ブログ | 町田 歯医者/歯科 町田駅前グレース歯科・矯正歯科

ブログ

ブログ

矯正治療と抜歯

大人の矯正治療を行うときに抜歯をするときがあります、健康な歯を抜くことに抵抗があると思いますが大人は歯の成長が止まっているため、条件によっては抜歯したほうがよい場合があります。抜歯せずに治療できればそのほうがよいのですがあごに必要な隙間をつくるためであり、虫歯などで抜歯するのとは違います。子供の矯正治療はまだ発育期なので顎を拡大することで対処できることもあります。大人はそれができないので抜歯をすることで歯の傾斜を大きくし調整します。健康な歯を抜くと噛み合わせが悪くなったり、抜いた部分の骨が痩せるため噛む力が落ちたりするなど良くないことも多いですが、抜歯せずに必要な隙間を作らず無理やり歯を配列すると歯が前に飛び出し出っ歯になるおそれや矯正した歯が元に戻ってしまうこともあります。抜歯が必要とされた場合、上下左右を対照的に抜くのが基本ですが、歯並びや噛み合わせの状態によっては非対称的になる場合もあります。わからないことや心配なことは説明してもらい納得してから治療を受けましょう。どうしても歯を抜かずに治療したい方も多いと思うのでまずは歯科医院にて歯を抜かないで矯正治療を受けたいことを伝え自分に一番あった治療を選びましょう、抜歯が必要と判断されたらメリットとデメリットを確認してから治療をはじめましょう。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では、経験豊富な矯正治療のDRが担当します。
歯を抜いても抜かなくても、並べることはできますし、被せ物で歯並びを治したり、虫歯を治すついでに、歯並びを治す事も出来ます。
それぞれメリットデメリットがありますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

歯の噛み合わせについて

噛み合わせが悪いと顎の関節に影響がでます、顎の関節が悪いと頭痛の原因になったり、
頚椎の痛みや肩こり、耳鳴りなども原因になります。そのほかにも歯とは関係がないからだの
器官や骨に悪い影響を与えます。
貧血や冷え性、アルツハイマー認知症も噛み合わせが悪い人に起こりやすいといわれています。
良い噛み合わせとは欠損している歯がなくすべての歯がそろっていることや歯の位置や向きが正常な状態であること、歯が摩耗やむし歯がない状態などが良い噛み合わせの理想です。歯が欠損していればインプラントをしたり、歯並びが悪ければ矯正治療などの治療をして噛み合わせをよくしましょう。ほかにも歯の色が悪いとせっかく噛み合わせがよくても見た目がわるくなりますます、その場合はホワイトニングなどの審美治療を行うことできれいな歯にすることができます。
よい噛み合わせだとよく噛んで食べることができるので、満腹中枢を刺激して肥満防止になったり脳細胞を活発にするので子供の脳の発育や高齢者のアルツハイマー認知症の予防になります。
むし歯の予防にも噛むことは大事で噛むことにより唾液の分泌が促されむし歯や歯周病が予防されます。
同じ人でも年齢によって口内の状態も違いますし、治療した歯も年月がたてば状態が変化していきます。ほかにも食生活、生活環境によっても大きくことなります。そのことに十分注意し最適な噛み合わせができるように適切な治療を行うことが大事です。
町田駅前グレイス歯科では、専門の歯科医師もおり、また噛み合わせの治療も保険内で行っております。
お気軽にお越しください。

 カテゴリ:未分類

親知らずについて

  親知らずとは歯列の一番後ろに最後に生えてくる歯です。正式には、智歯や、第三大臼歯といいます。親知らずは一部だけ露出していてほとんどが顎に埋まっている場合があり、露出している場所から炎症をおこし智歯周囲炎になることがあります。親知らずが腫れた、痛いなどの原因が智歯周囲炎であることが多いです。この病気がひどくなると口の底が化膿すると口腔低炎や顎の骨全体に広がると顎骨骨膜炎など重篤な病気になります。
 治療方法は歯茎のまわりを洗浄したり薬を使用することで改善できます。それでも繰り返し智歯周囲炎になる場合は抜歯を行うこともあります、まずは腫れている部位を洗浄や薬で腫れをひかせてからではないと抜歯は行えません。親知らずがまっすぐ生えてればよいですが、横に生えていたりすると抜歯が困難なこともあります。
 親知らずは横に生えてたりすると歯を前に押し出しする傾向があるので歯並びに悪い影響がでる可能性があります。痛みや腫れなど病状がなくても心配な方は歯科医院にて相談しましょう。
町田駅前グレイス歯科では、経験豊富な口腔外科の専門医もいます。お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

予防歯科とは

予防歯科とは歯が悪くなる前に歯医者に行きむし歯や歯周病にならないようにすることを言います。予防歯科には初発予防と再発予防があります、、初発予防とは生まれたときからむし歯にならないようにします。乳歯が生えてきたときから予防を行い大人になってもむし歯がない健康な歯をつくります。子供が歯磨きを完璧にできればよいですが、それは難しいので親がむし歯にならないように仕上げの歯磨きなどを行いましょう。家庭での予防だけでなく歯科医院にてスケーリングなどすることによって歯をきれいにすることも重要です。
 再発予防はむし歯を治療したあとむし歯にならないようにすることです。大人のむし歯は過去の治療で詰め物やかぶせ物したところにむし歯ができることが多いです。むし歯治療をした後にきちんとメンテナンスを行うことが大事です。歯磨きや甘いものを制限するなどでむし歯予防ができればよいですが、お口の中の環境など個人で違います、自分に合った予防処置を歯科医院で相談してみるといいと思います。
 歯周病の予防は歯周病の原因は歯垢や歯石の中の細菌が原因です。歯磨きをして歯垢や歯石を除去しますが歯磨きだけでは完全に除去するのは難しいです。歯科医院にて専用の器具でスケーリングをしてもらいましょう。むし歯も歯周病も早期発見、早期治療することで細菌の介入を防げます。
町田駅前グレイス歯科では、保険適用内で行えますのでお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

顎関節症と虫歯、食いしばり

食事するときに顎が痛くなったり、口を開けたりするときにコキコキと音がするときはありませんか?それは顎関節症の病状かもしれません。顎関節症とは顎関節や咀嚼筋の痛み、雑音、開口障害などの総括的診断名になります。
顎関節症の原因の一つに噛み合わせの異常があります、歯は互いに支えあって噛む力にたえてます、なので歯が抜けるとその両隣の歯に大きな負担がかかります。負担にたえられなくなると両隣の歯も抜けてしまいます。気が付くと片側の歯がすべてなくなりバランスがとることができず噛み合わせ異常になってしまいます。歯が抜けた場合は早めに治療しましょう。
また顎関節症の方は歯ぎしりや食いしばりが関係していることも多くあります。
こういった場合はマウスピースを作り、顎と歯を守るかたちのなります。
 噛み合わせの異常は頭蓋骨や頚椎にも影響します。噛み合わせの力が不当な力になり骨格にの歪み原因になり、神経を刺激したり血管を圧迫していろいろな病状を引き起こします。内科的治療をしても治らない頭痛やめまい、肩こり、腰痛など噛み合わせが原因となっている場合があり、改善することで軽減した病例もあります。
噛み合わせだけが顎関節症の原因ではなく、悩みなど精神的ストレスが原因の場合もあります。この時は歯科だけではなく心療内科でカウンセリングを受けるなどしましょう。
町田駅前グレイス歯科では、顎関節症を得意とする、口腔外科の認定医もおりますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

歯のホワイトニング

最近は薬局や通信販売などにも歯を白くする商品がたくさん販売しています。いろいろな種類があり、どれにしようか迷う方もいるのではないでしょうか?そこで歯科医院にてホワイトニングしてみませんか?歯のことなら歯科で対応したほうが安心できると思います。
まずは歯が着色する原因から説明していきます。
歯は加齢とともに変色していきます、エナメル質が加齢とともに薄くなり象牙質の色が透けてみえる、新陳代謝により象牙質の色が年々濃くなる、紫外線によるものなどあります。
次に飲食によるものがあります、コーヒーやカレー、赤ワイン、お茶等に含まれるタンニンなどの色素が歯の表面の亀裂や損傷したところに浸透し歯に付着したり着色したものなどがあります。
ホワイトニングはホワイトニング剤を歯に塗り、歯の表面や内部の色素を分解して歯を白くします。ホワイトニング剤の成分は過酸化水素です、過酸化水素は口腔消毒剤として長年使用されていていて消毒剤としての安全性は保障されています。
ホワイトニングの長所は歯を削ることがないので削った場所からむし歯になることがありません。
ほかには色調などが調整ができ納得がいくまで何度も行うことができる。セラミックスのかぶせ物に比べて安くでき経済的などがあります。
ホワイトニングはだれでもできるわけではなく、白くしたい歯が大きなむし歯やかぶせ物、大きい詰め物がある方にも対応できません。ホワイトニングされる方はホワイトニング治療をおこなってる歯科医院にて相談してみましょう。
町田駅前グレイス歯科では、低価格ないろいろなホワイトニングを取り扱っていますのでお気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

知覚過敏と歯周病

歯磨き剤のCMなどで知覚過敏という言葉を聞いたことがあると思いますが知覚過敏とはどのようなものかご存知でしょうか?冷たいものを飲んだりすると歯がしみたり、歯ブラシをあてると少し痛みがあったりすることを知覚過敏といいます。知覚過敏とは病気の名前ではなく病状の名前なのでなにが原因で知覚過敏になっているのかを見つける必要があります。
 歯はエナメル質でおおわれていて、外部の刺激から守られています。歯周病などで歯茎が下がると歯の根元の象牙質が露出した状態になり刺激が神経に伝わりやすくなり痛みやしみたりします。そのほかの原因には、歯ぎしりや食いしばりによって歯にくさび状の欠損ができて、そこに刺激を受けて痛みが出ます。歯ぎしりは睡眠時するので、だれかに指摘されないと気付かないものです。
なるべく早めに歯科医院にて確認してもらいましょう。知覚過敏の痛みは一過性のものなのでそのまま放っておく方もいるかもしれません。しかし、それが原因で歯磨きがしにくくなり、むし歯や歯周病が悪化するおそれもあるので早めの対処が必要です。知覚過敏の治療は歯科医院にてフッ素などの薬の塗布、歯の表面にコーティング剤を塗布などがあります。
予防方法は知覚過敏用歯磨き剤の使用すると効果的です、一般の歯磨き剤と違い薬用成分が配合されているので改善につながると思います。ほかには一度、歯科医院にて相談してみましょう、知覚過敏かとおもったらむし歯だったということもあります。歯ぎしりなどはの噛み合わせが原因の場合は噛み合わせの調整なども相談してみましょう。
知覚過敏だけではなく歯周病やむし歯など歯や口のトラブルはいろいろあります、心配な方は3か月に一度に歯科医院に行きましょう。むし歯は痛みが出てから歯科医院に行くと削ったり詰め物をすることになる可能性があります。歯周病は痛みなどがなく進行するので気づいたときには重症化していて歯を抜かなければならないこともあります。3か月に一度歯科医院にて定期的に検診を受ければこれらの病気の予防になります。検診を受けた後は歯科医院で行う歯のクリーニング(PMCT)を受けましょう。専用の機械を使用し、歯磨きで除去できない汚れを徹底的に除去できます。
町田駅前グレイス歯科では、PMTCや知覚過敏の治療も保険適用で行えますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

インプラントの費用

インプラントの治療をうけようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?特に治療費がいくらかかるか心配だと思います。治療費の相場は1本あたり40万といわれています、インプラントは保険が適用されず自由診療になります。虫歯や歯周病などは国民皆保険が適用されますが、病気の範囲を超えるインプラントや矯正、審美は保険が適用されません。保険が適用されない治療行為を自由診療といいます。治療費は患者さんの自己負担になり、歯科医師の判断で治療費を決めることができます。なので歯科医院によって治療費は違ってきます。
インプラントの施術後の定着率は90%程度といわれています、天然の歯と同じで毎日の正しい歯磨きや定期健診を受けないとインプラントが抜けてしまう恐れがあります。インプラントと粘膜の間に細菌が増えてインプラント周囲炎になることもあるので歯石の除去などを行うことが大事です。定期的といっても3か月に一度でいいのでかならず受けましょう。そのほかにはたばこを吸っている方は禁煙をおすすめします、ニコチンは血管を収縮させて血液の流れを悪くするのでインプラント周囲の骨や粘膜にとってよくありません。
ちなみにインプラント治療は医療費控除の対象になります。1年間で支払った医療費の合計が10万を超えると医療費控除の対象になります。本人だけではなく家計が同じなら家族も対象になります、詳しくは税務署に確認してみると良いと思います。
まずはインプラント治療のわからないことや疑問などを歯科医院にて相談してみるのが良いでしょう.
町田駅前グレイス歯科では日本口腔インプラント学会100時間講習を受けた、歯学博士が施術しますので、お気軽にご相談下さい。

 カテゴリ:未分類

当院の新型コロナウイルスの対策について

当院では、新型コロナウイルスの対策として下記を行っております。

  • 常に喚起を実施しております。
  • ハンドピースを含め治療器具は、患者様ごとに交換し、滅菌消毒を行っています。
  • 患者様ごとにエプロン、コップは使い捨てのものを使用しています。
  • 院内にアルコール消毒スプレーを設置しております。

 カテゴリ:未分類

歯周病とは

歯周病は、歯を支える骨が溶けてしまう病気です。
歯周病になっていても、最初は自覚症状がありません。痛くなったり、
歯茎から膿がでるとなると重症です。歯周病にならない為にはかかりつけ歯科医院の
定期的なケアしかありません。
歯周病は、歯肉炎と歯周炎と2つの種類があり、歯肉炎は歯肉の炎症で、歯周炎は歯の組織が破壊される病気です。
歯肉炎は治れば後遺症は残りませんが、歯周炎は組織が壊れたままで、
元どおりにはなりません。
歯周炎にも2種類あり、慢性歯周炎と侵襲性歯周炎の2つがあり、違いは病気になる年齢と侵襲性歯周炎は進行スピードが速くどんなに気をつけて口の中をきれいにブラッシングしていても病気がどんどん進んでしまいます。
この進行が早い歯周炎は中学、高校で発症するケースと、もう少し大人になってからひどくなるものがあります。
中高生で発症するものは、前歯と第一大臼歯に限ってひどく破壊が進みます。ただ50歳位なると、どの歯周炎か見分けることが難しくなります。
どのくらいの人が歯周炎にかかっているか調べた調査では、アジアで慢性歯周炎が5%、侵襲性歯周炎が0.4%から1%でした。治りにくい歯周炎は稀な病気です。
普通の慢性歯周炎でも、喫煙などのリスクが加わると進行が速くなります。
かかりつけ歯科医院にて数か月の1度も定期検診を受け、早期発見し治療を受けましょう。
 
歯肉の病気
歯肉の病気の種類はプラーク(歯垢)に関する歯肉炎とプラークとは無関係に
起こる病気にわかれます。

プラークに関する歯肉炎

プラークだけによる炎症
内分泌系 妊娠期 糖尿病など
白血病
薬物

プラークに関係しない歯肉炎
特別な細菌による病変
ウィルス性歯肉疾患
真菌による疾患
アレルギー

プラークに関する歯肉炎はプラークコントロールができれば炎症は改善します。
プラークを歯の表面に付いた飲食物の残りかすだと思っている方もいると思いますが、
実際は細菌のかたまりでバイオフィルムともよばれます。
プラークは、ほったらかしにするとどんどん増殖します。増殖にようする時間は
24時間で、それまでに歯磨きで分解しないと増殖していきます。
1日3回の歯磨きが理想ですが最低でも1日、1回は念入りに歯磨きしましょう。
プラークが残っていると、食べかすや唾液の石灰成分をとりこんで歯石になります、歯石は日常的な歯磨きでは取り除けません。
歯石が歯の表面に発生することを沈着といいます。沈着は、10代の中頃には始まります。
毎日、歯磨きをしていても目に見えない場所に歯石が沈着していることが多いので歯科医院の定期管理で歯石の除去してもらいましょう。
町田駅前グレイス歯科 矯正歯科では保険で1回で定期検診や歯周病治療を行っております。
お気軽にお声かけください。

 カテゴリ:未分類