神経(リラックス)からなっており、このバランスが崩れることが様々な症状を引き起こします。

このバランスをとる為に規則正しい生活をする、適度な運動を行うなどの方法も提唱されますが、

歯医者の領域では『噛む』ということも自律神経を整えるのを手助けしてくれます。

加えて一定のリズムを刻むということも、自律神経を整えるのに一役かっています。

ですので、『ガムを噛む』という行為は医学的にも自律神経を整えるのを助けてくれます。

 『良く噛む』ためにはお口の中のコンディションを整えることが大事になってきます。

 みなさん最後に歯医者に通院されたのはいつですか?

リモートワークで働き方も変わって時間の使い方も選択的になってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この機会に、お口のコンディションを整えてみませんか?

 町田駅前グレイス歯科では、こんなご時世ですので通常のご予約の枠を調整しながらの診療ですが、

地域の皆さまの急な歯の痛み・アクシデントなどに対応するため、GW中も休まず通常診療を行っております。

 カテゴリ:未分類

欠損補綴

歯の治療の中で欠損補綴という言葉があります。

欠損とは歯が無くなってしまった部分を差し、

補綴とは歯のなくなった部分の形態と機能を人工物で補うことを言います。

なので欠損補綴とは、歯を抜いた後に行う治療になります。

歯を抜かなくてはならない状況は、

虫歯や歯周病であったり、事故であったり

その人により変わりますが、

抜いた後の治療方法は決まっています。

今回はその欠損補綴の紹介になります。

欠損補綴に大きくわけると3つの治療方法があります。

ブリッジ、入れ歯、インプラントに大別されます。

それぞれの治療方法にはメリットとデメリットがあります。

1つ目にブリッジですが、ブリッジは被せ物を2個以上くっつけた形になります。

メリット
自分の歯の様にしっかり噛めて違和感が少ない歯を作ることができます。
保険治療にも対応しているため金額を抑えて治療をすることもできます。
また保険治療の金属のブリッジが嫌な場合は、セラミックスの白いブリッジを入れることもできます。

デメリット
柱になる歯を削らなくてはならないのと周りの歯で欠損部位を支えなくてはならないので、
今までよりも負荷がかかってきます。
歯の残っている位置や本数によって適応できる場合とできない場合があります。

2つ目が入れ歯になります。

メリット
入れ歯は欠損部位に対して幅広く対応できます。
ブリッジ同様保険治療が適応できます。
そしてブリッジと比べるとですが、歯を削る量を抑える事ができます。

デメリット
口の中は髪の毛1本入っているだけでも違和感が出るくらい繊細ですので、
そこに入れ歯というさらに大きな異物が入るためどうしても違和感が出やすいです。
なので入れ歯に慣れるまでの期間が大変な場合があります。
そして保険の部分入れ歯の場合は金属のバネが引っかかってくるため場所によっては目立つことがあります。
その金属のバネがあたって痛みが出たりすることもあります。
噛む力も本来の歯に比べると20~40%くらいしか発揮できないため、
しっかりと噛みごたえを感じる事が難しいです。

3つ目がインプラントになります。
メリット
インプラントは欠損部位に対しての治療になるため、
ブリッジや入れ歯と違い残っている歯に負担をかけない治療になります。
そして骨に人工の根っこを作れるため自分の歯のように噛むことができます。
上にくっつける被せ物もセラミックの物になる(当院の場合)ので、見た目も自然な感じに綺麗に作ることができます。

デメリット
保険外の治療になるため、金額がどうしても高額になってしまいます。
治療にかかる期間もブリッジや入れ歯に比べると長くかかってしまいます。

以上が欠損補綴(歯を抜いた時の治療)の治療になります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯が無くてお困りの方やお口のトラブルでお困りの方のご予約を随時受け付けています。
もちろん、歯を抜かないですむのであれば、それに越したことはありません。
当院の理事長は保存歯科(歯を残す治療)の歯学博士号を持っているので、他の歯科医院で「歯を抜く」と言われた方もセカンドオピニオンでいらっしゃり、実際は歯を残せた方も沢山いらっしゃいます。
歯を抜いた方も、まだ抜いていいない方も、ご希望の方は、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

虫歯について

今回は虫歯です!
そして削らなければならない虫歯。

虫歯とはどのように起こるか、そして歯の構造を理解していないと虫歯の段階もわかりません。

そんな歯の構造ですが、歯はいくつかの種類の組織の層から成り立っています。

まず一番外側を覆っている人体で一番固い組織のエナメル質。
次に神経等を覆っている象牙質
その中に歯髄と言われる、歯の神経や血管が入った組織。
この三層から歯は成り立っています。

そして虫歯は口の中にいる細菌が引き起こしますが、
ただ存在している段階では、虫歯にすることはできません。

ではどうしたら虫歯になってしまうかですが、
細菌の栄養となる歯垢が引き金になります。

歯にたまっている汚れ、磨き残しを糧にして細菌は酸を生成します。
そうすると固い組織であるエナメル質が溶かされて虫歯になってしまいます。

食事をすると口の中は酸性状態になりますので、
虫歯になりやすくなります。

ただ唾液が逆にアルカリ性に戻そうと働きますので口の中の酸性状態は1時間程で落ち着きます。

なのでちょこちょこ食事をしたり、間食をよくする方だと虫歯になりやすくなってしまいます。

しっかりと歯の汚れを落とすことと、口の中の清浄化の時間を作ってあげることで虫歯になるリスクを下げることができます。

次に虫歯になってしまった時にどの段階から歯を削らなければならないかですが、

虫歯は5段階に分かれます。
C0~C4と言います。

C0
初期の虫歯で歯の表面が白く濁っているくらいでそれ以外の症状がない状態
この状態であれば歯を削る必要はありません。
ブラッシングを丁寧に行い、フッ素塗布を行うと効果的です。
キシリトール入りのガム等を噛んで唾液を多く出してあげることで、
歯の再石灰化(歯の表面組織の修復)を促進させることもできます。

C1
エナメル質の虫歯になります。
この段階から虫歯の部分を削っていきます。
ただ表面組織のみなので、
コンポジットレジンという歯の色に近い白いレジン樹脂で埋めることができます。

C2
象牙質の虫歯になります。C2になると歯がしみるといった症状がでてきます。
C1の時と同様にレジン樹脂で埋めることもできますが、
虫歯の状態によっては型取りをして強度のある物が必要な場合もあります。
ただ神経との距離が縮まってしまうため治療後に痛みが出てしまうこともあります。
時間経過と共に収まってはいきます。

C3
神経まで進行した虫歯になります。
歯がしみたり、なにもしなくてもズキズキと痛みがでてきます。
この段階になると神経の治療が必要になってきます。
そのため治療回数もC2までの時よりもかかってきます。

C4
歯が崩壊するまで虫歯が進行してる状態になります。
ここまでくると神経も死んでいますので、痛みもないでしょう。
基本的な治療は抜歯になります。

このように虫歯がどこまで進行しているかで段階をわけることができます。
そして基本的には初期の虫歯以外は虫歯を削って取っていかなければ、
歯が溶かされて虫歯がさらに次の段階に進行してしまう恐れがあります。

町田駅前グレイス歯科・矯正歯科では、歯のお悩みを抱えている方のご相談を随時受け付けています。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 カテゴリ:未分類

インビザラインプラチナムドクターを取得 (マウスピース型矯正装置)

当院の理事長 歯学博士 平井一孝歯科医師がマウスピース型矯正装置・インビザラインのインビザライン専門医(インビザラインプラチナムドクター)」に正式認定されました。
歯の矯正治療の無料相談も行っておりますので、お気軽にご来院下さい。

 カテゴリ:未分類